セクレタリアト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セクレタリアト
英字表記 Secretariat
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1970年3月30日
死没 1989年10月4日
ボールドルーラー
サムシングロイヤル
母の父 プリンスキロ
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 メドウ・ステーブル
馬主 メドウ・ステーブル
調教師 ルシアン・ローリン
競走成績
生涯成績 21戦16勝
獲得賞金 131万6808ドル
テンプレートを表示

セクレタリアトSecretariat1970年 - 1989年)は、アメリカ合衆国競走馬種牡馬1973年アメリカ三冠を始めとした数多くの大記録を打ちたてたアメリカ合衆国を代表する競走馬である。でありながら20世紀のトップアスリートの上位にもランクされた。異名は「燃えるような赤毛」と称された馬体から「ビッグ・レッド」 (Big Red) 。この異名はアメリカ競馬史上屈指の名馬であるマンノウォーから世代を超えて受け継がれた。主戦騎手ロン・ターコット

出自[編集]

セクレタリアトは、アメリカ競馬発祥の地バージニア州で最大級の規模を誇るメドウ・ステーブルで生まれた。名前のセクレタリアトは「事務局」または「書記職」という意味であり、牧場の事務を一手に引き受けたエリザベス・ハムに感謝しつけられたといわれる。

セクレタリアトの母サムシングロイヤルはセクレタリアトの他に名種牡馬サーゲイロード (Sir Gaylord) 、日本へ輸入されホウヨウボーイ等を出したファーストファミリー (First Family) 、他にもシリアンシー (Syrian Sea) 、日本輸入のロイヤルタタン (Royal Tatan) を輩出、出産した18頭中11頭が勝ち上がるという優秀な繁殖牝馬であった。父ボールドルーラーはアメリカのリーディングサイアーを8回に及んだ大種牡馬だが、セクレタリアトが現われるまでアメリカの三冠競走には縁がなかった。

ボールドルーラーのオーナーであるグラディス・フィプスは種牡馬の種付け料として変わった方法を用いた。その方法というのが、種付け料が無料の代わりに生まれた産駒を生産者とフィプスの間で交互に所有し、その順番はコイントスにて決定するという面白い契約だった。セクレタリアトもメドウ・ステーブルの代表者ヘレン・チェナリーとフィプスの間でこの契約が交わされ、1969年サラトガ競馬場で翌年生まれる仔馬をどちらが所有するか勝負した。このコイントスはチェナリーが勝利し、メドウ・ステーブルが所有することになった。

現役時代[編集]

2歳時[編集]

ルシアン・ローリン調教師のもと鍛えられたセクレタリアトは、7月のアケダクト競馬場で行われたメイドン(未勝利戦)でデビューした。4.1倍の一番人気に押されたもののスタートで出遅れさらに道中でも2度の不利を受けハーブルの4着に敗れてしまい、デビュー戦を飾ることは出来なかった。1週間後同じくアケダクト競馬場で行われたメイドンでは6馬身差の圧勝で初勝利した。セクレタリアトはこの後サンフォードステークス、ホープフルステークス、フューチュリティステークスを含む5連勝を上げた。特にホープフルステークスは当時は2歳最重要レースで、ここも5馬身差で勝利し、マンノウォーの再来、二代目ビッグ・レッドと呼ばれるようになった。7戦目のシャンペンステークスでは出遅れたうえストップザミュージックと接触、結局進路妨害で2着降格したが、ローレルフューチュリティ、ガーデンステートステークスを連勝し、最優秀2歳牡馬とともに2歳にしてアメリカ年度代表馬に輝いた。

3歳時[編集]

1月3日、生産・所有者であるクリストファー・チェナリーが死亡したため、チェナリーの遺産管財人はセクレタリアトの売却を決定。19万ドル×32株、総額608万ドル(約18億700万円)のシンジケートが組まれた。これは英三冠馬ニジンスキーが付けた544万ドルを上回るもので、一部からは3歳になったばかりの馬にこの額は異常との声も出た。[要出典]←「ホース・トレーダーズ~アメリカ競馬を変えた男たち~」(スティーヴン・クリスト著 草野純訳 サラブレッド血統センター刊)。またセクレタリアトの重さはこの当時の純金価値よりも高額だった事から、タイム誌の表紙を飾ったときの純金馬というキャッチフレーズになった。しかし実際はその三倍であり、この金額をセクレタリアトの体重で割ると、1オンスが325ドルとなり、当時の純金1オンスの価格(約100ドル)の3倍に当たることから、「ゴールドより高い馬」として大きく報道された。ちなみに、このシンジケートの株購入者の中には、社台グループ吉田善哉も名を連ねていた。

