グリーナムステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グリーナムステークスGreenham Stakes)は、イギリスのニューベリー競馬場で行われる競馬の競走2000ギニーの前哨戦として知られる。2014年の格付はG3。

グリーナムステークス
Greenham Stakes
競馬場 ニューベリー競馬場
創設 1906年
距離 芝直線7ハロン
(約1408メートル)
格付け G3
賞金 1着賞金 34,026ポンド(2014年)
賞金総額 60,000ポンド(2014年)
出走条件 3歳牡馬・騙馬
負担重量 9ストーン
(約57.15kg
テンプレートを表示

概要[編集]

グリーナムステークスは、ヨーロッパの平地競馬シーズン初めの4月前半に行われる3歳牡馬の競走である[1]クレイヴンステークスとともに、ヨーロッパ各地の牡馬クラシックレースの重要な前哨戦とみなされている[1][2]。1970年にヨーロッパにグループ制が敷かれて以来、G3に格付けされている。

ヨーロッパクラシック戦の前哨戦[編集]

グリーナムステークスは、有力な3歳馬にとってシーズン最初の重賞となる場合も多く、歴代優勝馬の中でその年に特筆すべき成績を残したものとしては、1909年優勝のミノル(Minoru、この年のクラシック二冠)、1923年の優勝馬パース(Parth、この年の凱旋門賞優勝)、ミルリーフ(Mill Reef、この年の全欧年度代表馬)、クリス(Kris、この年の全欧チャンピオンマイラー)などがいる。

近年のグリーナムステークスの優勝馬の中で最も活躍したのは2011年のフランケルである。フランケルはグリーナムステークス優勝を皮切りに、2000ギニーをはじめG1を無傷のまま4連勝、この年の全欧年度代表馬に選出された[1]

このほか、グリーナムステークスの優勝馬で2000ギニーに勝ったものとしては、ミノル(Minoru)、オーウェル(Orwell)、ウォロー(Wollow)がいる。また、1992年にグリーナムステークスで4着だったロドリゴデトリアーノがその後2000ギニーで優勝している[1]。イギリス以外では、1998年の優勝馬ヴィクトリーノート(Victory Note)がプール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)に勝った[1]

スプリングトライアル開催[編集]

イギリスでは秋から春にかけてが障害競馬のシーズンとなっており、ニューベリー競馬場でも3月の末に障害戦がフィナーレを迎える。そして4月になると、いよいよ平地競走のシーズンが始まり、3歳クラシック戦線がスタートする。ニューベリー競馬場では毎年4月に恒例の「スプリングトライアル開催(Spring Trials Meeting)」を行っている[3]。近年は航空関連会社のドバイデューティーフリーがスポンサーとなって、「ドバイデューティーフリー・スプリングトライアル開催」として行われている。

この開催では、3歳牡馬の2000ギニーの前哨戦としてグリーナムステークス、3歳牝馬の1000ギニー前哨戦のフレッドダーリンステークス、古馬の重賞としてクラシック距離ジョンポーターステークス(G3、1マイル4ハロン5ヤード=約2419メートル)が行われる[4]

2014年のスプリングトライアル開催にはエリザベス女王が臨席した[5]

レース名について[編集]

グリーナムステークスの名前は、ニューベリー競馬場があるグリーナム行政教区に由来する[3]

原語の“Greenham”の日本語カタカナ転記については「グリーナム」「グリーンハム」などが見られるが、本項では日本での競馬関係文献での一般的表記として「グリーナム」で統一する。

スポンサー名について[編集]

グリーナムステークスでは、1970年代に生命保険会社のClerical Medical社、1980年代から1994年までは金融会社のSinger & Friedlander社がスポンサーを務めた。1995年から4年間Tripleprint社がスポンサーとなり、「トリプルプリントステークス」の名称で行われていた時期がある。ただしこの時期でも競走成績書には「グリーナムステークス」と記載される。2000年からはレーンズエンド牧場(Lane's End)、バズウィックタイヤ社(Bathwick Tyres)、トートスポーツドットコム(totesport.com)、エーオン社がスポンサーとなり、いずれも競走名にスポンサー名を冠して開催された。これらの場合も、競走成績書には「グリーナムステークス」と記載される[3][6]

なお、上述のスプリングトライアル開催でグリーナムステークスと同日に開催されるフレッドダーリンステークスは、イベントのスポンサー名から「ドバイデューティーフリーステークス」の名称で行われるが、競走成績書には本来の「フレッドダーリンステークス」と記載される[7]。同様にジョンポーターステークスも、イベント開催上は「ドバイデューティーフリー・ファイネストサプライズステークス」の名称でおこなわれるが、成績書上は「ジョンポーターステークス」となる[8]

歴史[編集]

グリーナムステークスは1906年に創設され、第二次世界大戦が始まるまでは1マイル(約1609メートル)で行われていた[3]。1941年から1948年までの間は中断され、1949年に再開された時に7ハロン60ヤード(約1463メートル)になった。1956年からは7ハロン(1408メートル)に短縮されて行われている[3]

記録[編集]

最多勝騎手[編集]

最多勝調教師[編集]

  • ヘンリー・セシル調教師 - 6勝。1976年、1979年、1982年、1986年、1999年、2011年
  • リチャード・ハノン調教師(en:Richard Hannon, Sr.) - 6勝。1990年、2002年、2007年、2008年、2010年、2013年

