セプター (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セプター
Sceptre by Emil Adam.jpg
Emil Adamによる
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1899年
死没 1926年
パーシモン
オナーメント
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 初代ウェストミンスター公爵
馬主 ロバート・S・シービア
→ウィリアム・バス
調教師 チャールズ・ノートン
→ロバート・S・シービア
→アレック・テイラー
競走成績
生涯成績 25戦13勝
獲得賞金 3万8225ポンド
テンプレートを表示

セプターSceptre1899年 - 1926年)は、1902年に牝馬クラシック三冠を達成したイギリス競走馬繁殖牝馬である。

イギリス競馬史上、五大クラシック全てに出走した唯一の競走馬である。そのうち4レースを制したことからクラシック四冠馬とも称される[1]2000ギニー1着、1000ギニー1着、エプソムダービー4着、オークス1着、セントレジャーステークス1着)。

経歴[編集]

デビュー前[編集]

セプターは1899年、イートン牧場で生まれた。生産者は大馬産家として知られる初代ウェストミンスター公爵ヒュー・グローヴナーであった。同年末に初代ウェストミンスター公爵が死亡したことからセプターは翌1901年に開催されたセリ市に出品され、相続人である第2代ウェストミンスター公爵とロバート・シービアが競り合った結果、ロバート・シービアが従来の最高記録を大幅に上回る1万ギニー[2]の価格で競り落とした。

競走馬時代[編集]

2歳になったセプターはチャールズ・ノートンの厩舎に入厩。デビュー前の試走では古馬や期待馬デュークオブウエストミンスターに楽々先着する動きを見せていた。1901年6月にデビューし、初戦のウッドコートステークス、2戦目ジュライステークスと連勝した。冬毛が生えて調子の悪かったシャンペンステークスは3着に敗れ、3戦2勝でこの年のシーズンを終えた。

1902年馬主のシービアはチャールズ・ノートンと仲違いし、自らセプターの調教を行うと宣言した。はじめは調教助手を雇っていたがシーズン初戦のリンカーンシャーハンデキャップで敗れると調教助手を解雇し、直接自ら調教を行うようになった。シービアは1000ギニー・2000ギニー・ダービーステークス・オークスと上半期に行われるクラシックのレース全てに出走するローテーションを組んだ。まず2000ギニーでは牡馬の一線級が相手となったが、ピストル、デュークオブウエストミンスターを抑え1着。続く1000ギニーでは蹄鉄が歪み、シービアの厩舎には装蹄師がいなかったので裸蹄で出走するもレコードタイムを記録して勝利した。セプターはエプソムダービーでも1番人気に推されたが、スタートで出遅れた上、そのことに動揺した騎手のランドールが慌てて前に追いつこうとしてスタミナをロスしたことからレース終盤に失速し、アードパトリックの4着に敗れた。ダービーステークスのわずか2日後のオークスでは2着馬に3馬身の着差をつけ優勝した。

クラシック競走のうち3つを制したセプターは高額の賞金を目当てにフランスパリ大賞に遠征したが着外に敗れた。それまでレースに出走させすぎたことが影響したとも、ランドールが他の馬の妨害を避けようとするあまり、コーナーで馬群の外を走らせすぎたことが原因ともされる。その後、セプターはパリ大賞のわずか2日後にコロネーションカップに出走し5着、さらにその翌日にセントジェームズパレスステークスを1着と、エプソムダービー後のわずか半月でフランス戦を含む5戦をこなした。セプターは7月に2戦した後、9月にセントレジャーステークスに出走し優勝。牝馬三冠とクラシック四冠を達成した。セプターはセントレジャーの2日後にパークヒルステークスに出走して2着に敗れ、12戦6勝でこの年のシーズンを終えた。なおパークヒルステークスの後シービアはセプターをセリ市に出品したが希望価格として2万ギニーを提示したところ買い手がつかなかった。