この間暖かいフロリダで過ごし、3月ニューヨークに戻った。ケンタッキーダービーの前哨戦であるウッドメモリアルステークスで3着に敗退するも、それ以外は全勝で、ゴーサムステークスはレコードタイムだった。ケンタッキーダービーは、最後方から徐々に進出し最後の直線で抜け出すと、ノーザンダンサーの持つレコードを0.6秒更新する1分59秒4のレコードでまず一冠を獲得した、このレコードは30年以上経つ現在でもケンタッキーダービーのレコードである。

2冠目のプリークネスステークスも最後方から早め先頭でシャムに2馬身半差をつけ楽勝。タイムは最初1分55秒と発表され、後に1分54秒4と訂正された。当時ピムリコ競馬場の計測器が故障しており、どちらも手動計測値である。さらに、デイリーレーシングフォームは別の手動計測員による1分53秒4のタイムを発表した。レース後従来のレコードタイムを上回っている事が確かめられ、そのため幾つかの成績表では、公式タイムとは別にレコードタイムとなる1分53秒4が載せられている。

2012年6月19日、メリーランド州競馬委員会は最新のビデオ技術による映像などに基づく修正の結果、現在に至るまでの史上最高記録1分53秒0だったと結論付けた。


史上9頭目のアメリカ三冠を達成したベルモントステークスは、セクレタリアトのベストレースで、ベルモントパーク競馬場には6万7千人の観客が詰め掛けていた。レースはセクレタリアトの独擅場となった。珍しく逃げの戦法を取ったセクレタリアトに、前二冠で連続2着となっていた対抗のシャムが唯一ついて行こうとしたが早めに力尽き後退、その他の馬たちもまったく付いていけず、直線入り口ですでに10-20馬身差、ゴールしたときは2着のトワイスアプリンスに31馬身もの差をつけてしまった。タイムは2分24秒0、従来のレコードを2.6秒短縮する大レコードで、30年以上経過した2011年現在でもダート12ハロンの世界レコードである。セクレタリアトの他に2分24秒台を記録した馬はおらず(25秒台もいない、2分26秒台もわずか7頭)、もはや更新不可能といわれることも多い。また、2400m-2分24秒という時計も然ることながら、自らが逃げて作り出した通過ラップタイム(400m:23秒6-800m:46秒2-1200m:1分9秒2-1600m:1分34秒2-2000m:1分59秒)も驚異的である。400mの通過タイムを除き、800m以降の到達タイムは、いまだにベルモントステークスのレコードタイムとなっている。さらにベルモントステークスの2日後、雑誌『タイム』の表紙を飾り特集が組まれた。これにより競馬に興味のない一般層にも名前が知られる事となった。

セクレタリアトはその後も走り続け、熱発等で2度の敗戦を経験するも、ベルモントステークスの次走アーリントン招待ステークスも9馬身差、のレースにも挑戦し、初戦は初代ビッグレッド、マンノウォーを記念したマンノウォーステークスに出走し5馬身差レコード、芝でも変わらない強さを見せ付けた。引退レースでカナダに遠征したカナディアンインターナショナルチャンピオンシップステークスも圧勝し、2歳時に続いて3歳時も年度代表馬に選出された。

競走成績[編集]

