シャーリーハイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャーリーハイツ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年
死没 1997年3月
ミルリーフ
ハーディエマ
母の父 ハーディカヌート
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Earl of Halifax II & Baron Irwin
馬主 Earl of Halifax II
調教師 John L.Dunlop(イギリス)
競走成績
生涯成績 11戦6勝
獲得賞金 206,624ポンド
テンプレートを表示

シャーリーハイツShirley Heights1975年 - 1997年3月)とはイギリスで生産、調教された競走馬である。1978年ダービーステークスアイリッシュダービーで優勝した。

戦績[編集]

2歳時には6戦2勝。ロイヤルロッジステークス (G2) に勝利している。

翌年はクラシックトライアルステークス (G3) 2着のあと、ヒートホーンステークスでイルドブルボンを抑え優勝。さらにダンテステークス (G3) に勝ち、ダービーでは父ミルリーフとの父子2代制覇を成し遂げた。続くアイリッシュダービーにも優勝。その後脚を痛め引退した。

種牡馬[編集]

引退後はイギリスで種牡馬となった。父子3代ダービー制覇のスリップアンカーやダルシャーンなど自身と同じくクラシックディスタンス(2400メートル前後)の距離を得意とする産駒が多い。また、ダルシャーンの成功によりミルリーフ系のなかでもそのサイアーラインは一定の勢力となっており、血筋は広がりを見せている。

日本では直仔の活躍馬はロゼカラーくらいだが、ミルリーフ系人気の影響を受け何頭かが種牡馬として輸入されている。ただし、どの馬も活躍馬を出せていない。ダルシャーン産駒のコタシャーン、ハイエステイト産駒のハイライズなど孫世代の馬も種牡馬として輸入されたが失敗に終わった。

1997年3月に腎不全のため死亡。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

シャーリーハイツ血統ミルリーフ系 / Pharos(Fairway)5×5=6.25%)

Mill Reef
1968 鹿毛
Never Bend
1960 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Lalun Djeddah
Be Faithful
Milan Mill
1962 鹿毛
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Virginia Water Count Fleet
Red Ray

Hardiemma
1969 栗毛
*ハーディカヌート
Hardicanute
1962 黒鹿毛
*ハードリドン Hard Sauce
Toute Belle
Harvest Maid Umidwar
Hay Fell
Grand Cross
1952 黒鹿毛
Grandmaster Atout Maitre
Honorarium
Blue Cross Blue Peter
King's Cross F-No.1-l

外部リンク[編集]