コマンダーインチーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コマンダーインチーフ
英字表記 Commander in Chief
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1990年5月18日
死没 2007年6月12日(17歳没)
ダンシングブレーヴ
Slightly Dangerous
母の父 Roberto
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Juddmonte Farms
馬主 Khaled bin Abdullah al Saud
調教師 Henry R.A.Cecil(イギリス)
競走成績
生涯成績 6戦5勝
獲得賞金 877,389ポンド
テンプレートを表示

コマンダーインチーフ (Commander in Chief)とは、イギリス競走馬である。デビューから2か月でエプソムダービーアイリッシュダービーを制した。ヨーロッパで活躍した数少ないダンシングブレーヴ産駒の一頭。

戦績[編集]

生まれたのが遅く、その分ほかの馬に比べ成長も遅かったため、デビューは3歳4月までずれこむ。ここを6馬身差で圧勝すると、3連勝でエプソムダービーに挑むことになった。しかし3勝目が苦戦したことや、鞍上のパット・エデリーにはテンビーという有力なお手馬がいたこともあり、騎手がマイケル・キネーンに代わっての参戦となった。しかし、1番人気のテンビーは直線で失速し10着、一方2番人気のコマンダーインチーフは最後まで伸びを欠かず、父の成し遂げられなかったエプソムダービー制覇を達成した。

続いてアイリッシュダービーに出走。ここではジョッケクルブ賞の勝ち馬エルナンドとの対決が注目されたが、最後の直線で激しく競り合うと3/4馬身差でエルナンドを下した。その後キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに出走。コマンダーインチーフは並み居る強豪を抑えて1番人気に支持された。ところが、直線で早めに先頭に立ったもののオペラハウスにすぐに交わされ、さらには同じダンシングブレーヴ産駒でデルビーイタリアーノ優勝馬のホワイトマズルの追い込みの前にハナ差交わされ3着に敗れてしまう。このレースを最後に引退した。

種牡馬時代[編集]

引退後は、日本で種牡馬入りとなった。優駿スタリオンステーションに繋養され、初年度からGIホースを輩出、以後も芝・ダート問わず多くの重賞馬を出した。2007年6月12日、右後肢骨折により安楽死の処分が取られた。後継種牡馬はスエヒロコマンダーラスカルスズカレギュラーメンバーなどがいる。

代表産駒[編集]

母の父としての代表産駒[編集]

GI・JpnI馬のみ記載

血統表[編集]

コマンダーインチーフ(Commander in Chief)血統リファール系Nearco 5×5=6.25%、Native Dancer 5×4=9.38%)

*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave 1983
鹿毛 アメリカ
Lyphard 1969
鹿毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
Navajo Princess 1974
鹿毛 アメリカ
Drone Sir Gaylord
Cap and Bells
Olmec Pago Pago
Chocolate Beau

Slightly Dangerous 1979
鹿毛 アメリカ
Roberto 1969
鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Where You Lead 1970
栗毛 アメリカ
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Noblesse Mossborough
Duke's Delight F-No.14-f

外部リンク[編集]