衆生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有情から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
衆生
パーリ語 satta
サンスクリット語 sattva
中国語 有情
日本語 衆生
(ローマ字: しゅじょう)
英語 Sattva
テンプレートを表示

衆生(しゅじょう、: sattva सत्त्व: satta[1])は、一切の生きとし生けるもの(生類)のこと[2]。基本的には迷いの世界にある生類を指すが、広義には菩薩をも含めることがある[2]

訳語[編集]

玄奘訳では有情(うじょう、: sattva[3])と表記する。「に薩埵(さった)という。ここに有情という。情識あがゆえに」(唯識述記)といわれ、情(心の働き)を持つもの、という意味[3]で、非精神的存在である非情(ひじょう)[4]無情(むじょう)ともいう[4])に対して、一切の生きとし生けるものを含む。多くのものが共に生存しているという意味でバフジャナ(: bahujana)ともいわれ、これは衆人とも訳される。

衆生・有情のほか、含識含霊含生含情群生群萌群類などの訳語がある[2][注釈 1]

意味[編集]

衆生の中には、人間だけでなく動物など他の生命も含まれている。したがって、衆生や有情という言葉は広い意味に用いられる。十界地獄餓鬼畜生修羅人間天上声聞縁覚菩薩)の中でも前半の六道(地獄餓鬼畜生修羅人間天上)ないしは五趣(地獄餓鬼畜生人間天上)のいずれかに属して生きている[5]。衆生が死ねば、また六道ないしは五趣のいずれかの中に生まれる(人とても寿命は永遠ではなく、輪廻を離れてはいない)[5]仏教、少なくとも阿毘達磨倶舎論においては、植物までを含まないが、ジャイナ教では植物を含む[5]。人間は、サンスクリット語でマヌシャ(manuṣya मनुष)といわれ、ヨーロッパでのマン(: man)やメンシュ(: Mensch)と同じく「考えるもの」という意味である。サンスクリット語のサットヴァ (sattva)、パーリ語のサッタ (satta) は、「生きているもの、存在するもの」という意味である。なお、涅槃経獅子吼菩薩品には「一切の衆生は悉く仏性を有す」とあるが、この言葉は、仏になれるのは衆生(有情)のみで、非情の存在は除外されるという意味を含む[4]

漢語を元にした解釈[編集]

原義については、衆多のが仮に和合して生ずるので衆生と名づける(大法鼓経)とする説や、衆多の生死を経るので衆生と名づける(大乗義章)などの説がある[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 含識とは、心識を有するものという意味[2]。群生、群萌、群類は、多くの生類という意味[2]

出典[編集]

  1. ^ 水野弘元『増補改訂パーリ語辞典』春秋社、2013年3月、増補改訂版第4刷、p.324
  2. ^ a b c d e 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月、668頁。
  3. ^ a b 岩波仏教辞典 1989, p. 58.
  4. ^ a b c d 岩波仏教辞典 1989, p. 408.
  5. ^ a b c 櫻部・上山, p. 40.

参考文献[編集]

  • 中村元他『岩波仏教辞典』岩波書店、1989年。ISBN 4-00-080072-8
  • 櫻部建 ; 上山春平『存在の分析<アビダルマ>―仏教の思想〈2〉』角川書店角川ソフィア文庫〉、2006年。ISBN 4-04-198502-1(初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)

関連項目[編集]