歴代勝馬[編集]

*印は日本輸入馬。(国際競走出走のための一時的なものも含む)

1906年-1940年(1マイル時代)[編集]

  • 1906: Rocketter
  • 1907: Donna Caterina
  • 1908: Sir Toby
  • 1909: Minoru
  • 1910: Bronzino
  • 1911: Sydmonton
  • 1912: Jingling Geordie
  • 1913: Shogun
  • 1914: Sunny Lake
  • 1915: Let Fly、Sunfire※
  • 1916: Analogy
  • 1917: 中止(第一次世界大戦
  • 1918: 中止(第一次世界大戦)
  • 1919: *ポリグノータス
  • 1920: Silvern
  • 1921: 中止
  • 1922: Weathervane

※1915年は同着。

  • 1923: Parth
  • 1924: Green Fire
  • 1925: Sparus
  • 1926: Friar Wile
  • 1927: Lordland
  • 1928: The Wheedler
  • 1929: Sidonia
  • 1930: Christopher Robin
  • 1931: Link Boy
  • 1932: Orwell
  • 1933: Harinero
  • 1934: Zelina
  • 1935: *セフト
  • 1936: Noble King
  • 1937: Fairford
  • 1938: Mirza II
  • 1939: Fairstone
  • 1940: Tant Mieux

1941年-1955年(7ハロン60ヤード時代)[編集]

  • 1941: 中止(第二次世界大戦)
  • 1942: 中止(第二次世界大戦)
  • 1943: 中止(第二次世界大戦)
  • 1944: 中止(第二次世界大戦)
  • 1945: 中止(第二次世界大戦)
  • 1946: 中止(第二次世界大戦)
  • 1947: 中止(第二次世界大戦)
  • 1948: 中止(第二次世界大戦)
  • 1949: Star King
  • 1950: Port o'Light
  • 1951: 中止
  • 1952: Serpenyoe
  • 1953: March Past
  • 1954: *インファチュエイション
  • 1955: Counsel

1956年以降(7ハロン時代)[編集]

施行年 格付 優勝馬
1956 *ラティフィケイション
1957 Pipe of Peace
1958 Paresa
1959 Masham
1960 Filipepi
1961 Primus
1962 *ロムルス
1963 Fighting Ship
1964 Excel
1965 Silly Season
1966 中止
1967 Play High
1968 Heathen
1969 Tower Walk
1970 G3 Gold Rod
1971 G3 Mill Reef
1972 G3 Martinmas
1973 G3 Boldboy
1974 G3 Glen Strae
1975 G3 Mark Anthony
施行年 格付 優勝馬
1976 G3 Wollow
1977 G3 He Loves Me
1978 G3 Derrylin
1979 G3 Kris
1980 G3 Final Straw
1981 G3 Another Realm
1982 G3 *カジュン
1983 G3 *ワッスル
1984 G3 Creag-an-Sgor
1985 G3 Bairn
1986 G3 Faustus
1987 G3 Risk Me
1988 G3 Zelphi
1989 G3 Zayyani
1990 G3 Rock City
1991 G3 Bog Trotter
1992 G3 Lion Cavern
1993 G3 Inchinor
1994 G3 Turtle Island
1995 G3 Celtic Swing
1996 G3 Danehill Dancer
1997 G3 Yalaietanee
1998 G3 Victory Note
1999 G3 Enrique
2000 G3 Barathea Guest

※2000年はニューマーケット競馬場で開催。

施行年 格付 優勝馬
2001 G3 Munir
2002 G3 Redback
2003 G3 Muqbil
2004 G3 Salford City
2005 G3 Indesatchel
2006 G3 Red Clubs
2007 G3 Major Cadeaux
2008 G3 Paco Boy
2009 G3 Vocalised
2010 G3 Dick Turpin
2011 G3 Frankel
2012 G3 Caspar Netscher
2013 G3 Olympic Glory
2014 G3 Kingman

脚注[編集]

出典[編集]

基礎情報[編集]

各回結果[編集]

「グリーナム」表記の出典[編集]

  • 『日本の種牡馬録8』白井透・著、サラブレッド血統センター・刊、1998、p26
  • 『サラブレッド種牡馬銘鑑』第2巻,日本中央競馬会・刊,1972、pVII
  • 『サラブレッド血統事典』山野浩一・吉沢譲治、二見書房、1992、1996、p617
  • 『新・世界の名馬』原田俊治・著、サラブレッド血統センター・刊、1993、p163

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b c d e Betting-Directory.com Greenham Stakes2014年4月26日閲覧。
  2. ^ HRUK Greenham Stakes History2014年4月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e FRIX Greenham Stakes2014年4月26日閲覧。
  4. ^ ニューベリー競馬場公式HP スプリングトライアル開催2014年4月26日閲覧。
  5. ^ ZIMBO Dubai Duty Free Spring Trials2014年4月26日閲覧。
  6. ^ Galopp-Sieger Greenham Stakes2014年4月26日閲覧。
  7. ^ FRIX Fred Darling Stakes2014年4月26日閲覧。
  8. ^ FRIX John Porter Stakes2014年4月26日閲覧。
  9. ^ 一部回次欠落部については英語版による。

関連リンク[編集]