シーザスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーザスターズ
Sea the stars.jpg
2000ギニー出走時(2009年5月2日)
英字表記 Sea The Stars
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年4月6日(8歳)
Cape Cross
Urban Sea
母の父 Miswaki
生国 アイルランド共和国の旗 アイルランド
生産 Sunderland Holdings
馬主 Christopher Tsui
調教師 John M Oxx (アイルランド
競走成績
生涯成績 9戦8勝
獲得賞金 4,695,446ユーロ
テンプレートを表示

シーザスターズ (Sea The Stars) は、アイルランド産の競走馬である。2009年2000ギニーダービーを制してナシュワン以来のイギリスクラシック二冠を達成し、凱旋門賞に優勝した。母も同じく凱旋門賞を制したアーバンシー。半兄に同じくダービーを制したガリレオがいる。

現役時代[編集]

2歳時(2008年)[編集]

ジョン・オックス厩舎から2008年7月にデビュー。初戦は4着に敗れた。これが生涯唯一の敗戦である。2戦目で初勝利を挙げたあと、9月28日カラ競馬場で行われた距離8ハロンのG2ベレスフォードステークスも連勝し、重賞を初制覇した。良血ということも手伝ってか、2009年クラシック戦線でクラウデッドハウスと並んで有力候補の一頭とされる。

3歳時(2009年)[編集]

ステップレースを使わずに直行した2000ギニーには前哨戦のG3クレイヴンステークスを制したデレゲーター、前年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬マスタークラフツマンなどの強豪が出走しており、良血とはいえそれほど実績を残していなかったシーザスターズは6番人気にとどまっていた。しかし、レースではデレゲーターを差し切り1馬身半差で優勝した。

続いて二冠目を目指してダービーに出走。レース前までは、血統などから距離延長が不安視されており、ジョン・オックス調教師も、雨で馬場が重くなれば、近年の2000ギニー優勝馬のように同レースを回避する可能性も示唆していたが、結局リフューズトゥベンド以来6年ぶりに2000ギニー優勝馬としてダービーに出走した。レースでは、内ラチ沿いで逃げたゴールデンソード、エイジオブアクエリアスを窺いながらレースを進め、最後の直線で逃げ粘るゴールデンソードを交わすと、追い込んできたフェイムアンドグローリー以下を退けて優勝。兄ガリレオとの兄弟制覇を達成した。2000ギニー、ダービーの二冠を達成したのは、1989年ナシュワン以来20年ぶりである。

次走にはアイリッシュダービーが予定されていたが、馬場状態が悪化したことから回避。古馬との初対戦となるエクリプスステークスに参戦した。前年のセントレジャーステークスブリーダーズカップターフを制したコンデュイットらの強豪古馬勢も出走していたが、単勝オッズ1.6倍の圧倒的1番人気に支持され、レースでは早めに抜け出し先頭に立つと、このレースのあとにサセックスステークスクイーンエリザベス2世ステークスとGIを連勝するリップヴァンウィンクル、同じくこのレースのあとにキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを制するコンデュイットを振り切り快勝した。

インターナショナルS出走時

続くインターナショナルステークスマイケル・スタウト厩舎のタータンベアラーが回避したことにより4頭立てで行われ、シーザスターズ以外はエイダン・オブライエン厩舎の管理馬という構図になった。レースは2000ギニーの敗戦後にアイリッシュ2000ギニーセントジェームズパレスステークスのGIを連勝してきたマスタークラフツマンとシーザスターズの事実上の一騎打ちとなり、先に抜けだしたマスタークラフツマンをゴール前で差し切り、1馬身の差をつけ勝利、G1競走4連勝を達成した。

続いて中2週アイリッシュチャンピオンステークスに臨んだ。前走に続きマスタークラフツマンが出走してきたほか、英ダービーの敗戦後アイリッシュダービーを制したフェイムアンドグローリーも参戦し、実質的にこの3強の対決となった。シーザスターズに敗戦続きのオブライエン厩舎は、前記2頭のほか3頭を出走させ、計5頭によるシーザスターズ包囲網を形成して必勝を期したが、レースでは先頭に躍り出たフェイムアンドグローリーを並ぶ間もなく交わし、2馬身2分の1差をつけて快勝し、G1競走5連勝を達成した。

凱旋門賞出走時(2009年10月4日)

次走は凱旋門賞。馬場状態によっては回避し、チャンピオンステークスに向かう可能性もあったが、結局出走した。このレースにはコンデュイット、フェイムアンドグローリーらこれまでに対戦した馬のほか、2007・2008年の凱旋門賞2着馬ユームザイン、GI3連勝を含む6戦全勝のキャリアで出走してきたスタセリタ、そのスタセリタに前走で先着するも降着となった2009年GI2勝のダーレミパリ大賞典ニエル賞と凱旋門賞と同じロンシャン競馬場の2400メートルの重賞を連勝中のキャヴァルリーマン、前年のジョッケクルブ賞勝ち馬で2009年もGIを2勝しているヴィジョンデタと強力なメンバーが揃ったが、現地ではレース前から最有力候補と目されており、ブックメーカーの単勝オッズも2.0倍を切る圧倒的な支持を得た。レースでは好スタートを決めるが、その影響で行きたがるそぶりを見せ、騎手のマイケル・キネーンが必死に抑えて徐々にラチ沿いの中団グループまでポジションを下げる。レースはそのまま進み、最後の直線残り200メートルの地点で先頭に立っていたスタセリタを、インコースから馬群をさばいて交わし、ユームザイン以下の追撃を封じるとそのまま先頭で押し切り2分26秒3の好タイムで快勝、G1競走6連勝を達成した。2000ギニー、ダービー、凱旋門賞を同一年にすべて制覇したのは史上初の快挙であった。また、1980年優勝馬デトロワ・1994年優勝馬カーネギー母仔に次ぐ2組目となる母・アーバンシーとの母仔制覇を成し遂げた。

