帰国者・接触者相談センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帰国者・接触者相談センターとは2020年2月1日に厚生労働省が設置を事務通達した2019新型コロナウイルスの相談センター。 2019新型コロナウイルスに感染したと考えられる場合の、最初に連絡すべき窓口を目的として設置されている。なお、名称として分かりずらい為に、新型コロナ受診相談センター(大阪、神戸、埼玉ほか)新型コロナ受診相談窓口(東京)などと別名称で表記し、正式名称をカッコ書きする自治体も複数見受けられる。

概要[編集]

日本での新型コロナウィルスの感染拡大を受けて厚生労働省が各都道府県に対して設置するよう2020年2月1日付で事務連絡を出し[1][2][3]、各都道府県および政令指定都市が設置した保健所内に新設された相談センターである。

役割は新型コロナウイルスに感染したと考えられる者(要件あり)の相談を行い、新型コロナウイルス感染者受け入れ態勢が整った外来(帰国者・接触者外来)への案内し、新型コロナウイルスに罹患しているかどうかの検査確定するまでの誘導を目的とする。その検査で陽性が判定された場合は、その後の隔離入院手続きも行う。そのため厚労省が定めた制度上は、感染者が最初に連絡すべき窓口となっている。ただし、厚労省が定めた相談要件に未たないものは新型コロナウイルス一般相談窓口に電話するよう案内している。また、感染者の検査をする/しないの判断もある程度は厚労省通達に照らし合わせてこの場で行う事になっているとされる。2020年3月6日に検査への国民健康保険適応されると、検査は保健所(帰国者・接触者相談センター)を通さずに依頼できるようになったとされるが、3月6日現時点におて帰国者・接触者外来への予約は引き続き当相談センター(保健所)から予約するために、実質的には検査を受けるためには当センターを通さざるを得ない。

感染した場合の最初に連絡すべき窓口として設置されたものの、名称は「帰国者・接触者」の相談窓口となっている。そのため、初見では新型コロナウイルスに関しての相談センターである事が分かりずらい為に、各都道府県ごとに新型コロナ受診相談センター(大阪、神戸、埼玉ほか)新型コロナ受診相談窓口(東京)などと別名称で表記し、正式名称である帰国者・接触者相談センターの名称をカッコ書きしている地方自治体も複数みうけられる。

また、2月の時点では周知徹底されているとは言い難く、2020年2月12日には東京都医師会が[4]、2月21日には日本医師会が[5]が、それぞれ病院に行く前に相談センターに電話するように依頼する声明を出している。

なお、当面は保健所に設置するとされており、後に保健所以外での設置も示唆されたが2020年3月7日時点では、ほとんどの事例が保健所内での設置となっており、また、受付電話番号も保健所の電話番号と共同である事が多い。


2月20日までに500か所の相談センターが設置され、相談件数が2月20日までに1万3900件に達したと報道されている[6]

相談要件[編集]

2020年3月7日現時点における厚生労働省が定める、このセンターへの相談できる要件は以下の通り[7]


・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※高齢者や基礎疾患等のある方、妊婦の方は、上の状態が2日程度続く場合

上記条件を満たした場合は、相談センターに相談できると規定がなされている。

これらの条件に当てはまらない場合は、各都道府県が設置する「新型コロナウイルス一般電話相談窓口」に問い合わせするように厚生労働省は記載している[7]

旧来の記載[編集]

東京都福祉局の該当案内サイトには、上記以外の相談要件として

【感染を疑う方】発症前2週間以内に・・・

・「新型コロナウイルス感染者」と濃厚接触※をした者で、①発熱または②呼吸器症状がある方

・「流行地域※を訪問した方」または「流行地域への渡航・居住歴がある方と濃厚接触した方」で①発熱37.5度以上かつ②呼吸器症状がある方

という旧来の記載も一部表記に残している[8]

脚注[編集]

  1. ^ 都道府県に「帰国者・接触者外来」設置要請 厚労省、新型肺炎「蔓延防ぐ」産経新聞 2020年2月3日記事(2020年2月24日参照)
  2. ^ 新型肺炎「帰国者・接触者相談センター」設置へ 専門外来への受診を促す 毎日新聞 2020年2月3日記事(2020年2月24日参照)
  3. ^ 新型コロナウイルス感染症、“疑い例”の定義について/日本医師会ケアネット 2020年2月5日記事(2020年2月24日参照)
  4. ^ 「都民の皆様へのお願い」を会員に配布、都医師会医療従事者専用サイトm3.com 2020年2月13日記事(2020年2月24日参照)
  5. ^ 新型ウイルス 医師会 事前に電話相談をNHK 2020年2月21日記事(2020年2月24日閲覧)
  6. ^ 新型ウイルス 相談は全国で1万3000件余り 厚労省NHK 2月22日記事(2020年2月24日参照)
  7. ^ a b 新型コロナウイルス感染症について厚生労働省 掲載日未記載(閲覧日2020年3月7日)
  8. ^ 新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について東京都福祉保健局(2020年3月7日閲覧)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]