ブランドフォード (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランドフォード
Blandford.jpg
英字表記 Blandford
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1919年5月26日
死没 1935年4月24日
Swynford
Blanche
母の父 White Eagle
生国 イギリス領アイルランド
生産 イギリス国立牧場(ジョージ5世
馬主 サミュエル.C.ドウスン&リチャード・セシル・ドウスン
調教師 リチャード・セシル・ドウスン
競走成績
生涯成績 4戦3勝
テンプレートを表示

ブランドフォード (Blandford) はアイルランド競走馬種牡馬。体質に優れず大レースには出走していないが、数々のハンデを乗り越え種牡馬として成功した。

経歴[編集]

ブランドフォードはアイルランドキルデア州にあったイギリスの国立牧場で誕生した。ブランドフォードは生まれつき祖父ジョンオガウントから受け継いだ右前脚の屈曲、両前脚の長さが違うというハンデを持ち、さらに度々生命の危機にさらされるアクシデントに見舞われた。0歳時には牧場の柵によじ登ろうとして大怪我をし、その傷が癒えて間もなく一時は獣医師がさじを投げるほど重度の肺炎を患い、1歳時には逸走した馬車馬に全身を噛まれ、自力では摂食もできないほどの重傷を負った。

1歳時には怪我のため7月に予定していたジュライセールへの上場が見送られ、12月になってディセンバーセールへ上場された。このセールでブランドフォードは調教師のリチャード・セシル・ドウスンによって720ギニーで落札された(セールの平均落札価格は234ギニー)。ドウスン曰く、前脚の欠点は気になったものの、全体的な馬格が気に入ったという。

競走馬時代[編集]

ブランドフォードは1921年6月8日に競走馬としてデビューした。デビュー戦を優勝し、1週間後に2戦目となるレースに出走した。しかし先頭で迎えたゴール前で膝の痛みを感じてバランスを崩し、2着に敗れた。レース後陣営はブランドフォードを治療に専念させることにし、レースに復帰したのは翌1922年5月のことであった。復帰戦でブランドフォードは翌6月にアイリッシュダービーを優勝するスパイクアイランドを下し優勝した。レース後2か月を置いて出走したプリンセスオブウェールズステークスを優勝したが、レース後重度のの炎症を発症していることが判明。1923年まで治療が続けられたが復帰は困難と判断され、競走馬を引退することになった。ブランドフォードにはクラシック登録がなかった上、体質の問題から目立つ成績を残すことはなかったが、ドウソンは「キャプテンカトル(ブランドフォードと同世代のダービーステークス優勝馬)よりも強い」と公言していたという。

種牡馬時代[編集]

種牡馬になったブランドフォードは1924年からアイルランドのクローラン牧場で供用された。性欲の弱さ、受胎率の低さというハンデを抱えながらも種牡馬成績は良好で、ダービーステークス馬を4頭を輩出し[1]イギリスで3回(1934年1935年1938年)、フランスで1回(1935年)リーディングサイアーになった。当初種付け料は148ギニーであったが、産駒の活躍を受けて1930年に300ギニー、1931年には400ギニーにまで上昇した。ドウソンはブランドフォードの種付け料から毎年2万ポンドの収益を得ていたことから「百万長者の調教師」と呼ばれることになった。なお、全盛期のブランドフォードには4万ポンドの生命保険がかけられていた。

ブランドフォードの産駒は種牡馬として世界各国で大きな成功を収めた。日本へは戦前にプリメロアスフォ-ドステーツマンが輸入され、数多くの活躍馬を輩出した。なお、日本では1960年中央競馬クラシック二冠を達成したコダマの血統がブランドフォードの3×4のインブリードを含んでいたことから、ブランドフォードの3×4のインブリードが生産界で大流行したことがある。

競走成績[編集]

  • 2歳時(2戦1勝) - ケネットプレート、2着 - ウインザーキャッスルステークス
  • 3歳時(2戦2勝) - プリンセスオブウェールズステークス、パラダイスプレート

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

  • ホワイトハリー(オークス)
  • ランバートシムネル(2000ギニー)

血統表[編集]

ブランドフォード血統スウィンフォード系 / Isonomy4×4.5=15.62% Galopin5×4.5=12.50% Hermit4×5=9.38% Sterling5×5.5=9.38%)

Swynford
1907 黒鹿
John o'Gaunt
1901 鹿
Isinglass Isonomy
Deadlock
La Fleche St. Simon
Quiver
Canterbury Pilgrim
1893 栗
Tristan Hermit
Thrift
Pilgrimage The Palmer
Lady Audley

Blanche
1912 鹿 
White Eagle
1905 栗
Gallinule Isonomy
Moorhen
Merry Gal Galopin
Mary Seaton
Black Cherry
1892 青鹿
Bendigo Ben Battle
Hasty Girl
Black Duchess Galliard
Black Corrie F-No.3-o

脚注[編集]

  1. ^ 同様の記録を持つ種牡馬はブランドフォードの他にサーピーターティーズルシリーンの2頭しかいない。

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]