カウントフリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カウントフリート
英字表記 Count Fleet
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1940年3月24日
死没 1973年12月3日
レイカウント
クイックリー
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 ジョン・ダニエル・ヘルツ
馬主 ジョン・ダニエル・ヘルツ
調教師 G.ドン・キャメロン
競走成績
生涯成績 21戦16勝
獲得賞金 250,300ドル
テンプレートを表示

カウントフリート (Count Fleet) は、1940年代に活躍したアメリカ合衆国競走馬1943年に史上6頭目となる現行アメリカ三冠を達成した。20世紀のアメリカ名馬100選・第5位(ブラッド・ホース誌)。

出生[編集]

馬体には見るべきものはなく、気性も悪くてとても扱いづらい馬であったと伝えられているが、生産者のジョン・ダニエル・ヘルツはこの馬をとても気に入っていた。馬名は父レイカウントと母クイックリー(急いでの意)に因みカウントフリート(素早い勘定)と名付けられた。

戦績[編集]

2歳時は15戦に出走し10勝。レースぶりが安定するこの年の後半までは負けることも多く、フューチュリティステークスでは生涯唯一の3着に敗れているが、このフューチュリティステークスが生涯最後の敗戦となる。続くシャンペンステークス、ピムリコフューチュリティを快勝し、2歳最終戦ウォルデンステークスに至っては、スタートから後続を引き離すと30馬身差での圧勝劇を見せている。この年は2歳フリーハンデで過去最高となる132ポンド、全米2歳チャンピオンを獲得した。

3歳になると三冠戦線に挑むが、カウントフリートに挑もうという馬は少なく常に小頭数で行われた。ケンタッキーダービープリークネスステークスウィザーズステークス共に圧勝し、ベルモントステークスでは2頭を相手に、後のセクレタリアトに破られるまでベルモントステークス史上最大着差であった25馬身差で圧勝した。この後はローレンスリアライゼーションステークスに出走するはずだったが、ベルモントステークスの競走中に故障しておりそのまま引退している。

引退後[編集]

引退後は種牡馬としてもまずまずの成績を収めた。1951年には米種牡馬チャンピオンになり、1963年にはチャンピオンブルードメアサイアーになった。1961年にはアメリカ競馬の殿堂入り、1966年に種牡馬を引退した後も1973年まで生きた。

競走成績[編集]

  • 1942年(15戦10勝)米最優秀2歳牡馬
    • シャンペンステークス、ピムリコフューチュリティ
  • 1943年(6戦6勝)米年度代表馬、最優秀3歳牡馬
    • アメリカ三冠(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス)、ウィザーズステークス、ウッドメモリアルステークス

主な産駒[編集]

  • カウントターフ(ケンタッキーダービー)
  • カウンターポイント(ベルモントステークス)
  • ワンカウント(ベルモントステークス、トラヴァーズステークス)
  • キスミーケイト

血統表[編集]

カウントフリート血統サンドリッジ系 / St. Frusquin4×4=12.50%(父内))

Reigh Count
1925 栗毛
Sunreigh
1919 栗毛
Sundridge Amphion
Sierra
Sweet Briar St. Frusquin
Presentation
Contessina
1909 黒鹿毛
Count Schomberg Aughrim
Clonavarn
Pitti St. Frusquin
Florence

Quickly
1930 青毛
Haste
1923 鹿毛
Maintenant Maintenon
Martha Gorman
Miss Malaprop Meddler
Correction
Stephanie
1925 芦毛
Stefan the Great The Tetrarch
Perfect Peach
Malachite Rock Sand
Miss Hanover F-No.6-a

外部リンク[編集]