林哲シュエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「林哲瑄」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
林 哲瑄
富邦ガーディアンズ #1
Che-Hsuan Lin on May 21, 2012.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2012年5月21日)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 花蓮県
生年月日 (1988-09-21) 1988年9月21日(30歳)
身長
体重
180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手投手→外野手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2012年4月14日
CPBL / 2015年8月14日
最終出場 MLB / 2012年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
五輪 2008年
WBC 2009年2013年2017年
林哲シュエン
各種表記
拼音 Lín Zhéxuān
和名表記: りん てつせん
発音転記: リン・ジェシュエン
英語名 Che-Hsuan Lin
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2010

林 哲瑄(リン・ジェシュエン、1988年9月21日 - )は、台湾中華民国)の花蓮県台南市出身のプロ野球選手外野手)。現在は、中華職業棒球大聯盟富邦ガーディアンズに所属している。

経歴[編集]

レッドソックス時代[編集]

2007年6月8日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結ぶ[1]

2008年シーズン途中に8月に北京オリンピック野球チャイニーズタイペイ代表に選出された[2]。また、オールスター・フューチャーズゲームでMVPを獲得した。

2009年開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された。

2010年オフの11月に開催された広州アジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

2011年はAAA級ポータケット・レッドソックスでプレーした。オフの11月18日にドレイク・ブリットンウィル・ミドルブルックスとともに40人ロースターに登録された。

2012年3月9日にレッドソックスと1年契約に合意。3月16日にAAA級ポータケットへ異動した。4月14日に怪我をしたジャコビー・エルズベリーの代役としてメジャーへ昇格し、同日にメジャーデビューを果たした[3]。台湾人メジャーリーガーとしては8人目の快挙となった[4]。5月21日の対ボルチモア・オリオールズ戦でトロイ・パットンから、メジャー初安打を記録した。10月17日に、サンディ・ロザリオを40人枠に入れるために戦力外となった[5]

アストロズ傘下時代[編集]

2012年10月26日にヒューストン・アストロズウェーバーで移籍した[6]。12月19日に戦力外となり、12月21日にAAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ降格した。

2013年1月14日に第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表に選出された[7]

シーズンではAAA級オクラホマシティで121試合に出場。3本塁打42打点19盗塁、打率.234だった。メジャー昇格のないまま11月5日にFAとなった。

オフ11月には台湾で開催された「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」のチャイニーズタイペイ代表に選出された[8]

レンジャーズ傘下時代[編集]

2013年12月15日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[9]

2014年シーズンから投手に転向した。

独立リーグ・高知時代[編集]

2015年3月5日日本を活動拠点とする四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグス外野手として入団した[10]。前期シーズンは34試合に出場し、打率.230、2本塁打、3打点を記録した[11]

台湾球界時代[編集]

2015年6月29日に行われた中華職業棒球大聯盟のドラフト会議において義大ライノズ(後の富邦ガーディアンズ)から1位指名を受けた[12]。後期シーズン開始後の8月12日、義大ライノズへの移籍が発表された[11][13]

同年9月18日Lamigoモンキーズ戦に陽耀勲がリリーフ投手として登板し、内角に足指への死球を投じられ、全治八週間の傷を負わせられたため、第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表を断念した[14]

2017年1月23日に第4回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出された[15]

選手としての特徴[編集]

マイナー時代から強肩だけでなく、外野手としての脅威の守備能力と、一塁到達まで3.8秒の俊足と、身体能力は大変高評価を得られた。選球眼も優れている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 BOS 9 12 12 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .250 .250 .250 .500
2015 義大 20 93 78 21 19 3 2 1 29 8 1 0 1 0 10 0 4 20 2 .244 .359 .372 .731
2016 107 476 400 77 138 20 2 22 228 79 12 2 1 7 54 0 14 63 3 .345 .434 .570 1.004
MLB:1年 9 12 12 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .250 .250 .250 .500
CPBL:2年 127 569 478 98 157 23 4 23 257 87 13 2 2 7 64 0 18 83 5 .328 .422 .538 .960
  • 2016年度シーズン終了時

表彰[編集]

MiLB

記録[編集]

MLB
MiLB

独立リーグでの打撃成績[編集]













































2015 高知 .230 34 141 122 18 28 2 0 2 3 20 18 1 0 0 1 .295 .333 3 1
通算:1年 .230 34 141 122 18 28 2 0 2 3 20 18 1 0 0 1 .295 .333 3 1

背番号[編集]

  • 67 (2012年 - 同年途中)
  • 85 (2012年途中 - 同年終了)
  • 24 (2015年 - 同年途中)
  • 1 (2015年途中 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]