年月日 競走名 着順 距離 タイム 着差 騎手 1着(2着)馬
1972 07 04 メイドン 4着 ダ1100m 1.05.0 -1 1/4身 P.フェリシアノ Herbull
1972 07 15 メイドン 1着 ダ1200m 1.10.6 6身 P.フェリシアノ (Master Achiever)
1972 07 31 アローワンス 1着 ダ1200m 1.10.8 1 1/2身 R.ターコット (Russ Miron)
1972 08 16 サンフォードS 1着 ダ1200m 1.10.0 3身 R.ターコット (Linda's Chief)
1972 08 26 ホープフルS 1着 ダ1300m 1.16.2 5身 R.ターコット (Flight to Glory)
1972 09 16 フューチュリティS 1着 ダ1300m 1.16.4 1 3/4身 R.ターコット (Stop the Music)
1972 10 14 シャンペンS 2着 ダ1600m 降着 R.ターコット Stop the Music
1972 10 28 ローレルフューチュリティ 1着 ダ1700m R1.42.8 8身 R.ターコット (Stop the Music)
1972 11 18 ガーデンステートS 1着 ダ1700m 1.44.4 3 1/2身 R.ターコット (Angle Light)
1973 03 17 ベイショアS G3 1着 ダ1400m 1.23.2 4 1/2身 R.ターコット (Champagne Charlie)
1973 04 07 ゴーサムS G2 1着 ダ1600m R1.33.4 3身 R.ターコット (Champagne Charlie)
1973 04 21 ウッドメモリアルS G2 3着 ダ1800m 1.49.8 -4身 R.ターコット Angle Light
1973 05 05 ケンタッキーダービー G1 1着 ダ2000m R1.59.4 2 1/2身 R.ターコット Sham
1973 05 19 プリークネスS G1 1着 ダ1900m R1.53.0 2 1/2身 R.ターコット (Sham)
1973 06 09 ベルモントS G1 1着 ダ2400m R2.24.0 31身 R.ターコット (Twice a Prince)
1973 06 30 アーリントン招待S 1着 ダ1800m 1.47.0 9身 R.ターコット (My Gallant)
1973 08 04 ホイットニーH G2 2着 ダ1800m 1.49.2 -1身 R.ターコット Onion
1973 09 15 マールボロC招待H 1着 ダ1800m R1.45.4 3 1/2身 R.ターコット Riva Ridge
1973 09 29 ウッドワードS G1 2着 ダ2400m 2.25.8 -4 1/2身 R.ターコット Prove Out
1973 10 08 マンノウォーS G1 1着 芝2400m R2.24.8 5身 R.ターコット (Tentam)
1973 10 28 カナディアンインターナショナルS G2 1着 芝2600m 2.41.8 6 1/2身 E.メイプル (Big Spruce)
※1 1972年はグレード制導入前。
※2 タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

等速ストライド[編集]

バテないスタミナや、サラブレッド離れした筋肉とバネのある独特のフォームから繰り出される爆発的な加速力は等速ストライドと呼ばれた。セクレタリアトは競馬場やレース展開によって2種類のストライドを使いこなしていた。(短:7m60cmピムリコ計測、長:8m53cmベルモント計測)通常、サラブレッドのストライドの長さは馬格と関連している。前脚と後脚の間の距離が長いほど、胴が長くなりステイヤーとなり、逆に胴が詰まっている馬はストライドが短くなりスプリンターとなる。セクレタリアトはストライドを自らが自在にコントロールできたので、こうした類型に当てはめることができなかった。レース前の最終追い切りでは、芝・ダート問わず5ハロン56秒台後半〜57秒台を絶えずマークしていた事実を考えてもスプリンターとしてもかなりの好タイムを出す馬であったことは事実であろう。このストライドについて、ニューヨーク競馬協会 (NYRA) のマニュアル・ギルマン博士は「長年、私が見てきたサラブレッドの中でもっとも理に適ったパーフェクトな走法」と評している。

引退後[編集]

父ボールドルーラーが繋養されていたクレイボーンファームで種牡馬入りし、馬房は1971年に死亡した父がかつて使っていたものが用意された。

セクレタリアト自身の種牡馬成績は一般的に失敗だと認識されているが、これは競走成績や同世代のミスタープロスペクターと比較されてしまうことや、米種牡馬リーディングの上位に入ったのが1988年の8位の1回のみであったのも原因の一つである。しかし、産駒にはBCディスタフに勝ち北米年度代表馬になったレディーズシークレット(Lady's Secret)、1988年プリークネスステークス・ベルモントステークスを勝った米二冠馬リズンスター (Risen Star) などの活躍馬を含む653頭の産駒から57頭のステークスウィナーを輩出している。

現在、リズンスターをはじめとする幾つか残した父系子孫はそのほとんどが途絶してしまった。しかし母の父としてはストームキャットエーピーインディ、サマースコール、ゴーンウエストセクレトチーフズクラウン等を送り出したことで評価されている。1989年秋頃、蹄葉炎を発症し、治療を受けるも4本の足全てが蹄葉炎に蝕まれるなど手の施しようが無いほど悪化し、10月4日正午過ぎ安楽死の処置が取られた。19歳であった。遺体はクレイボーンファームに埋葬されている。

日本にも産駒が何頭か輸入されたが、重賞を3勝したヒシマサルが目立つ程度で、それ以外の産駒の目立つ活躍は無かった。

代表産駒[編集]

その他[編集]

