ウェストオーストラリアン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェストオーストラリアン
HarryHall-WestAustralian.jpg
Harry Hall作(1853年)
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1850年4月24日
死没 1870年5月2日
メルボルン
モウリナ
生国 イギリス
生産 ジョン・ボウ
馬主 ジョン・ボウ
調教師 ジョン・スコット
競走成績
生涯成績 11戦10勝
獲得賞金 71,597ドル以上(換算)
テンプレートを表示

ウェストオーストラリアンWest Australian1850年 - 1870年)とは、イギリス競走馬である。19世紀中ごろに活躍し、1853年に史上初となるイギリスクラシック三冠を達成した。ほかアスコットゴールドカップなどに勝利した。種牡馬としては失敗に終わったが直系子孫は残っている。

生涯[編集]

デビュー戦のクリテリオンステークスこそスピードザプロウの2着に敗れたが、次走グラスゴーステークスではスピードザプロウを破り雪辱した。ウェストオーストラリアンは抜群の勝負強さを持った馬で、特に馬体を合わせたときの勝負強さは目を見張るものがあった。そのため接戦が多かったが、2戦目以降一度も負けなかった。

3歳時は2000ギニーエプソムダービーセントレジャーステークスとも接戦ながら確実に勝利し、イギリスクラシック三冠を達成した。3歳時はこの3競走以外には単走しか出走していない。4歳時には当時古馬路線の最高峰であったアスコットゴールドカップもやはりハナ差で制し、2戦目からの10連勝で引退した。

引退後は種牡馬となったが、1歳上にストックウェルがいたこともあり成功はできなかった。代表産駒はオークスに勝ったサマーサイドである。他に不敗のバーカルダインを出したソロン、アメリカに輸出され種牡馬として成功したオーストラリアン等を輩出した。ソロンの直系子孫にハリーオン、オーストラリアンの直系子孫にマンノウォーがいる。

競走成績[編集]

  • 1852年(2戦1勝)
    • グラスゴーステークス
  • 1853年(5戦5勝)
    • エプソムダービー、セントレジャーステークス、2000ギニー
  • 1854年(4戦4勝)
    • アスコットゴールドカップ、アスコットトリエニアルステークス

主な産駒[編集]

  • サマーサイド(オークス)
  • オーストラリアン(プロデュースステークス)
  • ソロン(バーカルダイン、アービトレーターの父)
  • ジョヌプレミア(ディアヌ賞
  • ザウィザード(2000ギニー)
  • ルイブラス(バーデン大賞

血統表[編集]

ウエストオーストラリアン血統マッチェム系/Whalebone(Whisker)3×4=18.75%(母内)他)

Melbourne
1834 黒鹿毛
Humphrey Clinker
1822 鹿毛
Comus Sorcerer
Houghton Lass
Clinkerina Clinker
Pewett
Cervantes Mare
1825 鹿毛
Cervantes Don Quixote
Evelina
Golumpus Mare Golumpus
Paynator Mare

Mowerina
1843 鹿毛
Touchstone
1831 黒鹿毛
Camel Whalebone
Selim Mare
Banter Master Henry
Boadicea
Emma
1824 栗毛
Whisker Waxy
Penelope
Gibside Fairy Hermes
Vicissitude F-No.7-a

外部リンク[編集]