グランディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランディ
英字表記 Grundy
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛(尾花栗毛)
生誕 1972年4月3日
死没 1992年5月26日(20歳没・旧21歳)
Great Nephew
Word from Lundy
母の父 Worden
生国 アイルランド共和国の旗 アイルランド
生産 The Overbury Stud
馬主 カルロ・ヴィッタディーニ
調教師 ピーター・ウォールウィン(イギリス)
競走成績
生涯成績 11戦8勝
獲得賞金 326,421ポンド
TFR 137ポンド
テンプレートを表示

グランディ (Grundy) とは、アイルランドで生産され、イギリスで調教された競走馬種牡馬である。

現役時代[編集]

2歳時はデビューから4連勝でG1のデューハーストステークスを優勝し、クラシックの有力候補となる。

3歳に入り、調教中に僚馬に顔面を蹴られて鼻骨を骨折するアクシデントに遭い、2000ギニーの前哨戦であるグリーナムステークスと2000ギニーで連続して2着に敗れたが、その後アイリッシュ2000ギニーダービーステークスアイリッシュダービーと英愛のクラシックレースを楽勝、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに臨み、当時の古馬最強馬バスティノとの大激戦の末、半馬身差で勝利を収める。この時マークした2分26秒98という驚異的なレースレコードは2010年ハービンジャーにコンマ2秒破られるまで35年間保持され続けた。[1]。このバスティノとのマッチレースは、世紀のレース(Race of the Century)とまで称され、イギリス競馬史上に残る名勝負のひとつとされる。この1戦で燃え尽きたのか、その後は1度レースに出走(結果は4着)して3歳いっぱいで競走馬を引退した。

その後[編集]

1976年からイギリスナショナルスタッドで種牡馬入りし、3頭のG1優勝馬を輩出した。引退したばかりのハギノトップレディが渡英して種付けされたこともある。しかし現役時の能力と比較して期待ほどの種牡馬成績ではなかったこともあって、1983年には日本中央競馬会に約7億円で売却され、日本軽種馬協会静内種馬場で繋養された。日本では当時の欧州最強馬として大変期待され、すでに種牡馬としてイギリスクラシック馬を輩出しているという実績から成功を疑うものはほとんど無く、当初は多くの良血繁殖牝馬を集めたが、芝の長距離専門で日本の馬場への適性が低いという産駒の傾向もあって日本での種牡馬成績は不振を極め、中央競馬では重賞勝ち馬どころかオープン馬すら出せず、ダート適性もないため地方の重賞勝ち馬すら出せないという惨憺たる結果に終わった。最大の馬産地である北海道での需要がなくなると栃木県、さらに鹿児島県で種牡馬生活を送ったが、晩年は鹿児島ですらほとんど繁殖牝馬を集められなかった。1992年春に病死した。

おもな産駒[編集]

日本国外
日本

血統表[編集]

グランディ(Grundy)血統フェアウェイ系FairwayPharos3×5=15.63%(父内)、Nearco4×5=9.38%、Lady Peregrine4×5=9.38%)

Great Nephew
1963 鹿毛 イギリス
Honeyway
1941 黒鹿毛 イギリス
Fairway Phalaris
Scapa Flow
Honey Buzzard Papyrus
Lady Peregrine
Sybil's Niece
1951 栗毛 イギリス
Admiral's Walk Hyperion
Tabaris
Sybil's Sister Nearco
Sister Sarah

Word from Lundy
1966 鹿毛 イギリス
Worden
1949 栗毛 フランス
Wild Risk Rialto
Wild Violet
Sans Tares Sind
Tara
Lundy Princess
1960 黒鹿毛 アイルランド
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Lundy Parrot Flamingo
Waterval F-No.8-k

全弟センチュリアス(イギリスGIII勝ち馬)は1982年ジャパンカップに出走している。

脚注[編集]

  1. ^ 従来のレースレコードは第1回でSupreme Courtがマークした2分29秒66。それ以来2分30秒を切るタイムが出たことは一度もなかった。グランディ以降2分27秒台は4頭が記録しているが、2分27秒5を切った馬はハービンジャーによってレースレコードが更新されるまで出なかった。なおコースレコードとしては1983年のハードウィックステークス(G2)でスタネーラ(第3回ジャパンカップ勝ち馬)が2分26秒90をマークして更新した。現在のコースレコードは2004年ハードウィックステークスでDoyenがマークした2分26秒53。

参考文献[編集]

  • 『競馬種牡馬読本』 宝島社〈別冊宝島〉、1995年ISBN 4-7966-9239-8

外部リンク[編集]