アファームド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アファームド
英字表記 Affirmed
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1975年2月21日
死没 2001年1月12日
Exclusive Native
Won't Tell You
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Harbor View Farm
馬主 Harbor View Farm
調教師 Lazaro S.Barrera(アメリカ
競走成績
生涯成績 29戦22勝
獲得賞金 239万3818ドル
テンプレートを表示

アファームドAffirmed1975年2月21日 - 2001年1月12日)とは、アメリカ合衆国競走馬である。アメリカ三冠などG1競走14勝を挙げ、ケルソの持っていた収得賞金の世界レコードを更新した。20世紀のアメリカ名馬第12位(ブラッド・ホース誌)。1978年1979年エクリプス賞年度代表馬。

生涯[編集]

競走生活[編集]

2歳時(1977年)[編集]

アファームドは1975年2月21日アメリカ合衆国フロリダ州のハーバーヴュー牧場で生まれた。同牧場はアメリカの生産者リーディング首位を2度獲得した有力な牧場であったが、経営者のL・ウルフスンはアファームドが生まれた2年後に競走馬生産はリスクが大きく割に合わないと判断して競馬界での活動を縮小し、牧場を売却している。

1977年5月24日ベルモントパーク競馬場でデビュー。単勝オッズ15.3倍と人気は低かったが勝利を収め、6月15日にユースフルステークスに出走。このレースも勝利し連勝を飾った。このレースでアファームドは2番人気であったが、1番人気はアリダーという名の競走馬だった。アリダーはアメリカ三冠をはじめ数々のレースでアファームドと対戦することになる。この後アファームドは7戦5勝G1 3勝という成績を挙げたが、7レース中5レースでアリダーと対戦し、3勝2敗という対戦成績を残している。アファームドはエクリプス賞の最優秀2歳牡馬に選出され、アメリカの2歳フリーハンデではアリダーより1ポンド重い126ポンドで首位に格付けされた。

3歳時(1978年)[編集]

年が明けて間もなく、ウルフスンのもとにアファームドを800万ドルで購入したいという申し込みがあった。ウルフスンは「アファームドは年度代表馬を生産するという夢をかなえてくれそうな最後の馬だ」と言って申し込みを断った。

アファームドはカリフォルニア州で冬を越し、3月8日サンタアニタ競馬場で復帰した。復帰戦を勝つとG2サンフェリペステークス、G1サンタアニタダービーも優勝。4月16日にはハリウッドパーク競馬場で行われたハリウッドダービーも勝ち、2番人気でアメリカ三冠第1戦のケンタッキーダービーに出走した。1番人気は年明けからG1を3連勝し、前走のブルーグラスステークスでは2着馬に13馬身の着差をつけて優勝したアリダーであった。レースはアファームドが2、3番手を進み、アリダーが最後方に位置する展開となった。直線で先頭に立ったアファームドはアリダーの追い込みを1馬身半差退けて優勝した。

アメリカ三冠第2戦のプリークネスステークスでは2頭の人気は逆転し、アファームドが1番人気、アリダーが2番人気に支持された。レースはケンタッキーダービーと同様前方を進むアファームドをアリダーが最後方から追い上げる展開となり、アファームドが追撃をクビ差凌いで勝利を収めた。第3戦のベルモントステークスではスタート直後から先頭を進むアファームドをアリダーが1馬身後方から追いかけ、アリダーが直線の入口で並びかけてからゴールまで激しい競り合いが繰り広げられたが、アタマ差でアファームドが勝利した。この勝利によりアファームドは前年のシアトルスルーに続き史上11頭目のアメリカ三冠馬となった。

8月に入り8日にG3ジムダンディステークスを勝った後、19日にG1トラヴァーズステークスでアリダーと対戦。アファームドはアリダーに1馬身3/4の差をつけて1位で入線したが進路妨害により2着に降着となった。アリダーとの対戦はこのレースが最後となった。9月16日、G1マルボロカップで前年のアメリカ三冠馬シアトルスルーと対戦。三冠馬が同じレースで対戦するのはアメリカ競馬史上初のことであった。レースでは逃げたシアトルスルーを交わすことができず、3馬身差の2着に敗れた。10月にはG1ジョッキークラブゴールドカップステークスで再びシアトルスルーと対戦したが、レース中に鞍がずれるアクシデントに見舞われ、5着に敗れた。

