ヴォルティジュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォルティジュール
Great Match (The Flying Dutchman and Voltigeur).jpg
1851年5月13日ヨーク
ザフライングダッチマンとのグレートマッチ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1847年
死没 1874年2月21日
ヴォルテール
マーサリン
生国 イギリス
生産 ロバート・スティーヴンソン
馬主 第2代ゼトランド伯爵英語版
調教師 ロバート・ヒル
競走成績
生涯成績 10戦4勝(諸説あり)
獲得賞金 不明
テンプレートを表示

ヴォルティジュールVoltigeur1847年 - 1874年)とはイギリス競走馬である。エプソムダービーセントレジャーステークス二冠を制した。ドンカスターカップで無敗のザフライングダッチマンに唯一土を付けた馬としても知られている。

出自[編集]

名前は選抜歩兵のこと。2歳時に1500ポンドで第2代ゼトランド伯爵トマス・ダンダスに買われた。が無二の親友だったらしく、2匹の猫と一緒に描かれている絵画が何枚か残っている[1]。賢く、祖父のブラックロックや猫を叩き殺したひ孫のセントサイモンが伝説的な気性難で知られているのに対して、ヴォルティジュールは非常におとなしい馬であった。

戦績[編集]

2歳時はブライトステークスに勝ったのみで終えている。翌年はエプソムダービー2000ギニー優勝馬ピッツフォード(Pitsford)に1馬身差で勝ち、セントレジャーステークスはラズボローと同着になったが決勝戦にてこれを下した。この激しい戦いの僅か2日後、しかも間にスカーバラハンデキャップを単走で走った後、ドンカスターカップにて当時無敵を誇っていたザフライングダッチマンと戦った。ザフライングダッチマンは当時14連勝中でその中にはエプソムダービー、セントレジャー、アスコットゴールドカップ等が含まれ、全て楽勝であった。無敗馬同士の戦いとはいえ全て楽勝でここまで来たザフライングダッチマンの方が有利と見られていた。だが結果は意外なものであった。ザフライングダッチマンの騎手マーロウはなぜか泥酔しており、そんなこともあってヴォルティジュールはザフライングダッチマンを交わし、半馬身差で勝った。ザフライングダッチマンの馬主であった第13代エグリントン伯爵アーチボルド・モンゴメリーはすぐさま再戦を申し込みゼトランドもそれを了承、翌年の5月に世紀のマッチレースが実現した。

この2頭の対戦は競馬史に残るマッチレースとして現代でも名高い。ヨーク競馬場の2マイル(約3219メートル)で行われ、掛け率は互角であった。ヨーク競馬場には大群衆が集まり地元馬であるヴォルティジュールには大きな声援が掛けられた。レースはヴォルティジュールが先行し、その3馬身後をザフライングダッチマンが追いかける展開、直線にはいると2頭がならんで激しい叩き合いになった。ザフライングダッチマンが徐々に差をつけていき1馬身差でヴォルティジュールは敗北した。

マッチレースの当日には直後にもう1競走に出走させられており、当然の結果ではあるが、そのアンスティハントカップではナンシー(Nancy、グッドウッドカップ勝ち)という牝馬に負けている。この激しい酷使のためか、ヴォルティジュールは完全に調子を崩してしまい、その後は満足な成績を残せなかった。ザフライングダッチマンハンデキャップというライバルの名を冠した競走に勝ったのみで引退している。

引退後[編集]

引退後は種牡馬となりまずまず成功した。同時期にストックウェルニューミンスターがいた為一度もリーディングサイアーにはなれなかったが、2000ギニー勝ち馬ウェデット、アスコットゴールドカップ勝ち馬バックストーン、スカーミキサー等の産駒を送り出した。ウェデットはガロピンを輩出し、後のセントサイモン系へと直系子孫が受け継がれている。一方ザフライングダッチマンの直系子孫も残っており、トウルビヨン系がそれにあたる。

ヴォルティジュールは27歳のとき種付けの際に傷を受け安楽死されている。

主な産駒[編集]

  • ヴィデット(Vedette) 2000ギニー、グッドウッドカップ、ドンカスターカップ2回
  • バックストーン(Buckstone) アスコットゴールドカップ
  • スカーミッシャー(Skirmisher) アスコットゴールドカップ
  • サブルウ(Sabreur) ドンカスターカップ

血統表[編集]

ヴォルティジュール血統(キングファーガス系(エクリプス系)/Hambletonian4×5=9.38%)

Voltaire
1826 黒鹿毛
Blacklock
1814 鹿毛
Whitelock Hambletonian
Rosalind
Coriander Mare Coriander
Wildgoose
Phantom Mare
1816 鹿毛
Phantom Walton
Julia
Overton Mare Overton
Walnut Mare

Martha Lynn
1837 黒鹿毛 F-No.2-h
Mulatto
1823 鹿毛
Catton Golumpus
Lucy Gray
Desdemona Orville
Fanny
Leda
1824 鹿毛
Filho da Puta Haphazard
Mrs.Barnet
Treasure Camillus
Hyacinyhus Mare F-No.2-f

脚注[編集]

  1. ^ Voliegeur - Thoroughbred Heritage、画像あり(英語)

外部リンク[編集]