ジョン・マグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・マグナーJohn Magnier、またはマグニア、1948年2月10日 - )は、クールモアスタッドの経営者。事実上のクールモアの総帥で、クールモアの経営の全般を担っている。妻はスーザン・マグナー (Susan Magnier) 、義理の父(妻の父)はヴィンセント・オブライエン(元調教師)、義理の兄弟(妻の兄弟)はデイヴィッド・オブライエンである。

経歴[編集]

1850年代から牧場を経営するマグナー家に生まれたジョンは、1966年18歳のときに死去した父に代わり牧場を受け継ぐ。当初はおもに障害競走種牡馬を生産していた。経営者として早くから才能を発揮し、彼の才能を見込んだ亡き父の親友の、調教師であるヴィンセント・オブライエンに、1975年に買い取ったクールモアスタッドのマネージャーに任命され、ロバート・サングスターやオブライエンとともにクールモアスタッドを開場。この時期から、平地種牡馬ビジネスに参入していく。ここからクールモアスタッドの快進撃が始まり、1982年にビーマイゲストイギリスアイルランドリーディングサイアーを獲得し、アメリカ合衆国にAshford Stud(アッシュフォードスタッド)、オーストラリアにクールモアオーストラリアを設立。その後、所有馬のサドラーズウェルズはヨーロッパの名種牡馬になるなど、現在ではイギリス、アイルランド競馬生産界の約4割のシェアを占めるまでになっている。

おもな所有馬[編集]

馬の所有については、すべて妻のスーザン(Mrs.John Magnier〈ジョン・マグナー夫人〉)名義となっている。勝負服の登録服色は濃紺(第2服色は桃色)。

共有所有馬[編集]

個人所有馬[編集]

その他[編集]

  • マグナーのマスコミ嫌いは有名で「私はプレスと話すのは好きではない」というコメントを残している。ゆえにCoolmore Mafia(クールモア・マフィア)というニックネームを付けられている。
  • かつてはマンチェスター・ユナイテッド大株主としても知られていた。しかし、チームの監督で親友でもあったアレックス・ファーガソンに半分の権利を売ったロックオブジブラルタルの引退後の所有権をめぐり裁判寸前にまで発展し、これは和解(マグナーの馬であるが、ファーガソンは毎年4株の種付け権を持つ)したものの、この争いで不仲となり、2005年5月に株を売却した。