この年のアファームドはシーズン後半に勝ちに恵まれなかったもののアメリカ三冠達成が評価され、エクリプス賞年度代表馬および最優秀3歳牡馬に選ばれた。アメリカの3歳フリーハンデではアリダーより1ポンド重い136ポンドで首位に格付けされた。

4歳時(1979年)[編集]

アファームドはジョッキークラブゴールドカップステークスの後カリフォルニア州で休養を取り、1979年1月にサンタアニタ競馬場でレースに復帰した。初戦と2戦目のG2サンフェルナンドステークスに敗れた後、2月にG1チャールズHストラブステークスで2着に10馬身の着差をつけて優勝。ここからアファームドは連勝を開始した。3月にG1サンタアニタハンデキャップをサンタアニタ競馬場のダート2000mのコースレコードを記録して優勝。その後ハリウッドパーク競馬場へ転戦し、G1カリフォルニアンステークスハリウッドゴールドカップを連勝した。この時点でアファームドの通算収得賞金は203万ドルを超え、アメリカ競馬史上初めて200万ドルを超えるとともにケルソが持っていた世界レコードを更新した。

アファームドはハリウッドゴールドカップ出走後東部へ戻り、8月中旬にアケダクト競馬場引退式を行った。8月29日ベルモントパーク競馬場で行われたエキシビジョンレースに出走し、優勝した。陣営はこのレースをステップに前年に引き続きマルボロカップへ出走しようとしたが、この年のケンタッキーダービーとプリークネスステークスを勝ったスペクタキュラービッドよりも約4キロ重い133ポンド(60.3キロ)の斤量を科されることを嫌って出走を回避。9月22日にG1ウッドウォードステークスに出走。この年のベルモントステークス優勝馬コースタルを破って優勝した。陣営は10月6日のジョッキークラブゴールドカップステークスをアファームドの引退レースに選んだ。このレースでスペクタキュラービッドとの対戦が実現し、レースでは先行したアファームドがスペクタキュラービッドの追い上げを3/4馬身退けて勝利を収めた。アファームドはエクリプス賞年度代表馬に2年連続で選ばれ、アメリカの古馬牡馬フリーダンデで首位(134ポンド。2位はアリダーの126ポンド)に格付けされた。

競走馬引退後[編集]

競走馬引退後はケンタッキー州のスペンドスリフト牧場種牡馬となった。G1を勝った産駒は3頭で、リーディングサイアー10位以内に入ることは一度もなかった。一方同世代のライバル・アリダーは1990年に北米リーディングサイアーを獲得するなど優秀な種牡馬成績を残しており、引退後の両馬は立場が入れ替わることになった。なお、アファームドは1987年にアリダーが繋養されていたカルメットファームに移り、アリダーが死ぬ1990年まで隣の馬房で過ごした。

アリダーが死んで間もなくカルメットファームは破産し、アファームドはジョナベル牧場へ移動。晩年は両前脚を悪くし、2001年蹄葉炎が悪化して安楽死の処置がとられた。

競走成績[編集]

1977年(9戦7勝)

1978年(11戦8勝)

1979年(9戦7勝)

