ガリレオ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリレオ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1998年3月30日(16歳)
死没 現役種牡馬
Sadler's Wells
Urban Sea
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 D.Tsui and Orpendale
馬主 Mrs.John Magnier
調教師 Aidan Patrick O'Brien
競走成績
生涯成績 8戦6勝
獲得賞金 162万1110ポンド
テンプレートを表示

ガリレオ (英語: Galileo) は、アイルランド産まれの競走馬種牡馬である。2001年ダービーアイリッシュダービーと2か国ダービー制覇を成し遂げ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスアイリッシュチャンピオンステークスではファンタスティックライトと名勝負を繰り広げた。

現役時代[編集]

デビュー前からその血統で注目を集めていたが、いかなる良血馬でも額面通りの競走能力が保証される事は無い。しかしガリレオはアイルランドの名伯楽エイダン・オブライエンをして「彼は水の上でも走る事が出来る」と言わしめ、その素質を観衆の前で存分に発揮した稀有な例といえる。

2歳は一戦だけだったものの、3歳になりバリサックスステークス、アイリッシュダービートライアルと連勝してダービーに臨む。ダービーでは2000ギニーの優勝馬ゴーランを寄せ付けず快勝する。続いて向かったアイリッシュダービーも快勝、次に向かったのはヨーロッパの上半期最強馬決定戦、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスであった。

キングジョージでは前年ワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップを制したファンタスティックライトとの対戦となった。ガリレオはゴール前ファンタスティックライトとの叩き合いを制し優勝する。この勝利により欧州最強馬の名誉を手に入れた。

次にガリレオが向かったのは、アイリッシュチャンピオンステークスであった。ここでファンタスティックライトと二度目の対戦を繰り広げた。キングジョージと同じように直線2頭の壮絶な叩き合いとなったが、ゴール前ファンタスティックライトがガリレオをアタマ差下していた。ここでガリレオは初の敗北を喫する。

その後ガリレオはマイル路線の競走、クイーンエリザベス2世ステークスへ向かう予定だったが、ここを回避し、アメリカのダート最強馬決定戦ブリーダーズカップ・クラシックへ挑戦する。しかし6着に敗れ引退。通算8戦6勝。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2000.10.28 レパーズタウン 未勝利S 芝8f 1着 M.キネーン 14身 (Taraza)
2001.04.01 レパーズタウン バリサックスS 準重 芝10f 1着 M.キネーン 3 1/2馬身 (Milan)
0000.05.13 レパーズタウン ダービートライアルS GIII 芝10f 1着 J.ヘファーナン 1 1/2馬身 (Exaltation)
0000.06.09 エプソム ダービー GI 芝12f10y 1着 M.キネーン 3 1/2馬身 (Golan)
0000.07.01 カラ 愛ダービー GI 芝12f 1着 M.キネーン 4馬身 (Morshdi)
0000.07.28 アスコット KGVI&QES GI 芝12f 1着 M.キネーン 2 1/2馬身 Fantastic Light
0000.09.09 レパーズタウン 愛チャンピオンS GI 芝10f 2着 M.キネーン アタマ Fantastic Light
0000.10.27 ベルモントパーク BCクラシック GI ダート10f 6着 M.キネーン 6 3/4馬身 Tiznow

種牡馬時代[編集]

2002年からアイルランドのクールモアスタッドで種牡馬生活をスタートさせる。同年から2006年まではシャトル種牡馬としてオーストラリアでも種付けしている。2005年に初年度産駒がデビューするや、たちまち4頭のG1勝ち馬を輩出。その後も毎年G1戦線で活躍する産駒が続出し、初年度産駒から8世代連続でG1勝ち馬を送り出している。2008年にはニューアプローチの活躍などで自身初の英愛リーディングサイアーを獲得。産駒の活躍にともない、種付け料もプライベートではあるが、同年には22万5000ユーロ(2008年春頃の為替レートで約3600万円)と報告されるまでになった。以後も14戦無敗で歴代最高レイティングの140を獲得したフランケルを筆頭に数々の活躍馬を輩出。2010年から4年連続で英愛リーディングサイアーを獲得している。

後継種牡馬も数多く輩出しており、テオフィロニューアプローチがG1勝ち馬を送り出している。

日本にも毎年産駒が輸入され、特に活躍が顕著になった2007年産以降の輸入頭数が増えている。しかし、日本では活躍馬が少ない傾向にあるサドラーズウェルズ系の例にもれず、京都新聞杯5着のブレイクアセオリーがいる程度と目立った活躍馬は現れていない。

主な産駒[編集]

北半球[編集]

南半球[編集]

血統表[編集]

ガリレオ血統(サドラーズウェルズ系ノーザンダンサー系) / Native Dancer4×5=9.38%)

Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Fairy Bridge
1975 鹿毛
Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong

Urban Sea
1989 栗毛
Miswaki
1978 栗毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
Allegretta
1978 栗毛
Lombard Agio
Promised Lady
Anatevka Espresso
Almyra F-No.9-h

全弟にはジョッキークラブ大賞タターソールズゴールドカップとG1を2勝したBlack Sam Bellamy、半弟には2000ギニーダービーエクリプスステークスインターナショナルステークスアイリッシュチャンピオンステークス凱旋門賞の勝ち馬Sea The Stars(父Cape Cross)等がいる。母Urban Seaは凱旋門賞を勝った名競走馬であるが、繁殖牝馬としても優秀であり、その産駒には重賞勝ち馬が多数揃っている。

外部リンク[編集]

先代:

アメリカ合衆国の旗デインヒル
アイルランドの旗デインヒルダンサー
リーディングサイアー
(イギリス&アイルランド)
2008年
2010年 - 2012年
次代:

アイルランドの旗デインヒルダンサー
-