ロージズインメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロージズインメイ
英字表記 Roses in May
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2000年2月9日(14歳)
死没 (現役種牡馬)
Devil His Due
Tell a Secret
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Margaux Farm LLC.
馬主 Ken & Sarah Ramsey
調教師 Dale Romans (USA)
競走成績
生涯成績 13戦8勝
獲得賞金 5,490,187ドル
テンプレートを表示

ロージズインメイ (Roses in May) はアメリカ合衆国生産の競走馬。アメリカ・ドバイで走り、ドバイワールドカップ勝ちを含むG1競走2勝を挙げた。

戦績[編集]

デビューは3歳の2003年5月。デビュー戦は2着に敗れ、その後未勝利戦と一般戦で通算4戦2勝としたあと、ジェロームハンデキャップ (G2) で初めて重賞に出走したが、勝ったDuringから10馬身離された6着に終わった。

翌2004年は初戦の一般競走から連勝を重ね、コーンハスカーブリーダーズカップハンデキャップ (G3) で52キログラムの軽い負担重量を活かしてPerfect Driftを破り重賞初制覇。続くホイットニーハンデキャップ (G1) でも52キログラムで6番人気と伏兵評価だったが、ここでもPerfect Driftをハナ差下してG1級競走を初めて制覇した。

その後ケンタッキーカップクラシックハンデキャップ (G2) も制して連勝を5に伸ばし、勇躍ブリーダーズカップ・クラシックに出走した。しかしここはレコード勝ちを収めたGhostzapperに歯が立たず、3馬身差の2着に敗れている。

2005年はドンハンデキャップ (G1) でSaint Liamの2着となったあと、ドバイワールドカップに出走。Ghostzapperなどの強力なライバルが不在であったこともあって、3馬身差で勝利する。このあと、日本人により80パーセント馬主権利が取得されたことが判明。のちに購買者が岡田繁幸であること、社台グループの補助を受けて日本種牡馬となることが発表された。

このあとも年内は現役続行の予定だったが、レース後左前脚に屈腱炎を発症したため、最終的にドバイワールドカップの勝利を最後に引退となった。

種牡馬成績[編集]

2006年よりビッグレッドファームで繋養されており、同年は社台スタリオンステーションをのぞいた最多配合頭数192頭を記録した。岡田からは毛色と父系統などから「ポストサンデーサイレンス」の期待をかけられており、関係馬への種付けが多くなっている。

種付け料は2006年は受胎条件500万円。2007年から2008年まで受胎条件400万円と比較的高額のまま据え置かれていたが、初年度産駒が期待ほど走らなかったこともあり、2010年は200万円、そして2011年には80万円、2012年には70万円と年々下がっている。

初年度産駒は2007年に誕生し、2009年にデビュー。2009年7月2日門別競馬第7競走フレッシュチャレンジで、ロージズが中央競馬地方競馬を通じての産駒初勝利をあげた。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ロージズインメイ血統ヘイロー系 / Double Jay4×5=9.38%

Devil His Due
1989 黒鹿毛
Devil's Bag
1981 鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Ballade Herbager
Miss Swapsco
Plenty o'Toole
1977 黒鹿毛
Raise a Cup Raise a Native
Spring Sunshine
Li'l Puss Noble Jay
Li'l Sis

Tell a Secret
1977 黒鹿毛
Speak John
1958 鹿毛
Prince John Princequillo
Not Afraid
Nuit de Folies Tornado
Folle Nuit
Secret Retreat
1968 鹿毛
Clandestine Double Jay
Conniver
Retirement Royal Gem
Marie J. F-No.1-a

血統背景[編集]

母が高齢になってからの産駒で、近親に日本での活躍馬はほとんどいない。にアメリカG3勝ち馬のGleefullyが出ている。母Tell a Secret自身もSpeak Johnの晩年の産駒で、母系が1950 - 1960年代以前に流行した古い血統なのが特徴である。

Speak Johnは1985年のアメリカリーディングブルードメアサイアー。母父として優秀なプリンスキロ系のなかでは父系も比較的健闘しているラインで、日本でも牝系を遡ると本馬同様Princequilloの血を持っている繁殖牝馬も多く見受けられる。

母の半姉Good Hartの玄孫ワンダーアキュートJBCクラシック帝王賞など)、ワンダースピード東海ステークス名古屋グランプリなど)がいる。

外部リンク[編集]