  • セクレタリアトはかなりの大食漢で、馬体重530kg前後とかなりの大型馬であったにもかかわらず、欠点のない馬体と評された。あだ名は「ビッグ・レッド」のほかに食べて寝てばかりいたことから「のんびりや」。
  • 死亡時にケンタッキー大学で解剖が行われ、心臓の重さが10kg弱(通常の馬の平均は9ポンド(約4キログラム)であるのに対し、セクレタリアトは22ポンドもあった)と、通常の馬の2倍以上あることがわかった。なんら病的なものは見られず、セクレタリアトの強さの原動力の一つとされている。
  • 3歳時に胸囲は実に199.2cmに達していた。レースごとに成長していくセクレタリアトの腹帯はレースの度に新調され、鞍も一般のサラブレッドとはことなる特別な鞍を使用していた。
  • 絶好調時の調教は圧巻のタイムを連発していた。デビュー前からダート5ハロンを58秒を切ることも珍しくなく、初芝となったマンノウォーステークスの追い切りでは報道陣の前で芝5ハロンを56.8秒というタイムを記録。セクレタリアトの攻め馬手ジミー・ギャフネイは体重が62kgあったことを考えるとこれらの調教レコードは極めて優秀なものである。
  • 主戦騎手のロン・ターコットはカナダ出身。のちにセクレタリアトでの騎乗が認められ、カナダ勲章(日本の国民栄誉賞にあたる)を受章している。アメリカのトップジョッキーだったが、1978年の落馬事故で引退した。
  • アーリントンパーク競馬場では、夏にセクレタリアトを記念してセクレタリアトステークス (G1) が開催されている。
  • 冒頭にある銅像はベルモントパーク競馬場にある実物の1/3のもの、他にケンタッキー・ホース・パーク等に実物大の銅像がある。
  • 1972年エクリプス賞年度代表馬、最優秀2歳牡馬
  • 1973年、エクリプス賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬、最優秀芝馬
  • 1992年、北米リーディングブルードメアサイアー
  • 20世紀のアメリカ名馬100選(Blood-Horse magazine)、2位(1位はマンノウォー
  • 20世紀世界の平地競走馬トップ200 (Portway Press Limited) 、2位(1位はフランスシーバード
  • 20世紀のアスリートベスト10に選出 (the Top Ten of Time Magazine)
  • 20世紀のトップアスリートベスト100 (ESPN) 、35位(1位はマイケル・ジョーダン、競馬関係では最上位)

20世紀末に各国で盛んに行われたベストアスリート○○選等では、競走馬・競技馬が幾頭かランクインする国も出たが(リボー等)、特にセクレタリアトの場合上位に入ったためその是非について議論を呼んだ。

血統[編集]

母サムシングロイヤルは多数の優秀馬を輩出した名繁殖牝馬であり、他に以下の馬を輩出している。

  • シリアンシー(全姉、セリマステークス)
  • ザブライド(全姉)
  • サーゲイロード(サプリングステークス、グレートアメリカンステークス)
  • サムシングファビュラス
  • ファーストファミリー(ガルフストリームパークハンデ、レナードリチャーズステークス、パームビーチハンデ)
  • ロイヤルタタン

その他近親には姪にアラダ、甥にアトイーズ、マニラザルーラー、従兄弟にヒアアンドゼア、ディスパース、クイーンズダブル、姉のひ孫にニシノフラワー、近親は他にアレッジドダッシュフォーキャッシュクォーターホースの歴史的名馬)等もいる。

血統表
セクレタリアト血統ボールドルーラー系ナスルーラ系) / アウトクロス

Bold Ruler
1954 鹿毛
Nasrullah
1940 鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
Miss Disco
1944 鹿毛
Discovery Display
Ariadone
Outdone Pompey
Sweep Out

Somethingroyal
1952 鹿毛
Princequillo
1940 鹿毛
Prince Rose Rose Prince
Indolence
Cosquilla Papyrus
Quick Thought
Imperatrice
1938 鹿毛
Caruso Polymelian
Sweet Music
Cinquepace Brown Bud
Assignation F-No.2-s

参考文献[編集]

  1. 山野浩一『伝説の名馬 IV』中央競馬ピーアール・センター、1997年 ISBN 4924426555
  2. 原田俊治『新・世界の名馬』サラブレッド血統センター、1993年 ISBN 4879000329
  3. Woolfe, Raymond G.『Secretariat』The Derrydale Press、2001年 ISBN 1586670670
  4. Muriel Lennox,『the SUPREME セクレタリアト-金色の轍』

外部リンク[編集]