色 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仏教における(しき、サンスクリット語: रूपrūpa)とは、(1)一般に言う物質的存在のこと(五蘊の一要素)で、色法と同じ意味、(2)視覚の対象(十二処十八界の一要素)、を表す言葉。

物質的存在としての「色」(五蘊の一要素)[編集]

仏教ではすべてが修行である、禅定を前提に考えられるため、存在はすべて物質的現象と見なされる。物質的現象であるから、諸行無常諸法無我であり、縁起であるからこのような現象が生じている。

」の五蘊(ごうん)の一要素。漢訳で「色」と訳されたサンスクリット語のルーパ(rūpa)は、「色彩」とともに「形」という意味も含んでいるため、「いろ」「かたち」で表現される物質的存在という意味が、すべて「色」という漢語の中に集約されている[1]。最初は我々の肉体だけを指していたが、「変化して壊れゆくもの」「他物と同一空間を共有できないもの」「現象として顕現しているもの」などの意味をもち、現代の「物質」に近い概念となった[2]

般若心経』においては、「色即是 空即是色(色はこれ即ち空である。空はこれ即ち色である)」等の箇所に用いられている。

視覚の対象としての「色」(十二処、十八界の一要素)[編集]

視覚(眼、眼識)の対象のこと。この のほか、声(聴覚)・香(嗅覚)・味(味覚)・触(触覚)・法(心によって考察される存在全般)を合わせて六境とし、それぞれを知覚する器官である眼・耳・鼻・舌・身・意の六根と合わせて十二処と呼ぶ。また、六根・六境の諸要素が複合的に作用し合って現象が成り立つ場としての眼識界・耳識界・鼻識界・舌識界・身識界・意識界の六識と合わせて十八界と呼ぶ[3]

五蘊・十二処・十八界のそれぞれは、世界の構成要素の軸としてのカテゴリー(範疇)の区分の方法である(五蘊、十二処、十八界を合わせて三科と呼ぶ)。五蘊の「色」は、十二処・十八界の「眼、耳、鼻、舌、身、色、声、香、味、触」に対応する[4]

般若心経』においては、「無色声香味触法(色・声・香・味・触・法は無である)」等の箇所に用いられている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 頼富本宏他「図解雑学 般若心経」(ナツメ社 初版 P68)
  2. ^ 横山紘一「唯識思想入門」第三文明社 レグルス文庫66 1976年 P98
  3. ^ 頼富本宏他「図解雑学 般若心経」(ナツメ社 初版 P94~97)
  4. ^ 頼富本宏他「図解雑学 般若心経」(ナツメ社 初版 P97)