1903年の初戦にはリンカーンシャーハンデキャップが選ばれた。シービアはそれまでセプターの出走したレースでブックメーカーを相手に多額の賭けを行っていたが、このレースでは全財産を賭けると宣言したことから注目を集めた。他の馬よりも15ポンド重い斤量を課せられたセプターは5着に敗れ、シービアは破産した。それを受けて2万5000ギニーでウィリアム・バス卿がセプターを購入し、馬主となった。この時のセプターはそれまでの使い詰めや気まぐれな管理[3]の影響から消耗しきった状態にあった。新たにセプターの調教を担当した調教師のアレック・テイラーは体調の立て直しに腐心し、初夏にはレースに出られる状態に回復した。セプターは6月のハードウィックステークスを快勝し、翌7月にエクリプスステークスに出走。このレースにはエプソムダービーでセプターを破ったアードパトリック、1歳下で後の三冠馬ロックサンドも出走しており、セプターの競走生活において最も強い相手と走ったレースといわれる。レースでは最後の直線コースで3頭が抜け出し、セプターはロックサンドを交わすもゴール直前でアードパトリックにハナ差交わされ2着に敗れた。エクリプスステークスの後、セプターはジョッキークラブステークスチャンピオンステークスを含む4連勝を飾った。ジョッキークラブステークスではロックサンドとの再戦を制しており、エクリプスステークスを最後に引退したアードパトリックに代わって当時のイギリス古馬の頂点に上り詰めた。

セプターは1904年も現役を続けたが3戦して一度も勝利を挙げることができず、ハードウィックステークスで3着に敗れたのを最後に競走馬を引退した。

繁殖牝馬時代[編集]

競走馬引退後はウィリアム・バスが所有するマントン牧場で繁殖牝馬として供用された。活躍した産駒にメイドオブザミスト、メイドオブコリントがいる。1911年、ウィリアム・バスは競走馬生産からの撤退を表明して所有する繁殖牝馬をすべてニューマーケットのセリ市に出し、サマーヴィル・タタソールが7000ギニーで落札した。1914年、タタソールはセプターをマスカーに売却し、さらにマスカーはセリ市に出品した。このセリ市でセプターは2500ギニーで落札されたがその後不受胎が続いたため、ブラジルに売却されそうになった。その際に高齢のセプターが海外へ送り出されることを危惧したかつての所有者タタソールなどが中心となって基金が設立され、イギリスで余生を送ることができた。1926年、セプターは老衰のため死亡した。

死亡後、子孫[編集]

繁殖牝馬としては現役時代ほどの活躍はできなかったがメイドオブザミストが繁殖牝馬として優秀な成績を挙げ、同馬の子孫を中心にファミリーラインはかなりの繁栄を見せている。日本でもスピードシンボリダイナガリバーなどが活躍した。ファミリーナンバー16-h族はセプターとその姉妹スプレンディッドの子孫である。

産駒[編集]

エピソード、特徴[編集]

  • 牝馬でありながら16.5ハンド(約168cm)という非常に大きな体高(キ甲=首と背の境から足元まで)を持っていた。
  • シービアは名の知れたギャンブラーで、幾度もブックメーカーを相手に多額の賭けを行い話題となった。破産後も強気な人生を送り、1939年に死亡するまで記者として毒舌を吐いていたという。セプターが当時の名馬としてはあり得ない程のレースに出走し、史上唯一のクラシック全出走の記録を残したのはシービアの方針によるところが大きい。反面、シービアではなく有能な調教師が管理にあたっていればセプターは1902年のシーズンを無敗で過ごしたに違いないという意見[誰によって?]もある。
  • 馬名は、王笏(おうしゃく)を意味する「Sceptre」が由来。貴族などの裕福な階級の出身ではなかったシービアが期待を込めて名付けた。
  • セプターは食べ物の好き嫌いが激しく、しかも日によって食べたいものが変わるという傾向があった。

