レンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レンバーグ
Lemberg Derby winner.jpg
英字表記 Lemberg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1907年
死没 1928年
Cyllene
ガリカ
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Mr Fairie (Alfred W. Cox)
馬主 Mr Fairie (Alfred W. Cox)
調教師 Alec Taylor
競走成績
生涯成績 24戦17勝 (17-4-2-1)
獲得賞金 ポンド
勝ち鞍

ニューステークス (1909)
ミドルパークステークス (1909)
デューハーストステークス (1909)
ダービーステークス (1910)
セントジェームズパレスステークス (1910)
エクリプスステークス (1910)
ジョッキークラブステークス (1910)
チャンピオンステークス (1910, 1911)
コロネーションカップ (1911)

ドンカスターカップ (1911)
テンプレートを表示

レンバーグLemberg1907年 - 1928年)はイギリス競走馬及び種牡馬である。
セントレジャーステークス優勝馬バヤルドの半弟であり、1910年のダービーステークスで優勝し、種牡馬として英愛リーディングサイアーに輝いた。

出自[編集]

レンバーグはMr. Fairieという名で所有馬を走らせていたAlfred W. Coxによって生産された。
父シリーンはアスコットゴールドカップ優勝馬であり、種牡馬としてレンバーグのほかにミノル、タガリー、キケロと3頭のダービー馬や6度の英愛リーディングサイアーに輝いたポリメラスなどを輩出した。
ガロピン産駒の母ガリカは、レンバーグを産む前年にセントレジャーステークス優勝など25戦22勝で種牡馬としてゲイクルセイダーゲインズバラの2頭の三冠馬を輩出したバヤルド、1913年には1916年のダービー2着馬Kwang-Suなどを産んでいる。
レンバーグはクラシックレース16勝のAlec Taylorのもとで調教された。

競走成績[編集]

2歳時 (1909年)
プライベートトライアルの後にロイヤルアスコットのニューステークスに出走したレンバーグは2着馬に1馬身半差をつけて優勝した。
ニューマーケットのチェスターフィールドステークスにも優勝したレンバーグであったが、グッドウッドのルースメモリアルステークスではニールゴウの3着に敗れた。
秋には調子を戻しニューマーケットでのルースメモリアルステークス(5f)では牝馬Yellow Slaveに首差をつけて優勝し、ミドルパークステークスでは後のアメリカチャンピオンであるウィスクブルームに首差で勝利し、デューハーストステークスでも同馬に5馬身差をつけて優勝した。

3歳時 (1910年)
レンバーグの3歳初戦は2000ギニーとなった。シーズン前には騎手Daniel A. Maherを巡りライバルであるニールゴウと競合していたが、Daniel A. Maherはニールゴウに騎乗することになり、レンバーグはレースでも最高のレースをしたニールゴウに短頭差及ばなかったが、レンバーグはステイヤーだと考えられていたので、距離が伸びるダービーではさらに期待がかけられた。
ベルナルド・ディロン騎乗でダービーに出走したレンバーグは先頭のセントフラスキン産駒グリーンバックを終始追いかけて、ゴール前で追い抜くと2:35.2のレコードタイムで首差をつけて優勝した。ニールゴウは落ち着きがなくスタートに失敗して4着に終わった。
ダービー後はロイヤルアスコットのセントジェームズパレスステークスに出走したレンバーグは3馬身差をつけて優勝し、その後はパリ大賞に遠征し、先行したものの、重い馬場で体力を消耗したのか4着に敗れた。
7月にはサンダウンのエクリプスステークスで再びニールゴウと顔を合わせ、デッドヒートの末レンバーグが勝利した。
秋にはセントレジャーステークスに出走したレンバーグではあったが、調教不足のせいかダービーとセントジェームズパレスステークスで破っていたスウィンフォードの3着に敗れた。
その後体調が戻るとジョッキークラブステークス、チャンピオンステークスなどに優勝した。

4歳時 (1911年)
6月にエプソムのコロネーションカップに出走したレンバーグはセントレジャーステークスで敗れた5連勝中のスウィンフォードに雪辱し、3/4馬身差をつけて優勝した。
7月のプリンセスオブウェールズステークスでも人気になったレンバーグであったが、5ポンド差が響いたのかスウィンフォードに1馬身半差をつけられて敗れた。
エクリプスステークスではスウィンフォードと同斤量となったレンバーグだが、さらに良化したスウィンフォードに敵わず4、5馬身差をつけられて連敗した。
その後、レンバーグは、秋に、ドンカスターカップ優勝、ジョッキークラブステークス2着、 単走でのチャンピオンステークス連覇などの成績を残し引退した。

種牡馬成績[編集]

引退後はニューマーケットのハミルトンスタッドで種牡馬となり、1922年の英愛リーディングサイアーに輝いた。

おもな産駒

  • Pogrom (1919) - 1922年 オークス
  • Ellangowan (1920) - 1923年 2000ギニー
  • Taj Mah (1926) - 1929年 1000ギニー

血統表[編集]

レンバーグ血統(ベンドア系(エクリプス系) /Isonomy S3×M3、Doncaster S4×M5、Stockwell S5×S5×M5、Voltaire M5×M5 )

Cyllene
1895 栗毛 イギリス
Bona Vista
1889 栗毛 イギリス
Bend Or Doncaster
Rouge Rose
Vista Macaroni
Verdure
Arcadia
1887 栗毛 イギリス
Isonomy Sterling
Isola Bella
Distant Shore Hermit
Lands End

Galicia
1898 黒鹿毛
Galopin
1872 鹿毛
Vedette Voltigeur
Mrs.Ridgway
Flying Duchess The Flying Dutchman
Merope
Isoletta
1891 鹿毛
Isonomy Sterling
Isola Bella
Lady Muncaster Muncaster
Blue Light F-No.10-a

外部リンク[編集]