バックパサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バックパサー
英字表記 Buckpasser
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1963年
死没 1978年3月6日
トムフール
ブサンダ
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 オグデン・フィップス
馬主 オグデン・フィップス
調教師 ウィリアム.C.ウインフレイ
→エドワード A. ネロイ
競走成績
生涯成績 31戦25勝
獲得賞金 1,462,014ドル
テンプレートを表示

バックパサー (Buckpasser) は、1960年代中ごろに活躍したアメリカ合衆国競走馬20世紀のアメリカ名馬100選・第14位(ブラッド・ホース誌)。1970年アメリカ競馬名誉の殿堂博物館に殿堂入り。

出生、特徴、性格[編集]

バックパサーは1963年クレイボーンファームで生まれた。馬名は父トムフール(大馬鹿者の意)より「責任を逃れる人」と名付けられたが、馬体、性格その他全て欠点が無い完璧な馬であった。ニューヨーク競馬協会のギルマンは「一般的にあらゆる馬には100の欠点がある。だが、バックパサーの欠点は見つけられない」とバックパサーを評価している。また、極めて優しい性格の持ち主で、訪問者には鼻をすりつけて挨拶をしていたというエピソードも残っている。

戦績[編集]

唯一の欠点はレースに挑む彼の態度といわれたが、その競走成績は素晴らしく、4着以下に敗れたのはデビュー戦1度のみであり、裂蹄のため三冠競走には出走していないものの、3歳時にはトラヴァーズステークスウッドワードステークスジョッキークラブゴールドカップ等13連勝を達成している。この年のケンタッキーダービー馬カウアイキングとはアーリントンクラシックハンデキャップで対決、これを下すと共に1分32秒6の1マイルの世界レコードを樹立した。この年はアメリカ年度代表馬に選出されている。グロースタークも同世代であったが、グロースタークの故障、引退で結局未対決に終わった。

1967年、まず2勝を上げ連勝記録を15にまで伸ばすも、再度裂蹄を発症して4ヶ月の休養に入る。この休養中にフランスのサンクルー大賞への遠征が持ち上がり、プレップレースとして芝のボウリンググリーンハンデキャップに出走するが3着に破れ連勝記録は途絶えてしまう。その後行われたサバーバンハンデキャップでは133ポンドのトップハンデを背負いながら驚異的な末脚を発揮し勝利を収めた。引退レースとなったウッドワードステークスでは、バックパサーの他にドクターフェイガー20世紀の米名馬6位)、ダマスカス(同16位)の強豪が揃い、バックパサーはこのメンバーでも2.6倍の1番人気に推された。バックパサーはドクターフェイガーに競り勝ち、4着ハンサムボーイを13馬身も突き放したが、このレースで神掛った強さを発揮したダマスカスに10馬身差負けを喫している。この後膝の関節炎を発症し、引退している。

引退後[編集]

引退後は480万ドルの史上最高価格でのシンジケートが組まれた。種牡馬としては313頭の産駒を残し、うち35頭がステークスに優勝した。バックパサーは15歳で死亡したが、死後も母の父(ブルードメアサイアー)として優秀馬を長い期間にわたって送り出し続けた。エルグランセニョールイージーゴア、日本でもマルゼンスキーらが母の父にバックパサーを持っている。

競走成績[編集]

主な産駒[編集]

ほか

バックパサーを母の父に持つ著名馬[編集]

血統[編集]

母の母の母は名繁殖牝馬ラトロワンヌである。この牝系はアメリカにおいて最高の名門とされており、ファミリーナンバーにおいてラトロワンヌの牝系子孫を1-xとすることもあるほどである。

血統表[編集]

バックパサー血統トムフール系 / Teddy4×4=12.5%)

Tom Fool
1949 鹿毛
Menow
1935 鹿毛
Pharamond Phalaris
Selene
Alcibiades Supremus
Regal Roman
Gaga
1942 鹿毛
Bull Dog Teddy
Plucky Liege
Alpoise Equipoise
Laughing Queen

Busanda
1947 青毛
War Admiral
1934 黒鹿毛
Man o'War Fair Play
Mahubah
Brushup Sweep
Annette K.
Businesslike
1939 黒鹿毛
Blue Larkspur Black Servant
Blossom Time
La Troienne Teddy
Helene de Troie F-No.1-s (1-x)

外部リンク[編集]