サージェント (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンガノン

サージェントSerjeant1781年 - ?)とは、18世紀末のイギリス競走馬である。第5回ダービーステークスに優勝した。馬主はカルロ・カン、ダービー時の騎手はジョン・アニール。

この年(1784年)からダービーは1マイル2分の1に延長(2代目ダービーコース)され、現在の距離に近くなった。そのダービーは前年惜しくも敗れた兄ダンガノンの仇を討った格好で、4倍の人気に応えて優勝した。エクリプス (Eclipse) の産駒として3勝目。母アスパシア (Aspasia) は33号族の出身で、ダービー史上(2006年現在)サートーマス(第9回)に次ぎ2番目に番号の遅い牝系に属す馬の優勝となった。

ダンガノン[編集]

ダンガノンDungannon1780年 - ?) - サージェントの1歳上の全兄。25戦して23勝(27戦25勝説あり)、2着2回。当時の強豪で、ダービーはサルトラム (Saltram) に敗れたものの、2年後クレーヴンステークスで再戦すると同馬を苦もなく下している。産駒にラーチャー (Lurcher) など。

外部リンク[編集]