競走成績[編集]

年月日 競走 着順 騎手 距離 着差 1着馬/(2着馬)
1901年 6月 エプソム ウッドコートS 1着 6f
7月 ニューマーケット ジュライS 1着 S.ロータス 5.5f
9月 ドンカスター シャンペンS 3着 6f Game Chick
1902年 3月 リングフィールド リンカーンシャーH 2着 H.ランドール 8f アタマ St.Maclou
4月 ニューマーケット 2000ギニー 1着 H.ランドール 8f 2馬身 (Pistol)
4月 ニューマーケット 1000ギニー 1着 H.ランドール 8f 1 1/2身 (St. Windeline)
6月 4日 エプソム エプソムダービー 4着 H.ランドール 12f Ard Patrick
6月 6日 エプソム オークス 1着 H.ランドール 12f 3馬身 (Glass Jug)
6月 14日 ロンシャン パリ大賞 着外 H.ランドール 3000m Kizil Kourgan
6月 17日 アスコット コロネーションS 5着 H.ランドール 8f Doctrine
6月 18日 アスコット St.ジェームズパレスS 1着 F.ハーディ 8f 1 1/2身 (Rising Glass)
7月 グッドウッド サセックスS 2着 F.ハーディ 8f 2馬身 Royal Lancer
7月 グッドウッド ナッソーS 1着 F.ハーディ 12f 4馬身 (Elba)
9月 ドンカスター セントレジャーS 1着 F.ハーディ 14f132y 3馬身 (Rising Glass)
9月 ドンカスター パークヒルS 2着 14f132y 1馬身 Elba
1903年 3月 リングフィールド リンカーンシャーH 5着 8f Over Norton
6月 アスコット ハードウィックS 1着 F.ハーディ 12f 5馬身
7月 サンダウン エクリプスS 2着 10f クビ Ard Patrick
ニューマーケット ジョッキークラブS 1着 F.ハーディ 14f 4馬身 (Rock Sand)
ケンプトン デュークオブヨークS 1着 10f アタマ (Our Lassie)
10月 ニューマーケット チャンピオンS 1着 F.ハーディ 10f 10馬身 (Kroonstad)
ニューマーケット ライムキルンS 1着 10f 8馬身
1904年 6月 エプソム コロネーションC 2着 12f 1馬身 Zinfandel
6月 アスコット アスコットゴールドC 3着 20f 1 3/4身 Throw Away
6月 アスコット ハードウィックS 3着 12f 5馬身 Rock Sand
  • fはハロン、yはヤード、mはメートルの略。
  • Sはステークス、Hはハンデキャップ、Cはカップの略。
  • 1 1/2身は、1と半馬身差(1.5馬身差)の意。

血統[編集]

父のパーシモンセントサイモンの産駒で二冠馬。母のオーナメントはイギリスクラシック三冠馬オーモンド全妹

血統表[編集]

セプター血統セントサイモン系 / Pocahontas5×5=6.25%)

Persimmon
1893 鹿毛
St. Simon
1881 鹿毛
Galopin Vedette
Flying Duchess
St. Angela King Tom
Adeline
Perdita II
1881
Hampton Lord Clifden
Lady Langden
Hermione Young Melbourne
La Belle Helene

Ornament
1887 鹿毛
Bend Or
1877 栗毛
Doncaster Stockwell
Marigold
Rouge Rose Thormanby
Ellen Horne
Lily Agnes
1871 鹿毛
Macaroni Sweetmeat
Jocose
Polly Agnes The Cure
Miss Agnes F-No.16-h

脚注[編集]

  1. ^ http://www.drf.com/news/rachels-feats-routine-overseas
  2. ^ 従来の記録は1890年ラフレッシュが記録した5500ギニー。
  3. ^ シービアは所用でイギリスに滞在していない間、セプターを馬房に入れたまま放置していた。

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]