セクレト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セクレト
英字表記 Secreto
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1981年2月12日
死没 1999年
ノーザンダンサー
ベティズシークレット
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 エドワード・プランケット・テイラー
馬主 ルイジ・ミグリエッティ
調教師 デイヴィッド・オブライエン
競走成績
生涯成績 4戦3勝
獲得賞金 244,904ポンド
テンプレートを表示

セクレト (Secreto) は、アメリカ合衆国メリーランド州で生まれ、アイルランド調教された競走馬種牡馬1983年後半から84年の初めにかけてイギリス・アイルランドで走り、エプソムダービーに優勝した。半弟に名障害イスタブラク、曾祖母Gay Hostessの産駒にケンタッキーダービー優勝馬Majestic Princeなどがいる。

現役時代はわずか4戦。重賞はエプソムダービー(G1)とテトラークステークス (G3) に勝ったのみだが、そのエプソムダービーでは短頭差でエルグランセニョールを下し、同馬を唯一破った馬となった。(なお、セクレトの調教師David O'Brienは、エルグランセニョールの調教師Vincent O'Brienの息子であり、互いの管理馬による親子ワンツーを達成している。)その他アイリッシュ2000ギニーサドラーズウェルズの3着などがある。エプソムダービー後、当時非常に期待されていたノーザンダンサー産駒であったため引退、そのまま種牡馬入りした。

種牡馬入り後はケンタッキー州カルメットファームで供用されたものの、当初の期待ほどの成功は収めることが出来ず、1993年日本の諏訪牧場に輸入された。日本では青森県での供用ながら、輸入前にフィールドボンバーが外国産馬として朝日杯3歳ステークスで2着にはいるなど活躍し、また本場イギリスのダービー馬と言う事でそこそこの人気を集めた。セクレト自身は1999年に死亡したが、その年に生まれたタムロチェリー阪神ジュベナイルフィリーズ小倉2歳ステークスを制し最後の活躍を見せた。

競走成績[編集]


年月日 競馬場 レース名 着順 距離 タイム 着差 騎手 1着馬/(2着馬)
1983年 10月18日 フェニックスパーク クロフター競走 1着 7f
1984年 4月28日 カラ テトラークステークス G3 1着 芝7f 1:25.0 3馬身 (Without Reserve)
5月19日 カラ アイリッシュ2000ギニー G1 3着 芝8f Sadler's Wells
6月6日 エプソム エプソムダービー G1 1着 芝12f 2.39.12 短頭 C.Roche (El Gran Senor)

主な産駒[編集]

  • Mystiko(2000ギニー、チャレンジステークス)
  • Secreto's Glory(シリーンステークス)
  • Fontvla(ナシオナル大賞典)
  • タムロチェリー(阪神ジュベナイルフィリーズ、小倉2歳ステークス)
  • Miss Secreto(エレナ王妃賞(伊1000ギニー))
  • フィールドボンバー(2着 - 朝日杯3歳ステークス)

血統表[編集]

セクレト血統ノーザンダンサー系/Nearco3×5.5=18.75% Princequillo4×4=12.50%(母内))

Northern Dancer
1961年 鹿毛
Nearctic
1954年 黒鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
Natalma
1957年 鹿毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

Betty's Secret
1977年 鹿毛
Secretariat
1970 栗毛年
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Somethingroyal Princequillo
Imperatrice
Betty Loraine
1965年 栗毛
Prince John Princequillo
Not Afraid
Gay Hostess Royal Charger
Your Hostess F-No.4-d

外部リンク[編集]