ゴドルフィンアラビアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴドルフィンアラビアン
(ゴドルフィンバルブ)
Godolphin Arabian.jpg
ゴドルフィンアラビアンとグルマンキン
品種 アラブ種バルブ種とも)
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1724年
死没 1753年(29歳没)
不明
不明
生国 シリア周辺(北アフリカとも)
生産 不明
馬主 第2代ゴドルフィン伯
競走成績
生涯成績 不出走
テンプレートを表示
Wandleburyにある墓(「THE GODOLPHINARABIAN DIED IN 1753 AGED 29」と刻まれている)

ゴドルフィンアラビアンまたはゴドルフィンバルブGodolphin Arabian, Godolphin Barb1724年 - 1753年)は、サラブレッド三大始祖の一頭、遺伝的にはサラブレッド最大の創始者。伝説的な生涯が伝えられており、その馬生は小説にもなった。

概要[編集]

ゴドルフィンアラビアンは三大始祖の中でもっとも遅く、1729年イギリスに輸入されたとされている。しかしその生涯について信頼できる資料は少なく、かなりの部分が謎に包まれている。肝心のジェネラルスタッドブックも死後40年が経過して書かれており、すでに創作が入っているとされる。いろいろな書籍で伝えられる生涯の中には明らかに辻褄の合わない箇所もある。これらをアメリカの作家マーゲライト・ヘンリーがまとめ、1948年に『名馬風の王』(ISBN: 4061472267)として出版している。

現時点で明確であるのは、1724年ごろの生まれ。好き。黒鹿毛馬で、チュニスからフランス経由でイギリスに渡る。種牡馬として成功し、おおよそ90頭の仔を残したのち、1753年に死亡。墓は現在でもゴグマゴグ丘陵にある。元の呼び名は不明だが、いつのころからか、最後の所有者だったゴドルフィン伯フランシス・ゴドルフィンの名をとってゴドルフィンアラビアンと呼ばれるようになった程度である。

サラブレッド三大始祖の一頭とされるように、現在でも父系子孫が残っている。サラブレッドに占める割合は1850年以降常に10パーセントを下回っているが、かつて18世紀中ごろは50パーセントを上回っていた時期もあった。父系に限定しない総合的な影響は、サラブレッド始祖の中でも抜けて高く、サラブレッドの遺伝子プールの13.8パーセントはゴドルフィンアラビアンに由来する。これは2-4位のダーレーアラビアン、ルビーメア、カーウンベイバルブの3頭の合計に匹敵する[1]

生涯[編集]

体高は15ハンド(約152.4センチメートル)説が有力だが、14.2ハンド(144.3センチメートル)という記述も見られる。品種や生地についてもはっきりしたことは分からず、シリアイエメン産といわれていることと体の特徴から一般的にはアラブ種とされているが、ジェネラルスタッドブックにはバルブ種と記載されており北アフリカ産、モロッコ産との説もある。ゴドルフィンバルブという呼び名はバルブ説に由来する。

産まれた当初の名はシャムだったとされることが多い。その後北アフリカの現チュニジアにあるチュニスからフランスに渡った(モロッコの皇帝が献上したとも)。アラブの名馬でもあったシャムは植民地からの献上品のひとつとしてフランス王ルイ15世に献上された、しかし長旅で痩せこけたシャムを国王は気に入らなかったらしく、その後イギリス人のエドワード・コークの手に渡った。この経緯には謎が多いが、一説にはパリで散水車を曳いていて、たまたま通りかかったコークの目に留まり買われたとされる。

イギリスに渡ったあとは、エドワード・コークのもとでおもに乗馬当て馬として使われていたが、ホブゴブリン(ダーレーアラビアンの孫)がロクサナとの種付けを嫌がったため代役としてゴドルフィンアラビアンを代わりに種付けし、名馬ラスとケードが生まれた。ホブゴブリンとロクサナをめぐり格闘し勝ち取った話も伝わっている(両者ともに間違っている可能性もある)。どちらにせよ最初の交配でフライングチルダーズ以来の名馬といわれたラスが生まれ、次に生まれたケードは産駒にマッチェムを輩出し後世に血を残した。1733年にはコークが死亡したためロジャー・ウイリアムズの手に渡ったが、最終的にはゴドルフィン伯爵が購入した(資料により前後する)。

ラスとケードを出した結果、ゴドルフィンアラビアンはその後種牡馬として重用されることとなり、生涯におよそ90頭の産駒を残した。父方直系子孫は繁栄していないが現在でも残っている。

親友は右上の絵画にも描かれている猫のグリマルキン (Grimalkin) であった。ゴドルフィンアラビアンはとても気性の悪い馬だったが、このグリマルキンだけには心を開いていたという。ゴドルフィンアラビアンの死後、グリマルキンも後を追うようにしてすぐに死んだ。これにも逆の話が伝わっており、先に死んだのはグリマルキンのほうで、ゴドルフィンアラビアンは以後猫が大嫌いになったとされる。

1753年にゴドルフィン伯爵のゴグマゴグ牧場で死亡、29歳の長寿だった。墓は現在でもゴグマゴグ丘陵の地方公園に残っており、掘り出してDNAの調査をすると言う話もあった。(BBC

主な産駒[編集]

ゴドルフィンアラビアンは多くの名馬を輩出し、名種牡馬であった。孫にマッチェム (Matchem) が出て大繁栄したが、その後ヘロドエクリプスの登場にともない衰退した。子孫についてはマッチェム系を参照のこと。

物語[編集]

  • 『名馬風の王』マーゲライト・ヘンリー(ISBN: 4061472267)
    • シャム(ゴドルフィンアラビアン)と彼を愛する少年アグバの物語。モロッコでシャムが生まれてからイギリスで死ぬまでを描く。かなり創作が入っているとされるが、19世紀初頭、すでに同様の話は伝えられており、完全なフィクションとも言い切れない。
  • 『キング・オブ・ザ・ウィンド/疾風の覇者』ピーター・デュッフェル
    • 名馬風の王を映画化したもの。現在は廃盤になっており入手はかなり困難である。

脚注[編集]

  1. ^ Cunningham EP, Dooley JJ, Splan RK, Bradley DG (2001). “Microsatellite diversity, pedigree relatedness and the contributions of founder lineages to thoroughbred horses”. Animal Genetics 32: 360–364. PMID 11736806. 

外部リンク[編集]