サムシングロイヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サムシングロイヤル
英字表記 Somethingroyal
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1952年
死没 1983年
Princequillo
Imperatrice
母の父 Caruso
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州
生産 Meadow Stable
馬主 Meadow Stud
競走成績
生涯成績 1戦0勝
獲得賞金 0ドル
テンプレートを表示

サムシングロイヤルSomethingroyal1952年 - 1983年)は、アメリカ合衆国競走馬、および繁殖牝馬。繁殖牝馬としての実績が大きく、セクレタリアトサーゲイロードといった名競走馬・名種牡馬の母となっている。1973年にはアメリカ年度代表繁殖牝馬に選ばれた。

経歴[編集]

競走馬としては1954年8月2日サラトガ競馬場で1度走ったのみである。翌年よりメドウファームで繁殖入りし、生涯で18頭の競走馬を産んだ。そのうちの11頭が勝ちを挙げ、うち4頭がステークス競走でも優勝するといった高い実績を残した。

1983年、31歳のときに死亡した。

産駒の競走成績[編集]

最初のステークス競走勝ち馬は第3子のサーゲイロード(父ターントゥ)で、2歳時からグレートアメリカンステークスなどに勝ってクラシック路線の一角となるが、故障によりケンタッキーダービーを目前に引退した。

サムシングロイヤルの産駒の中で最も活躍したものが、第13子にあたる父ボールドルーラーの牡馬セクレタリアトであった。セクレタリアトは2歳時から圧倒的な競走能力を示し、1973年には三冠最終戦のベルモントステークスで31馬身差の圧勝劇を繰り広げ、史上9頭目のアメリカ三冠馬となる快挙を達成した。同馬の活躍もあって、サムシングロイヤルはこの年のアメリカ年度代表繁殖牝馬に選ばれている。

このほかでは第6子のファーストファミリー(父ファーストランディング)がガルフストリームパークハンデキャップなどに、第9子のシリアンシーがセリマステークスなどに勝っている。

産駒の繁殖成績[編集]

種牡馬[編集]

サムシングロイヤルの産駒の中で、種牡馬として最も成功したのはサーゲイロードであった。種牡馬入り3年目にして出したイギリスダービーサーアイヴァーをはじめに、主にヨーロッパで活躍する産駒を多く輩出、その産駒らも種牡馬として成功し、後世に競走成績以上の大きな功績を残した。その末裔はスティールハートなどを通して日本にも入っており、有名なところではニホンピロウイナーヤマニンゼファーの親子の短距離路線での活躍が知られる。

稀代の名競走馬として名を馳せたセクレタリアトも種牡馬として、アメリカ殿堂馬レディーズシークレットや、アメリカ二冠馬リズンスターなどといった活躍馬を多数送り出しているが、寄せられていた期待が大き過ぎたこと、また同時期に種牡馬となっていたミスタープロスペクターなどの勢いが強かったこともあって、成功したと評価されることはあまり多くない。

サーゲイロードの実績はアメリカ国外の生産者にも大きな衝撃を与え、ヨーロッパや日本でもその血統の導入が求められるようになった。1967年にアメリカで種牡馬入りしていたファーストファミリーは、セクレタリアトが三冠を達成した翌年の1974年に日本へと輸出されている。同馬はアメリカでは実績をあまり残せなかったが、日本では2年連続年度代表馬に輝いたホウヨウボーイを出し、また母の父としてもセキテイリュウオー東京新聞杯など)やロンシャンボーイ高松宮杯など)といった活躍馬を出した。

このほかにも、1972年にはタタン産駒の第10子・ロイヤルタタンが日本に輸入されているが、こちらはこれといった産駒は出せずに終わった。ロイヤルタタンを母の父に持つ馬に、ハヤテミグ(日経賞など)やトウカイパレス(1995年菊花賞2着)などがいる。

繁殖牝馬[編集]

繁殖牝馬として大きな実績を挙げた馬に、セクレタリアトの全姉にあたる第12子・ザブライドがいる。7頭の産駒が勝ちを挙げており、中でもアルゼンチンに渡ったアットイースがベルグラーノ将軍賞(亜G2)でステークス競走勝ちを収めている。牝系としても優秀で、2代先にラフィアンハンデキャップ (G1) などに勝ったパーソナルビジネス、3代先には桜花賞などに勝ったニシノフラワーが出ている。

競走馬としても実績のあったシリアンシーからは、シュヴィーハンデキャップ勝ち馬のアラダが出ている。また、アラダを通した3代先に、1992年のアメリカ最優秀3歳牝馬に選ばれたサラトガデューがいる。

血統表[編集]

サムシングロイヤル血統プリンスキロ系 / 5代内アウトブリード

Princequillo
1940 鹿毛 アイルランド
Prince Rose
1928 鹿毛 イギリス
Rose Prince Prince Palatine
Eglantine
Indolence Gay Crusader
Barrier
Cosquilla
1933 鹿毛 イギリス
Papyrus Tracery
Miss Matty
Quick Thought White Eagle
Mindful

Imperatrice
1938 鹿毛 アメリカ
Caruso
1927 鹿毛 アメリカ
Polymelian Polymelus
Pasquita
Sweet Music Harmonicon
Isette
Cinquepace
1934 鹿毛 アメリカ
Brown Bud Brown Prince
June Rose
Assignation Teddy
Cinq a Sept F-No.2-s

母インパラトライスは競走馬としてニューイングランドオークスなどステークス競走4勝をしたのち、1947年に繁殖牝馬としてメドウステーブルに購入された。繁殖成績も優秀で、コーチングクラブアメリカンオークス優勝馬のスキャタード(1945年生・牝馬)などに代表されるステークス競走勝ち馬を6頭出し、メドウステーブル繁栄の基礎となった。

外部リンク[編集]