三神一体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トリムルティ
Trimurti ellora.jpg
デーヴァナーガリー त्रिमूर्ति
サンスクリット trimūrti
位置づけ デーヴァの集合
配偶神 トリデーヴィ

三神一体(さんしんいったい)またはトリムルティ[trɪˈmʊərti];[1] サンスクリット: त्रिमूर्तिः trimūrti、"3つの形"の意)は三相一体を成すヒンドゥー教の最高神であり[2][3][4][5] 、宇宙の創造、維持、破壊という3つの機能が3人組という形で神格化されたものである。一般的にはブラフマーヴィシュヌシヴァがそれぞれ創造、維持、破壊/再生を担うとされるが[6][7]、宗派によってバリエーションが存在する。これらトリムルティの3柱の神格が1つのアヴァターラとして顕現したものがダッタートレーヤー英語版である[8]

発展[編集]

トリムルティとトリデーヴィ
ハレビドゥ英語版のホイサレスワラ寺院に見られるトリムルティ。左から、ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌ。

プラーナ文献の時代(300-1200年)が始まるとヴェーダ後(バラモン教後)の宗教が興り、歴史学者ラメシュ・チャンドラ・マジュンダルの言うところの「統合的なヒンドゥー教」(synthetic Hinduism)への進化の時代を迎えた[9]

この時代は宗教的な均質性を欠き、ヴェーダ時代の信仰の名残としての正統派バラモン教を含めて様々な宗派が混在した。中でもシヴァ派ヴィシュヌ派シャクティ派が代表的で、これらは正統派に分類されるものの、それぞれ独自の信仰を形づくっていた[10]。この時期のヒンドゥー教の特徴のひとつとして、正統派と各宗派の間にみられる協調、調整の精神が挙げられる[11]。この信仰間の協調に関してマジュンダルは以下のように述べている。

その(協調の)最も重要な成果はトリムルティという神学的コンセプトに見られる。すなわちブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァという3柱の形での最高神の顕現である。(中略)しかしのこ試みは大成功を収めたとはみなされていない。ブラフマーはシヴァやヴィシュヌと比較して支配的な立場を確立することに失敗している。さらには各宗派はしばしばトリムルティを、自分たちの宗派が信仰する絶対的な神、あるいはブラフマンであるとする神が、3柱の神の姿に顕現したものであるという立場をとろうとする。[12]

モーリツ・ヴィンテルニッツ英語版はヒンドゥーの文献の中でトリムルティについて触れられることは極稀であると指摘している[13]。ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァをひとつの存在として同一視するというアイデアはクールマ・プラーナにて大いに強調されている。1章の6節ではブラフマンはトリムルティであるとして崇められる。特に1章の9節では3柱の神の統合を、1章26節でも同じ主題を繰り返し語っている[14]。歴史家のアーサー・ルエリン・バシャム英語版はトリムルティというコンセプトの背景を以下のように語っている。

西洋の初期の研究者たちはヒンドゥー教とキリスト教の双方に存在するトリニティ(すなわち三神一体と三位一体)という共通点に心ひかれた。しかしこの共通点は実際にはそれほど近いものではない。ヒンドゥー教のトリニティは、キリスト教のトリニティとは違い、広く受け入れられることが無かった。ヒンドゥー教のすべてのトリニティ主義はいずれか一つの神に肩入れしたがる傾向がある。この文脈からするとカーリダーサによるトリムルティに捧げられた賛歌は、その実最高神ブラフマーに向けたものである。トリムルティというコンセプトは実際のところ意図的に仕掛けられたものであり、ほとんど影響をもたらさなかった。[15]

ヒンドゥー教の伝統のなかで、ブラフマーがヴィシュヌやシヴァのような信仰を集めたことがあったのか、ブラフマーが最高神であると見なされたことが一度でもあったのだろうかという疑問を抱くのは当然である。[16]

フレダ・マチェット(Freda Matchett)はトリムルティを、様々な神格を異なる基準で取り込むことができるという、ヒンドゥー教がいくつか備えている枠組みの内のひとつであると表現している[17]。トリムルティのコンセプトはマイトリー・ウパニシャッドにも触れられており、3柱の神々を1つの神格の3種類の至高の様相であると説明している[18]

