シンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンダー
Requestpicture.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1997年2月27日
Grand Lodge
Sinntara
生国 アイルランド共和国の旗 アイルランド
生産 His Highness The Aga Khan's Studs S.C
馬主 His Highness Aga Khan
調教師 John M.Oxxアイルランド
競走成績
生涯成績 8戦7勝
獲得賞金 609,000スターリング・ポンド
+644,275アイルランド・ポンド
+6,400,000フラン
テンプレートを表示

シンダー (Sinndar) は、アイルランド競走馬。名前の由来はイラクの山岳地帯より。日本ではシンダールとも表記された。おもな勝ち鞍は2000年エプソムダービーアイリッシュダービー凱旋門賞

現役時代[編集]

2歳時は2戦2勝。デビュー戦を1馬身半差で勝ちあがると、それから2週間後のナショナルステークスG1初勝利を挙げた。

3歳時は初戦のバリサックスステークスこそ2着に敗れたものの、ダービートライアルステークスを勝ちエプソムダービーに向う。エプソムダービーでは4番人気に過ぎなかったが、後の凱旋門賞優勝馬サキーを差しきり、1馬身差で優勝、さらに続くアイリッシュダービーは9馬身差で圧勝した。

その後は秋に備えて休養に入り、前哨戦であるニエル賞を8馬身差で優勝すると、凱旋門賞では前年の覇者モンジューディアヌ賞(仏オークス)優勝馬エジプトバンドヴェルメイユ賞優勝馬ヴォルヴォレッタ等を抑えて英愛ダービー馬として史上初めて凱旋門賞制覇を達成した。この勝利を最後に引退し、種牡馬入りした。この年はカルティエ賞最優秀3歳牡馬に選ばれている。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1999.09.05 カラ 未勝利 芝8f 1着 J.ムルタ 1 1/2馬身 (Garcia Marquez)
1999.09.19 カラ ナショナルS G1 芝8f 1着 J.ムルタ アタマ (Murawwi)
2000.04.16 レパーズタウン バリサックスS 準重 芝10f 2着 J.ムルタ アタマ Grand Finale
2000.05.14 レパーズタウン ダービートライアルS G3 芝10f 1着 J.ムルタ アタマ (Bach)
2000.06.10 エプソム ダービー G1 芝12f10y 1着 J.ムルタ 1馬身 (Sakhee)
2000.07.02 カラ 愛ダービー G1 芝12f 1着 J.ムルタ 9馬身 (Glyndbourne)
2000.09.10 ロンシャン ニエル賞 G2 芝2400m 1着 J.ムルタ 8馬身 (Crimson Quest)
2000.10.01 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 1着 J.ムルタ 1 1/2馬身 (Egyptband)

種牡馬成績[編集]

凱旋門賞後、同馬の馬主であるアーガー・ハーン4世が所有するギルタウンスタッド(アイルランド)で種牡馬入り。2006年からは同じくアーガー・ハーン4世所有のボネヴァル牧場(フランス)で繋養されている。

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

エピソード・特徴[編集]

  • 良馬場でのスピード勝負を身上としていて、ハイペースの中で先行し、そのまま押し切る競馬が多かった。

血統表[編集]

シンダー血統ダンジグ系ノーザンダンサー系) / Somethingroyal 5×5=6.25%

Grand Lodge
1991 栗毛
Chief's Crown
1982 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Six Crowns Secretariat
Chris Evert
La Papagena
1983 黒鹿毛
Habitat Sir Gaylord
Little Hut
Magic Flute Tudor Melody
Filigrana

Sinntara
1989 鹿毛
Lashkari
1981 黒鹿毛
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Larannda Right Royal
Morning Calm
Sidama
1982 鹿毛
Top Ville High Top
Sega Ville
Stoyana Abdos
Bielka F-No.13-c

外部リンク[編集]