ニューアプローチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューアプローチ
英字表記 New Approach
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2005年2月18日
Galileo
Park Express
母の父 Ahonoora
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Lodge Park Stud
馬主 Mrs J S Bolger
Haya Bint Al Hussein
調教師 Jim S.Bolgerアイルランド
厩務員 Jim S.Bolger
競走成績
生涯成績 11戦8勝
獲得賞金 98万2920ユーロ(アイルランド)
174万2023ポンドイギリス
テンプレートを表示

ニューアプローチ (New Approach) はアイルランド競走馬である。2006年9月のにゴフスセールにて43万ユーロ(約6450万円)で落札された。半兄1998年高松宮記念を勝ったシンコウフォレストがいる。

競走成績[編集]

2歳時代(2007年)[編集]

2007年7月、カラ競馬場でデビュー。デビュー戦を勝利で飾った後、一般競走、G2競走と3連勝する。その後、シェイク・モハメドが権利の50%を取得し[1]、アイルランド最強2歳馬決定戦ナショナルステークスに出走。レースではハナを奪うと、そのまま押し切り勝利。さらに相手の揃ったイギリス最強2歳馬決定戦デューハーストステークスでは、ファーストカンパニーとの叩き合いを制して無敗の5連勝。2007年度カルティエ賞最優秀2歳牡馬を受賞。

3歳時代(2008年)[編集]

2008年に入るとシェイク・モハメドが全権利を収得し[1]三冠を目指さず2000ギニーに出走し、ダービーステークスは回避する予定であった。その2000ギニーでは、果敢に先頭に立つと、残り2ハロンのところでスパートをかけて後続を引き離すも、残り1ハロンで猛追してきたヘンリーザナビゲーターにゴール前でハナ差交わされ2着となった。続いてアイリッシュ2000ギニーに出走し、1番人気に推される。前走同様ハナを奪って先頭でレースを進めるが、再びヘンリーザナヴィゲーターに差し切られ、1 3/4馬身差の2着に終わった。アイリッシュ2000ギニーが苦手の堅良馬場で行われたため、降雨を確認するとダービーへの出走を表明した[1]。レースでは序盤に折り合いを欠いた為、抑えたこともあり[1]馬群の中団で待機し、直線に入ると内へ切り込みラチ沿いから先頭に立つと、外側から伸びてきたタータンベアラーの猛追を半馬身差しのいで優勝した。

続いてアイリッシュダービーに出走予定であったが、故障で回避。休養をはさんで8月23日のインターナショナルステークスに照準を合わせた。このレースには、4連勝中のデュークオブマーマレードも出走してきており、非常に注目が集まる一戦となった。しかしレースでは出遅れが響き、3着に追い上げるのが精いっぱいとなり、デュークオブマーマレードにG1競走5連勝を許す結果となった。その後、わずか2週間後のアイリッシュチャンピオンステークスに出走した。当初はデュークオブマーマレードも出走予定とあって本馬との再戦が注目されたが直前でデュークオブマーマレードは回避。同レースの本命となり、単勝支持率1.7倍の期待に応えて半馬身差ながら勝利した。その後、凱旋門賞を回避し、10月18日チャンピオンステークスに出走、勝利を収めた。同レースを最後に引退。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 頭数 人気 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム 着差 1着(2着)馬
2007.07.15 カラ 未勝利 12 2人 1着 K.マニング 126lb 芝7f (Hy) 1:33.00 2馬身 (Lucifer Sam)
2007.07.28 レパーズタウン タイロスS G3 4 1人 1着 K.マニング 127lb 芝7f (Y) 1:30.60 2馬身 (Brazilian Star)
2007.08.25 カラ フューチュリティS G2 5 1人 1着 K.マニング 127lb 芝7f (Sft) 1:29.00 3馬身 (Curtain Call)
2007.09.16 カラ ナショナルS G1 9 1人 1着 K.マニング 127lb 芝7f (GF) 1:23.50 1 3/4馬身 (Rio de la Plata)
2007.10.20 ニューマーケット デューハーストS G1 10 1人 1着 K.マニング 127lb 芝7f (GS) 1:25.29 1/2馬身 (Fast Company)
2008.05.03 ニューマーケット 2000ギニー G1 15 1人 2着 K.マニング 126lb 芝8f (Gd) ハナ Henrythenavigator
2008.05.24 カラ 愛2000ギニー G1 5 1人 2着 K.マニング 126lb 芝8f (Fm) 1 3/4馬身 Henrythenavigator
2008.06.07 エプソム ダービー G1 16 2人 1着 K.マニング 126lb 芝12f10y (Gd) 2:36.50 1/2馬身 (Tartan Bearer)
2008.08.23 ニューマーケット 英国際S G1 9 2人 3着 K.マニング 123lb 芝10f (GF) 3 1/4馬身 Duke of Marmalade
2008.09.07 レパーズタウン 愛チャンピオンS G1 8 1人 1着 K.マニング 126lb 芝10f (Y) 2:07.57 1/2馬身 (Traffic Guard)
2008.10.18 ニューマーケット チャンピオンS G1 11 1人 1着 K.マニング 124lb 芝10f (Gd) R2:00.13 6馬身 (Twice Over)

※馬場状態: Fm=Firm, GF=Good to Firm, Gd=Good, GS=Good to Soft, Y=Yielding, Sft=Soft, Hy=Heavy
※タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

種牡馬成績[編集]

2009年よりダーレーグループ傘下のダルハムホールスタッドで種牡馬入り。初年度の種付料は3万ポンド。2012年に初年度産駒がデビューすると、ドーンアプローチが欧州最優秀2歳馬となり3歳時にも2000ギニーに優勝。タレントがオークスを制し上々の滑り出しとなった。

主な産駒[編集]

エピソード[編集]

ニューアプローチの前年、2歳戦で5連勝を遂げながらも故障で引退したテオフィロとは、同馬主で同厩舎、同父、全て同じレースでの5連勝など共通点が多い。

血統表[編集]

ニューアプローチ血統サドラーズウェルズ系 / アウトブリード

Galileo
1998 鹿毛
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Urban Sea
1989 栗毛
Miswaki Mr.Prospector
Hopespringseternal
Allegretta Lombard
Anatevka

Park Express
1983 黒鹿毛
Ahonoora
1975 栗毛
Lorenzaccio Klairon
Phoenissa
Helen Nichols Martial
Quaker Girl
Matcher
1966 黒鹿毛
Match Tantieme
Relance
Lachine Grey Sovereign
Loved One F-No.19-b

血統背景[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『優駿』(日本中央競馬会)2008年8月号

外部リンク[編集]