トリムルティ寺院[編集]

8世紀までにはトリムルティを奉る寺院が複数現れている。3柱の並びも寺院によってさまざまである。現代でもいくつかの寺院ではトリムルティが信仰されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ "Trimurti". Random House Webster's Unabridged Dictionary英語版.
  2. ^ Grimes, John A. (1995). Ganapati: Song of the Self. SUNY Series in Religious Studies. Albany: State University of New York Press. ISBN 0-7914-2440-5. 
  3. ^ Jansen, Eva Rudy (2003). The Book of Hindu Imagery. Havelte, Holland: Binkey Kok Publications BV. ISBN 90-74597-07-6. 
  4. ^ Radhakrishnan, Sarvepalli (Editorial Chairman) (1956). The Cultural Heritage of India. Calcutta: The Ramakrishna Mission Institute of Culture. 
  5. ^ Winternitz, Maurice (1972). History of Indian Literature. New Delhi: Oriental Books Reprint Corporation. 
  6. ^ For quotation defining the trimurti see Matchett, Freda. "The Purāṇas", in: Flood (2003), p. 139.
  7. ^ For the Trimurti system having Brahma as the creator, Vishnu as the maintainer or preserver, and Shiva as the transformer or destroyer. see Zimmer (1972) p. 124.
  8. ^ Datta Sampradaay and Their Vital Role”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。unknown閲覧。
  9. ^ For dating of Puranic period as c. CE 300-1200 and quotation, see: Majumdar, R. C. "Evolution of Religio-Philosophic Culture in India", in: Radhakrishnan (CHI, 1956), volume 4, p. 47.
  10. ^ For characterization as non-homogeneous and including multiple traditions, see: Majumdar, R. C. "Evolution of Religio-Philosophic Culture in India", in: Radhakrishnan (CHI, 1956), volume 4, p. 49.
  11. ^ For harmony between orthodox and sectarian groups, see: Majumdar, R. C. "Evolution of Religio-Philosophic Culture in India", in: Radhakrishnan (CHI, 1956), volume 4, p. 49.
  12. ^ For quotation see: see: Majumdar, R. C. "Evolution of Religio-Philosophic Culture in India", in: Radhakrishnan (CHI, 1956), volume 4, p. 49.
  13. ^ Winternitz, volume 1, p. 452, note 1.
  14. ^ For references to Kūrma Purana see: Winternitz, volume 1, p. 573, note 2.
  15. ^ Basham, pp. 310-311.
  16. ^ Sutton, Nicholas (2000). Religious doctrines in the Mahābhārata (1st ed.). Delhi: Motilal Banarsidass Publishers. pp. 182. ISBN 81-208-1700-1. 
  17. ^ Matchett, Freda. "The Purāṇas", in Flood (2003), p. 139.
  18. ^ "Brahma, Rudra and Vishnu are called the supreme forms of him. His portion of darkness is !Rudra. His portion of passion is Brahma. His portion of purity is Visnu" Maitri Upanisad [5.2]

Sources[編集]

  • Basham, A. L. (1954). The Wonder That Was India: A Survey of the Culture of the Indian Sub-Continent Before The Coming of the Muslims. New York: Grove Press, Inc.,. 
  • Courtright, Paul B. (1985). Gaṇeśa: Lord of Obstacles, Lord of Beginnings. New York: Oxford University Press. ISBN 0-19-505742-2. 
  • Flood, Gavin (1996). An Introduction to Hinduism. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-43878-0. 
  • Flood, Gavin (Editor) (2003). The Blackwell Companion to Hinduism. Malden, MA: Blackwell Publishing Ltd.. ISBN 1-4051-3251-5. 
  • Zimmer, Heinrich (1972). Myths and Symbols in Indian Art and Civilization. Princeton, New Jersey: Princeton University Press. ISBN 0-691-01778-6. 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、三神一体に関するカテゴリがあります。