成績表[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 タイム 着差 1着(2着)馬
1977.05.24 ベルモントパーク 未勝利 D5.5f 1着 B.ゴンザレス 1.06.0 4馬身1/2 (Innocuous)
1977.06.15 ベルモントパーク ユースフルS D5.5f 1着 A.コルデロJr. 1.05.0 Alydar
1977.07.06 ベルモントパーク グレートアメリカンS D5.5f 2着 A.コルデロJr. 3馬身1/2 Alydar
1977.07.23 ハリウッドパーク ジュベナイルCS(分割1) G2 D6f 1着 L.ピンカイJr. 1.09.2 7馬身 (He's Dewan)
1977.08.17 サラトガ サンフォードS G2 D6f 1着 S.コーゼン 1.09.6 2馬身3/4 (Tlt Up)
1977.08.27 サラトガ ホープフルS G1 D6.5f 1着 S.コーゼン 1.15.4 1/2馬身 (Alydar)
1977.09.01 ベルモントパーク フーチュリティS G1 D7f 1着 S.コーゼン 1.21.6 ハナ (Alydar)
1977.10.15 ベルモントパーク シャンペンS G1 D8f 2着 S.コーゼン - 1馬身3/4 Alydar
1977.10.29 ローレル ローレルフューチュリティ G1 D8.5f 1着 S.コーゼン - (Alydar)
1978.03.08 サンタアニタ 一般競走 D6.5f 1着 S.コーゼン 1.15.6 5馬身 (Spotted Charger)
1978.03.18 サンタアニタ サンフェリッペS G2 D8.5f 1着 S.コーゼン 1.42.6 2馬身 (Chance Dancer)
1978.04.02 サンタアニタ サンタアニタダービー G1 D9f 1着 S.コーゼン 1.48.0 8馬身 (Balzac)
1978.04.16 ハリウッドパーク ハリウッドダービー G1 D9f 1着 S.コーゼン 1.48.2 2馬身 (Think Snow)
1978.05.06 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 D10f 1着 S.コーゼン 2.01.2 1馬身1/2 (Alydar)
1978.05.20 ピムリコ プリークネスS G1 D9.5f 1着 S.コーゼン 1.54.4 (Alydar)
1978.06.10 ベルモントパーク ベルモントS G1 D12f 1着 S.コーゼン 2.26.8 (Alydar)
1978.08.08 サラトガ ジムダンディS G2 D9f 1着 S.コーゼン 1.47.8 1馬身1/2 (Sensitive Prince)
1978.08.19 サラトガ トラヴァーズS G1 D10f 2着 S.コーゼン 1位入線 降着 Alydar
1978.09.16 ベルモントパーク マールボロC招待H G1 D9f 2着 S.コーゼン - 3馬身 Seattle Slew
1978.10.14 ベルモントパーク ジョッキークラブ金杯 G1 D12f 5着 S.コーゼン - 19馬身 Exceller
1979.01.07 サンタアニタ マリブS G2 D7f 3着 S.コーゼン - 2馬身1/4 Little Reb
1979.01.20 サンタアニタ サンフェルナンドS G2 D9f 3着 S.コーゼン - 2馬身3/4 Radar Ahead
1979.02.04 サンタアニタ チャールズHストラブS G1 D10f 1着 S.コーゼン 2.01.0 10馬身 (Johnny's Image)
1979.03.04 サンタアニタ サンタアニタH G1 D10f 1着 S.コーゼン R1.58.6 4馬身1/2 (Tiller)
(Painted Wagon)
1979.05.20 ハリウッドパーク カリフォルニアンS G1 D8.5f 1着 S.コーゼン 1.41.2 5馬身 (Syncopate)
1979.06.24 ハリウッドパーク ハリウッド金杯 G1 D10f 1着 S.コーゼン 1.58.4 3/4馬身 (Sirlad)
1979.08.29 ベルモントパーク 一般競走 D8f 1着 S.コーゼン 1.34.0 6馬身 (Island Sultan)
1979.09.22 ベルモントパーク ウッドワードS G1 D10f 1着 S.コーゼン 2.01.6 1/2馬身 (Coastal)
1979.10.06 ベルモントパーク ジョッキークラブ金杯 G1 D12f 1着 S.コーゼン 2.27.4 3/4馬身 Spectacular Bid

種牡馬成績[編集]

  • 産駒数:869頭
  • 勝利産駒:498頭
  • ステークス競走優勝馬:86頭(10%

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

評価[編集]

エクリプス賞[編集]

  • 1977年 - 最優秀2歳牡馬部門受賞
  • 1978年 - 年度代表馬・最優秀3歳牡馬部門受賞
  • 1979年 - 年度代表馬・最優秀古馬牡馬部門受賞

表彰[編集]

血統表[編集]

アファームド血統レイズアネイティヴ系Teddy5×5=6.25% Fighting Fox(Gallant Fox)3×5=15.62%(母内) Sir Gallahad(Bull Dog)4.5.5=12.50%(母内))

Exclusive Native
1965 栗毛
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
Exclusive
1953 栗毛
Shut Out Equipoise
Goose Egg
Good Example Pilate
Parade Girl

Won't Tell You
1962 鹿毛
Crafty Admiral
1948 鹿毛
Fighting Fox Sir Gallahad
Marguerite
Admiral's Lady War Admiral
Boola Brook
Scarlet Ribbon
1957 鹿毛
Volcanic Ambrose Light
Hot Supper
Native Valor Mahmoud
Native Gal F-No.23-b

参考文献[編集]

  • 原田俊治 『新・世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1993年ISBN 4-87900-032-9

外部リンク[編集]