ブルーガウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーガウン
英字表記 Blue Gown
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1865年
死没 1880年11月25日
Beadsman
Bas Bleu
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Sir Joseph Hawley
馬主 Sir Joseph Hawley
調教師 John Porter(イギリス
競走成績
生涯成績 11戦8勝
テンプレートを表示

ブルーガウンBlue Gown1865年 - 1880年)は19世紀中ごろにイギリスで活躍した競走馬である。1867年から1869年にかけ11戦8勝、とくに1868年にはエプソムダービーアスコットゴールドカップの2つの大きなレースに優勝した。

馬名は青いガウンの意。これは父Beadsmanから直接連想されたもので、スコットランドにおける公認の乞食 (Beadsman) が青いガウン (Blue Gown) を着ていたこと(彼らはそのためBlue Gownsと呼ばれていた)に由来している。なお、父もダービー馬(1858年)であり、ともにジョゼフ・ハーレイの生産馬である(騎手も共通する)。

種牡馬としては当初ドイツ、1879,1880年はイギリスで供用された。ドイツではウニオンレネンディアナ賞の勝ち馬を出している。1880年秋以降はジェームス・キーンによって1万3300ポンドで購入され、アメリカ合衆国に輸出されることになっていたが、大西洋上を輸送中、嵐に遭遇し重傷を負いそのまま死亡した。遺体は海に捨てられたという。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]