マンデュロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンデュロ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2002年3月9日
Monsun
Mandellicht
母の父 Be My Guest
生国 ドイツの旗 ドイツ
生産 Rolf Brunner
馬主 G.フォン・ウルマン男爵
調教師 ピーター・シールゲン(ドイツ
アンドレ・ファーブルフランス
競走成績
生涯成績 18戦10勝
獲得賞金 1,513,996ユーロ
WTRR 131 芝中距離(2007年)
GAG 105 kg (2007年)
テンプレートを表示

マンデュロ (Manduro) はドイツ生まれで、現役時代はドイツ、フランスイギリスイタリアで走った競走馬2008年より種牡馬となった。半姉2003年ディアナ賞3着のマンデラ (Mandela) がいる。

経歴[編集]

現役時代[編集]

2004年9月にドイツでデビューし勝利すると、その後のG3ヴィンターファヴォリテン賞で重賞初勝利。この年2戦2勝でシーズンを終える。

2005年は11ヵ月の休養を経て準重賞に出走。久々ながらも後続に2馬身差をつける快勝で復活すると、続くG3ドイツ統一賞も勝利した。しかし4戦4勝で初G1出走となったローマ賞では1番人気に支持されながらも、前走ドイツ統一賞で負かしたソルジャーホロウに完敗の4着になり、初敗戦を喫した。

2006年はフランスのアンドレ・ファーブル厩舎に移籍し、この年初戦のG2アルクール賞を制した。が、この後は7戦して2着3回、3着4回となかなか勝ち切れない競走が続いた。

しかし2007年はG3アールオブセフトンステークスで約1年ぶりの勝利を挙げるとイスパーン賞で悲願であったG1を初制覇、続くプリンスオブウェールズステークスジャック・ル・マロワ賞と勝ち進み完全復活を果たした。さらに初めての2400m戦に挑んだフォワ賞でもマンデシャを振り切り、同年無敗の5連勝を飾った。その後は凱旋門賞出走が予定されていたが、フォワ賞直後に右後肢の管骨を骨折している事が判明し、陣営は引退を決断した。8月にはワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングで、芝部門で世界最高となる128ポンドの評価を与えられていた。

種牡馬時代[編集]

2008年からはダーレーグループ傘下でイギリスにあるダルハムホールスタッド種牡馬となる。2011年に初年度産駒デビュー。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

マンデュロ血統(バーラム系(ブランドフォード系) / Dschingis Khan3×4=18.75%)

Monsun
1990 黒鹿毛
Konigsstuhl
1976 黒鹿毛
Dschingis Khan Tamerlane
Donna Diana
Konigskronung Tiepoletto
Kronung
Mosella
1985 鹿毛
Surumu Literat
Surama
Monasia Authi
Monacensia

Mandellicht
1994 青鹿毛
Be My Guest
1974 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
What a Treat Tudor Minstrel
Rare Treat
Mandelauge
1989 黒鹿毛
Elektrant Dschingis Khan
Elektra
Mandriale Norfolk
Mariapolis F-No.3-d

外部リンク[編集]