ウォーニング (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォーニング
英字表記 Warning
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1985年
死没 2000年12月7日
Known Fact
Slightly Dangerous
母の父 Roberto
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Juddmonte Farms
馬主 Khalid Abdulla
調教師 Guy Harwood(イギリス)
競走成績
生涯成績 14戦8勝
テンプレートを表示

ウォーニング (Warning) とはイギリス競走馬および種牡馬である。1987年ヨーロッパ最優秀2歳牡馬。馬名は英語で「警告」の意。父、母ともに本馬の馬主であるハーリド・ビン・アブドゥッラー殿下が所有していた。

父のKnown FactはNureyevの降着から繰り上がりで2000ギニーを勝った馬で馬主にとって初のイギリスのクラシック勝利となり、非常に思い入れのある馬であった。

母のSlightly Dangerousは凱旋門賞の優勝馬であるRainbow Quest叔母にあたり、オークス2着などの実績を持つ。また、繁殖牝馬としても本馬のほかにCommander In Chiefなども輩出し、成功している。

本馬は父と同じくマイル戦を得意としていた。主戦騎手パット・エデリー

戦跡[編集]

1987年にデビュー。デビュー戦、2戦目と共に5馬身、10馬身差の圧勝劇で続くリッチモンドステークスG2)で重賞初勝利。さらにシャンペンステークス(G2)でも勝ち星を重ね、この年G1未勝利ながら欧州の最優秀2歳牡馬に選出される。これはこの年、イギリス2歳王者決定戦であったデューハーストステークスが中止になったこと、ウォーニングが圧勝の連続でこの年無敗であったことが考えられる。

1988年の初戦、クレイヴァンステークス(G3)ではもちろんの事ながら単勝1.6倍の大本命に推される。が、後に2000ギニーを勝つDoyounに4馬身差の2着と惨敗し、生涯初敗戦となってしまう。この時ウォーニングはウイルス性の疾患にかかってしまい、クラシック出走を断念せざるを得なかった。しかし回復後の準重賞を勝って臨んだサセックスステークスで勝利し、初G1制覇をあげた。続くジャック・ル・マロワ賞では、当時の欧州マイル路線のトップスターが集結する中、ウォーニングは名牝Miesqueの2番人気に支持された。結果もミエスクの2着となった[1]。次走のクイーンエリザベス2世ステークスで勝利しG1勝ち数を2にするが、ブリーダーズカップ・マイルでは馬場が合わなかったのか、勝ち馬Miesqueから32馬身差の11着と大惨敗を喫してしまった。

1989年ロッキンジステークス(G2)から始動したウォーニングだったがMost Welcomeの2着と惜敗する。クイーンアンステークス(G2)ではレースレコードで勝利を収めたものの、距離が10ハロンに伸びたエクリプスステークスでは勝ち馬Nashwanの20馬身差の4着に惨敗、連覇をかけたサセックスステークスでもZilzalから9馬身離された6着と惨敗する。この後はブリーダーズカップ・マイルの挑戦を視野に入れていたが、結局取り消され現役を引退する。

年度別競走成績[編集]

  • 1987年(4戦4勝) - リッチモンドステークス(G2)、シャンペンステークス(G2)
  • 1988年(5戦3勝) - サセックスステークス(G1)、クイーンエリザベス2世ステークス(G1)
  • 1989年(4戦1勝) - クイーンアンステークス(G2)

種牡馬入り後[編集]

引退後はイギリスにあるバンステッドマナースタッドで種牡馬入り、後に日本に輸入された。産駒は欧州でも日本でも短距離向きの産駒を多く輩出していた。が、中には異色の産駒もおり、4000メートルのカドラン賞(G1)を勝ったGive Noticeはまさにその典型的な例である。2000年に心不全のため死亡、15歳という早逝だった。

現在は、主にG1を勝った産駒が種牡馬入りして一定の成績を残している。Charnwood Forest[2]のように実績と血統を買われて種牡馬入りしている産駒もいる。

代表産駒[編集]

日本国外調教馬[編集]

日本国内調教馬[編集]

活躍馬ではないが、ウォーニングムスメ[3]という珍名馬も父の名前を有名にした。

血統表[編集]

ウォーニング血統マンノウォー系Bull Lea 5×5=6.25%、War Relic 5×5=6.25%

Known Fact
1977 鹿毛
In Reality
1964 鹿毛
Intentionally Intent
My Recipe
My Dear Girl Rough'n Tumble
Iltis
Tamerett
1962 黒鹿毛
Tim Tam Tom Fool
Two Lea
Mixed Marriage Tudor Minstrel
Persian Maid

Slightly Dangerous
1979 鹿毛
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Where You Lead
1970 栗毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Noblesse Mossborough
Duke's Delight F-No.14-f

脚注[編集]

  1. ^ 鞍上のパット・エデリーは「負ける気がしなかった。(Miesqueが)あんな末脚を使うとは信じられない」と話している。
  2. ^ 2001年死亡。代表産駒には2004年香港マイルを勝ったFirebreak等がいる。
  3. ^ 99年産。牝、3勝。当時の人気アイドルグループであったモーニング娘。に掛けた名前となっている。

外部リンク[編集]