天部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天人から転送)
移動先: 案内検索

天部(てんぶ、サンスクリット देव, deva, देवता, devatā)は、仏教において天界に住む者の総称[1]諸天部[1]天部神[2]ともいう。インドの古来の神が仏教に取り入れられて護法神となったものである[1]

梵天帝釈天吉祥天弁才天伎芸天鬼子母神大黒天四天王竜王夜叉聖天金剛力士韋駄天天龍八部衆十二神将二十八部衆などの天部が存在し、貴顕天部と武人天部に二分される[1]。仏教の尊像においては、如来菩薩明王、天という4区分の4番目にあたる[1]

天部のルーツと語義[編集]

サンスクリット語のデーヴァ (deva) は「神」に相当する語であり、インド神話天空神ディヤウスや、印欧祖語を介してラテン語・キリスト教のデウスやギリシャ神話のゼウスとは同根語である。中国において「天」と訳され、日本語においてもそれが踏襲されている。天部が住む世界も(devaloka)と訳されるため、漢字文化圏ではしばしば混同される。「天部」の「部」は「部門」「グループ」というほどの意味であるから、「天」だけでも意味が通じるはずだが、たとえば仏像を指すときには、日本語では「天像」とは言わず「天部像」と言いならわしている。[注釈 1]。なおdevaは天神、天人とも訳すが、その場合は多少ニュアンスが異なる。ゾロアスター教においてはデーヴァに相当するダエーワは悪神・悪魔に位置付けられている。

天部諸尊のルーツである古代インドのバラモン教の神々は、宇宙の創造神から、悪霊鬼神の類に至るまでさまざまである。そのうちには、男性神(毘沙門天、大黒天など)、女性神(吉祥天、弁才天など)、貴紳形(梵天)、天女形(吉祥天)、力士形(金剛力士)、武将形(十二神将)など、さまざまな形態や性格のものを含む。

仏教の尊格と天部[編集]

仏教の信仰・造像の対象となっている、広い意味での「」は、その由来や性格に応じ、「如来部」「菩薩部」「明王部」「天部」の4つのグループに分けるのが普通である。[注釈 2]。「如来」とは「仏陀」と同義で「悟りを開いた者」の意、「菩薩」とは悟りを開くために修行中の者の意、なお顕教では、十界を立てて本来は明王部を含まない。これに対し密教では、自性輪身・正法輪身・教令輪身の三輪身説を立てて、その中の「明王」は教令輪身で、如来の化身とされ、説法だけでは教化しがたい民衆を力尽くで教化するとされる。そのため忿怒(ふんぬ)といって恐ろしい形相をしているものが多い。以上3つのグループの諸尊に対して、「天部」に属する諸尊は、仏法の守護神・福徳神という意味合いが濃く、現世利益的な信仰を集めるものも多数存在している。

天部の諸尊[編集]

天部の神を代表するものに、梵天帝釈天持国天増長天広目天多聞天毘沙門天)の四天王弁才天(弁財天)、大黒天吉祥天韋駄天摩利支天歓喜天金剛力士鬼子母神(訶梨帝母)、十二神将十二天八部衆二十八部衆などがある。

数尊を集めて護法や守護神的な威力を高めたものとして、四天王・八部衆・十二天・十二神将・二十八部衆などが挙げられる。

安置形態としては、寺院の入口の門の両脇に安置される場合、本尊の周辺や仏壇の周囲に安置される場合などさまざまであり、毘沙門天、弁才天などは堂の本尊として安置され、崇敬の対象となっている場合もある。

守護尊としての天部[編集]

天部の神々は釈迦時代以前から古代インドでまつられてきたが、多くは各地の民族や部族の神々であった。それらの民族神は作物豊穣から魔物退散などの他に、特に戦勝を祈る好戦的な神々が目立ったため、仏教経典においては、好戦的な神々をもブッダの威光に服し、仏法のもと人々を守護することを誓ったと説く。そうして仏教を信仰する国の人々を守護する、守護尊となったとされる。

日本では仏教伝来以降、奈良時代から鎮護国家の寺院にまつられた。護国経典の『金光明経』にちなんで、国分寺は「金光明四天王護国之寺」と呼び、鎮護国家の役割を期待されていたほどである。なお、現在でも国分寺の正式名称である。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 他の尊格で「部」が省略されている場合でも、「天」だけは「天部」と称されることがある。
  2. ^ 「観音」を「菩薩」と分ける場合もある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 天部(てんぶ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  2. ^ 関衛 『日本絵画史』 日東書院、1931。[要ページ番号]

関連項目[編集]