ロックサンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックサンド
RockSand1903.jpg
- Rock Sand -
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1900年
死没 1914年7月20日
セインフォイン
ロクブリュヌ
生国 イギリス
生産 Sir James Miller
馬主 Sir James Miller
調教師 G.ブラックウェル
競走成績
生涯成績 20戦16勝
テンプレートを表示

ロックサンドRock Sand1900年 - 1914年)は、20世紀初頭に活躍したイギリス競走馬。史上10頭目のイギリスクラシック三冠を達成した。

生涯[編集]

2歳時はミドルパークプレートで3着に敗れた以外は全勝で6勝をあげている。3歳時は2000ギニーでフロットサム、のちに大種牡馬となるラブレーチョーサーらを破り1着。エプソムダービーでもこれらを破り完勝した。三冠を前に古馬が相手となるエクリプスステークスに出走しており本命に推されたが、ゴール前で力尽き前年のクラシックホースであるアードパトリック(エプソムダービー)とセプタークラシック四冠)に次ぐ3着に終わった。秋のセントレジャーステークスは楽勝で、史上10頭目のイギリスクラシック三冠を達成する。その後はジョッキークラブステークスではふたたびセプターに完敗、翌年のコロネーションカップでもクラシック不出走のジンファンデルとセプターに敗れてしまった。しかし、ハードウィックステークスではセプターに雪辱し、秋の大一番・ジョッキークラブステークスも制すなど活躍した。

引退後は当初イギリスで種牡馬入りしたが、1906年馬主が死亡した際アメリカ合衆国でサラブレッド事業を拡大しようともくろんでいたオーガスト・ベルモントに買われた。アメリカ合衆国ではマンノウォーの母となるマフバー、ベルモントステークス馬フライアーロック、イギリスに渡りセントレジャーステークスを制したトレーサリーなどの産駒を送り出した。しかし、折からの禁酒法のあおりを受け多くの州で馬券発行禁止の措置がとられるようになるとフランスに輸出され、2年後の1914年、7月20日に心臓病で死亡した。

競走成績[編集]

  • 1902年(7戦6勝)
    • シャンペンステークス
  • 1903年(7戦5勝)
  • 1904年(6戦5勝)
    • ジョッキークラブステークス、ハードウィックステークス、プリンセスオブウェールズステークス

血統[編集]

父はダービー馬でストックウェルの傍系、ストックウェル3×3の強いインブリードを持っていた。母ロクブリューンはセントサイモンと1000ギニー馬セントマーゲライトの仔。当時はセントサイモンの血が溢れており、ロックサンドと対戦した馬の多くがセントサイモンの直仔か孫であった(チョーサー ・ ラブレーが直仔、自身とセプター ・ アードパトリック ・ フロットサム ・ ジンファンデルが孫)。

血統表[編集]

ロックサンド血統ストックウェル系 / Stockwell (Rataplan) 4.4.5×4=21.88%、Pocahontas 5.5×5.5=12.5%

Sainfoin
1887 栗
Springfield
1873 鹿
St.Albans Stockwell
Bribery
Viridis Marsyas
Maid of Palmyra
Sanda
1878
Wenlock Lord Clifden
Mineral
Sandal Stockwell
Lady Evelyn

Roquebrune
1893 黒鹿
St. Simon
1881 鹿
Galopin Vedette
Flying Duchess
St.Angela King Tom
Adeline
St.Marguerite
1879 栗
Hermit Newminster
Seclusion
Devotion Stockwell
Alcestis F-No.4-n

外部リンク[編集]