マームード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マームード
英字表記 Mahmoud
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1933年
死没 1962年9月18日
ブレニム
ムーマハル
母の父 ゲインズバラ
生国 フランスの旗 フランス
生産 アーガー・ハーン3世
馬主 アーガー・ハーン3世
調教師 フランク・バタース(イギリス
競走成績
生涯成績 11戦4勝
テンプレートを表示

マームード (Mahmoud) は、フランスで生まれイギリス調教された競走馬。近親にはナスルーラ、ミゴリなどがいる。体高は150センチメートル代中ごろの小柄な芦毛馬で、容姿はアラブ馬に似ていたという。

概要[編集]

フランスでのセリで売りに出されたが値が付かず、主取りになりアーガー・ハーン3世の持ち馬としてイギリスで走ることになる。現役時代は1936年エプソムダービーをレコードで優勝するなど活躍した。芦毛馬の優勝はエプソムダービー史上3頭目であった。ほかにリッチモンドステークスシャンペンステークスなどに優勝、2000ギニーは2着、セントレジャーステークスでも3着に入っている。

引退後は第二次世界大戦の影響もあり、84000ドルコーネリアス・ヴァンダービルト・ホイットニーに購入され、レキシントンファームで種牡馬入りした。種牡馬成績も素晴らしく1946年アメリカ種牡馬チャンピオンに輝くなど成功、ステークス優勝馬だけでも63頭に達し、1957年にはチャンピオンブルードメアサイアーの座にもついている。

マジデー(アイリッシュオークスアイリッシュ1000ギニー)、オイルキャピトルら産駒の活躍も大きかったが、娘を通じての後世への影響も小さくなく、マジデーはギャラントマンを産み、アルマームードノーザンダンサーの母ナタルマヘイローの母コスマーを産んだ。また、アルマームードやマジデーは芦毛ではなかったが、それ以外の産駒を通じてザテトラークから受け継いだ芦毛遺伝子を広めるのにも一役買った。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

マームード血統ブランドフォード系 / St.Simon5×5=6.25% Black Duchess5×5=6.25%)

Blenheim
1927 黒鹿毛
Blandford
1919 黒鹿毛
Swynford John o'Gaunt
Canterbury Pilgrim
Blanche White Eagle
Black Cherry
Malva
1919 黒鹿毛
Charles o'Malley Desmond
Goody Two-Shoes
Wild Arum Robert Le Diable
Marliacea

Mah Mahal
1928 芦毛
Gainsborough
1915 鹿毛
Bayardo Bay Ronald
Galicia
Rosedrop St.Frusquin
Rosaline
Mumtaz Mahal
1921 芦毛
The Tetrarch Roi Herode
Vahren
Lady Josephine Sundridge
Americus Girl F-No.9-c

外部リンク[編集]