エルグランセニョール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルグランセニョール
英字表記 El Gran Senor
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1981年
死没 2006年10月18日
Northern Dancer
Sex Appeal
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 E. P. Taylor(カナダ)
馬主 Robert E Sangster
調教師 Vincent O'Brien(アイルランド)
競走成績
生涯成績 8戦7勝
獲得賞金 502,969ドル
アメリカドル換算)
テンプレートを表示

エルグランセニョール (El Gran Senor) とはアイルランド競走馬および種牡馬である。1983年ヨーロッパ最優秀2歳馬、1984年ヨーロッパ年度代表馬、最優秀3歳馬、最優秀マイラー。血統も、全兄にデュハーストステークスを勝ち種牡馬としてブリーダーズカップ・マイル優勝馬ラストタイクーンを出したトライマイベストがいる良血馬である。日本関連では姪のフサイチパンドラ2006年エリザベス女王杯に優勝した。

距離を問わない活躍をし、生涯の連対率は100パーセントを誇った。脚部不安のために引退は早かったが、破った相手がその後ことごとく活躍しており、1980年代の競走馬の中ではトップクラスの評価を得ている。

また、近年のヨーロッパの大種牡馬サドラーズウェルズとは同期で同厩舎のライバルであったが、現役時代の成績は本馬の方が優秀であった。

2006年10月18日、老衰による衰弱のため安楽死となった。25歳であった。

生涯[編集]

2歳時[編集]

その良血ぶり、調教師、当時の大馬主が所有していることもあって、デビュー前から注目されていた馬でアイルランドのデビュー戦を勝利で飾り、レイルウェイステークス (G3) 、ナショナルステークス(当時はG2)を楽勝する。

そして英2歳チャンピオン決定戦のデュハーストステークスでも後の凱旋門賞馬であるレインボウクエストを破って無敗で初G1制覇をする。この年、欧州最優秀2歳馬に選ばれた。

3歳時[編集]

年明け最初の出走となったグラッドネスステークスでも、同厩舎で後にアイリッシュ2000ギニーエクリプスステークスを制することになるサドラーズウェルズに2馬身差をつけ優勝した。そして、イギリスに渡りイギリス2000ギニーに出走することとなった。この年はかつてブリガディアジェラードミルリーフマイスワローが激突した1971年と同じぐらいハイレベルなメンバーとされていた、後にサセックスステークスジュライカップを勝つことになるチーフシンガーを2馬身半差離して快勝した。

無敗のまま挑んだダービーステークスでもこれまでの実績から圧倒的な1番人気に支持された。しかしレースでは直線で逃げ込みを図るところを、後方から追い込んできた5番人気のセクレトに短頭差で差し切られ2着に惜敗した。セクレトは当馬を管理するヴィンセント・オブライエンの息子、デイヴィッド・オブライエンの管理馬であった。

このまま12ハロン(約2400メートル)という距離を不安視されることを嫌った陣営は同じ芝12ハロンのアイリッシュダービーを次走に決めた。ここには前回負かされたセクレトやジョッケクルブ賞(フランスダービー)の勝ち馬であるダルシャーンも出走を表明しており、ハイレベルなメンバーが集まっていた。しかしアイリッシュダービー直前に、セクレトのオーナーが変わり、新たなオーナーがキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスから凱旋門賞への路線変更を決断してここを回避、さらにダルシャーンも硬い馬場を嫌い回避となった。

こうして、メンバーが薄くなったアイリッシュダービーでは、逃げるレインボウクエストを差し切って快勝。その後、セクレトとの再戦としてキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスから凱旋門賞というプランが立てられたが、脚部不安を発症したため引退となった。

種牡馬としてのエルグランセニョール[編集]

多くの有力馬を破ってきたエルグランセニョールだったが、種牡馬入り初年度から受精率が悪く、産駒も多く恵まれなかった。しかしその中でも、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスの勝ち馬であるベルメッツやイギリス2000ギニー、アイリッシュ2000ギニーの勝ち馬であるロドリゴデトリアーノらを輩出した。

その後、年を重ねる毎に受精率の低下が見られ、2000年の夏に種牡馬を引退した。

ブルードメアサイアーとしてのエルグランセニョール[編集]

種牡馬としては結果を残せなかったエルグランセニョールだったが、ブルードメアサイアーとしては逆に多くの名馬を輩出した。特に産駒のToussaudの繁殖成績が優秀(詳細は同馬の項)であった。他にもグランドスラムを出したBright Candlesや日本でも阪神牝馬特別で2着に入線したアドマイヤサンデー(産駒にフサイチホウオートールポピーアヴェンチュラ)、日経賞の優勝馬アルナスラインなどを輩出し、母系に入ってその血を後世に伝えている。

競走成績[編集]

  • 1983年(4戦4勝)
    • デュハーストステークス (G1) 、ナショナルステークス (G2) 、レイルウェイステークス (G3)
  • 1984年(4戦3勝)
    • イギリス2000ギニー (G1) 、アイリッシュダービー (G1)

代表産駒[編集]

血統表[編集]

エルグランセニョール血統ノーザンダンサー系 / War Admiral4×5=9.38%、Hyperion4×5=9.38%、Discovery5×5=6.25%)

Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic
1954 黒鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
Natalma
1957 鹿毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Almahmoud Mahmoud
Arbirator

Sex Appeal
1970 栗毛
Buckpasser
1963 鹿毛
Tom Fool Menow
Gaga
Busanda War Admiral
Businesslike
Best in Show
1965 栗毛
Traffic Judge Alibhai
Traffic Court
Stolen Hour Mr.Busher
Late Date F-No.8-f

外部リンク[編集]