その後はブリーダーズカップ・クラシックなどに出走するプランも検討されていたが、10月13日にオーナーサイドから引退することが正式に発表された[1]。10月27日には、種牡馬としてアイルランドのギルタウンスタッドで繋養されることが発表された[2]。11月17日には、2009年度のカルティエ賞年度代表馬および最優秀3歳牡馬を受賞した。2010年1月13日に発表された2009年度のワールド・サラブレッド・ランキングでは、アイリッシュチャンピオンステークスのパフォーマンスに対して136ポンドが与えられ、年間世界1位となった。135ポンドを超えるレーティングは、1997年の凱旋門賞馬パントレセレブルの137ポンド以来12年ぶりであった。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2008.07.13 カラ メイドン 芝7f 4着 M.キネーン アタマ Driving Snow
0000.08.17 レパーズタウン メイドン 芝7f 1着 M.キネーン 2 1/2馬身 (Dark Humour)
0000.09.28 カラ ベレスフォードS G2 芝8f 1着 M.キネーン 1/2馬身 (Mourayan)
2009.05.02 ニューマーケット 2000ギニー G1 芝8f 1着 M.キネーン 1 1/2馬身 (Delegator)
0000.06.06 エプソム ダービー G1 芝12f10y 1着 M.キネーン 1 3/4馬身 (Fame and Glory)
0000.07.04 サンダウン エクリプスS G1 芝10f7y 1着 M.キネーン 1馬身 Rip Van Winkle
0000.08.18 ヨーク 英国際S G1 芝10f88y 1着 M.キネーン 1馬身 (Mastercraftsman)
0000.09.05 レパーズタウン 愛チャンピオンS G1 芝10f 1着 M.キネーン 2 1/2馬身 (Fame and Glory)
0000.10.04 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 1着 M.キネーン 2馬身 (Youmzain)

種牡馬時代[編集]

2010年の種付け料は8万5000ユーロに設定された。初年度には、2008年の凱旋門賞優勝馬ザルカヴァ、2009年のジャパンカップ優勝馬ウオッカ、2006年の1000ギニー優勝馬スペシオーサ、2007年の英・愛1000ギニー優勝馬フィンシャルベオ、2000年の英オークス優勝馬ラブディバイン、2008年の英オークス優勝馬ルックヒアー、2008年のコロネーションステークスヨークシャーオークス優勝馬ラッシュラッシーズ[3]、2009年のジャンロマネ賞優勝馬アルペンローズらのGI優勝馬、グランデラジョージワシントン兄弟の母ボルディゲラ、アザムールの母アスマラ、ザルカヴァの母ザルカシャらのGI優勝馬の母馬らを含む140頭の牝馬に種付けを行った[4][5]

2013年に産駒がデビュー。同年は重賞勝ち馬を出したものの、2歳リーディングでは期待ほどの成績を挙げられなかった。しかし、翌年産駒が3歳になると、38年ぶりとなる3歳牝馬によるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス優勝を無敗で達成したタグルーダドイチェスダービーを外ラチまでふくらみながらも大差で圧勝したシーザムーンなどを送り出し、一転して高い評価を獲得した。

主な産駒[編集]

G1勝ち馬[編集]

2011年産

その他の主な産駒[編集]

2011年産
  • Afternoon Sunlight(母:Lady Luck by Kris) - デリンズタウンスタッド1000ギニートライアル(G3)
  • My Titania(母:Fairy of the Night by Danehill) - C.L.ウェルドパークS(愛G3)
  • Zarshana(母:Zarkasha by Kahyasi)-ミネルヴァ賞(仏G3)
  • Shamkiyr(母:Shemaya by Darshaan) - ジョッケクルブ賞(仏G1)2着

血統表[編集]

シーザスターズ血統ダンジグ系 / アウトブリード

Cape Cross
1994 黒鹿毛
Green Desert
1983 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Foreign Courier Sir Ivor
Courtly Dee
Park Appeal
1982 黒鹿毛
Ahonoora Lorenzaccio
Helen Nichols
Balidaress Balidar
Innocence

Urban Sea
1989 栗毛
Miswaki
1978 栗毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
Allegretta
1978 栗毛
Lombard Agio
Promised Lady
Anatevka Espresso
Almyra F-No.9-h

脚注[編集]

  1. ^ Sea The Stars retired after glittering career - Racing Post
  2. ^ シーザスターズの繋養先決定 競馬総合データ情報サイト ホースナビ
  3. ^ ラッシュラッシーズは本馬の半兄ガリレオの産駒であり、母アーバンシーの2×3という強いインブリードが発生することで注目されていたが、結局流産してしまった。参考として高井大輔「仔たちによる夢の競演に思いを馳せ…」
  4. ^ VODKA IN FOAL TO SEA THE STARS AGA KAHN STUD 2010年6月3日 2010年6月4日閲覧
  5. ^ Sea The Stars ends first season with 140 covers racingpost.com 2010年6月22日 2010年6月24日閲覧
  6. ^ Head filly loses Group 1 win after positive test

外部リンク[編集]