ポマーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポマーン
Pommern Tb.jpg
英字表記 Pommern
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1912年
死没 1935年6月26日
Polymelus
Merry Agnes
母の父 St. Hilaire
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Solomon Barnato Joel
馬主 Solomon Barnato Joel
調教師 Charles Peck
競走成績
生涯成績 10戦7勝
獲得賞金 15,616ポンド
テンプレートを表示

ポマーンPommern1912年 - 1935年6月26日)は、イギリスで競走生活を送ったサラブレッド競走馬、および種牡馬第一次世界大戦中の代替クラシック開催において、史上11頭目となるイギリスクラシック三冠を達成した。

経歴[編集]

ソロモン・バーナート・ジョエルの所有するメイデンアールスタッドで生産された競走馬である。第一次世界大戦の最中であった1914年にデビューし、1915年には戦禍を避けてニューマーケット競馬場で開催された代替クラシック競走に出走した。ポマーンはこの年2000ギニーステークスニューダービー(代替ダービー)、セプテンバーステークス(代替セントレジャー)の3競走で優勝し、代替競走ではありながらも三冠馬の栄誉を手にした。

1916年に引退し、故郷のメイデンアールスタッドに戻って種牡馬となった。競走成績の評価が高かったポマーンには、当初300ギニーという強気の種付け料が設定されていた。しかし、高額の種付け料に見合う産駒はなかなか現れず、ファラリスなどの同父種牡馬に比べると成功したとは言えない成績であった。代表産駒は1924年生のアダムズアップルで、同馬は1927年の2000ギニーステークスで優勝している。現代競馬にはすでにポマーンの父系は残っていないが、1950年代ごろまではその父系が残っていたようで、1958年にグランドナショナルに優勝したミスターワット(1950年生)はポマーンから4代目にあたる馬であった。

1935年6月26日に死亡。22歳であった。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

※当時はグループ制未導入

1914年(2歳) 4戦2勝
リッチモンドステークス、インペリアルプロデュースプレート
1915年(3歳) 5戦4勝
イギリスクラシック三冠2000ギニーステークスニューダービーセプテンバーステークス)、ライムキルンステークス
2着 - クレイヴァンステークス
1916年(4歳) 1戦1勝
ジューンステークス

血統表[編集]

ポマーン血統(ベンドア系(エクリプス系) / Hampton 3x3=25.00%、 Distant Shore 3z4=18.75%、 Newminster 5x5x5=9.38%、 Vedette 母内5x5=6.25%)

Polymelus
1902 鹿毛 イギリス
Cyllene
1895 栗毛 イギリス
Bona Vista Bend Or
Vista
Arcadia Isonomy
Distant Shore
Maid Marian
1886 青鹿毛 イギリス
Hampton Lord Clifden
Lady Langden
Quiver Toxophilite
Young Melbourne Mare

Merry Agnes
1900 鹿毛 イギリス
St. Hilaire
1891 鹿毛 イギリス
St. Simon Galopin
St. Angela
Distant Shore Hermit
Lands End
Agnes Court
1889 鹿毛 イギリス
Hampton Lord Clifden
Lady Langden
Orphan Agnes Speculum
Polly Agnes F-No.16-g

外部リンク[編集]