サーゲイロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーゲイロード
英字表記 Sir Gaylord
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1959年
死没 1981年
Turn-to
Somethingroyal
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Meadow Stables
馬主 Meadow Farm
競走成績
生涯成績 18戦10勝
獲得賞金 237,404ドル
テンプレートを表示

サーゲイロードSir Gaylord1959年-1981年)とは、アメリカ合衆国で生産・調教された競走馬、および種牡馬である。サーアイヴァーなどの名種牡馬たちの父となり、サーゲイロード系の祖となった。

経歴[編集]

1961年にデビュー。東海岸を拠点に積極的に出走し、サップリングステークスなどでステークス競走を4勝、ほかにもフューチュリティステークスなどの大競走でも3着に入るなどの実績を作った。

翌1962年にもエヴァーグレイズステークスなどに勝ち、バハマズステークスではクラシック路線をともに睨む同期のリダンクリムゾンサタンらをハイアリアパーク競馬場のトラックレコードで撃破した。しかし、ケンタッキーダービーへの出走を目前にして故障が発生、そのまま引退、種牡馬入りすることになった。

引退後[編集]

ゲイマテルダ(アラバマステークスなど)のようなアメリカ国内で活躍する競走馬も出しているが、それ以上にヨーロッパへ輸出された産駒に多くの活躍馬が出ている。のちの1971年にはサーゲイロード自身がフランスに渡っている。

サーゲイロードの種牡馬入り3シーズン目にあたる1965年、同馬の代表産駒であるサーアイヴァーが生まれている。サーアイヴァーはアイルランドで競走馬デビューし、イギリス2000ギニーダービーステークス、祖国アメリカのワシントンDCインターナショナルなど大西洋をまたいでの活躍を繰り広げ、さらに種牡馬としても成功してその血統の拡大に成功した。オセアニア種牡馬として歴史的な功績を残したサートリストラムは、このサーアイヴァーの直仔である。

同じく種牡馬として成功した産駒に、1966年生のハビタットがいる。イギリスで調教された同馬はロッキンジステークスムーラン・ド・ロンシャン賞などで8戦5勝の戦績を挙げ、種牡馬入りして多数の短距離路線で活躍する競走馬を輩出した。そのうちの1頭がスティールハートで、種牡馬として日本に輸入されてニホンピロウイナーなどの父となった。

サーアイヴァー・ハビタットの産駒からは短距離競走での活躍馬が多いが、サーゲイロード自身からは中長距離の競走で実績を挙げた競走馬も出している。

サーゲイロードは1981年にフランスで死亡した。22歳であった。

評価[編集]

おもな勝鞍[編集]

1961年(2歳)
ナショナルスタリオンステークス、サップリングステークス、タイロステークス、グレートアメリカンステークス
3着 - フューチュリティステークス、シャンペンステークス、ホープフルステークス、カウディンステークス
1962年(3歳)
バハマズステークス、エヴァーグレイズステークス

血統表[編集]

サーゲイロード血統ロイヤルチャージャー系/Pharos 父内4x4=12.50%)

Turn-to
1951 鹿毛 アイルランド
Royal Charger
1942 栗毛 イギリス
Nearco Pharos
Nogara
Sun Princess Solario
Mumtaz Begum
Source Sucree
1940 青鹿毛 フランス
Admiral Drake Craig An Eran
Plucky Liege
Lavendula Pharos
Sweet Lavender

Somethingroyal
1952 鹿毛 アメリカ
Princequillo
1940 鹿毛 アイルランド
Prince Rose Rose Prince
Indolence
Cosquilla Papyrus
Quick Thought
Imperatrice
1938 鹿毛 アメリカ
Caruso Polymelian
Sweet Music
Cinquepace Brown Bud
Assignation F-No.2-s

母サムシングロイヤルは同馬を含めステークス競走勝ち馬を4頭、勝ち上がり産駒に関しては11頭も出した名牝として知られる。同母の半弟にセクレタリアトなどがいる。

外部リンク[編集]