ワーラウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワーラウェイ
英字表記 Whirlaway
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1938年4月2日
死没 1953年4月6日
ブレニム
ダストワール
母の父 スウィープ
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 カルメットファーム
馬主 カルメットファーム
調教師 B.A.ジョーンズ
競走成績
生涯成績 60戦32勝
獲得賞金 56万1161ドル
テンプレートを表示

ワーラウェイ (Whirlaway) は、1940年代初頭に活躍したアメリカ合衆国競走馬。史上5頭目のアメリカ三冠馬であり、三冠達成後にトラヴァーズステークスを優勝していることから日本ではアメリカ四冠馬と呼ばれることもある。1941、1942年アメリカ年度代表馬。1959年アメリカ競馬殿堂入り。20世紀のアメリカ名馬100選26位(ブラッド・ホース誌)。異名は長いしっぽより「ミスターロングテイル」。

戦績[編集]

ワーラウェイは三冠馬にしては多い60戦という多くの競走を消化し、勝ったのはそのうち32戦とそれほど勝率は高くなかったが、真っ直ぐに走らず外ラチに向かっていったり、逆に馬群に突っ込んでいったりと勝つときは派手なレースぶりを披露していた。ケンタッキーダービーでは後方から追い込むと8馬身差、およびその後21年間破られなかったレコードで圧勝している。また、ワーラウェイは三冠に加えてトラヴァーズステークスを勝利しているが、これは2007年現在この馬のみしか成し遂げておらず、ギャラントフォックスアファームドですら達成することができなかったという難易度の高い記録である(アファームドは1位入線も2着に降着)。その後も5歳まで走り続け、取りこぼすことも多かったが、ブルックリンハンデキャップ、トレントンハンデキャップ、ジョッキークラブゴールドカップなどを制し、史上初の50万ドルホースとしてその名を残した。

引退後[編集]

引退後はカルメットファーム種牡馬入りした。だが種牡馬としてはそれほど成功したとは言えずコーチングクラブアメリカンオークスに勝ったスキャタードを出した程度に終わり、1950年にはフランスの大馬産家マルセル・ブサックにリース、のち購入された。フランスでもほとんど活躍馬を出せずに1953年死亡。そしていったんフランスに埋葬されたが、遺体はのちに運ばれ、現在は故郷カルメットファームに埋葬されている。

競走成績[編集]

評価[編集]

エクリプス賞[編集]

  • 1941年 - 年度代表馬部門・最優秀3歳牡馬部門受賞
  • 1942年 - 年度代表馬部門・最優秀古牡馬部門受賞

表彰[編集]

血統表[編集]

ワーラウェイ血統ブランドフォード系 / Issinglass5×5=6.25% Domino4×5=9.38%(母内))

Blenheim
1927 黒鹿毛
Blandford
1919 黒鹿毛
Swynford John o'Gaunt
Canterbury Pilgrim
Blanche White Eagle
Black Cherry
Malva
1919 黒鹿毛
Charles o'Malley Desmond
Goody Two-Shoes
Wild Arum Robert Le Diable
Marliacea

Dustwhirl
1926 鹿毛
Sweep
1907 黒鹿毛
Ben Brush Bramble
Roseville
Pink Domino Domino
Belle Rose
Ormonda
1916 栗毛
Superman Commando
Anomaly
Princess Ormonde Ormondale
Ophirdale F-No.8-h

外部リンク[編集]