コンテンツにスキップ

哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中西哲夫から転送)
哲夫てつお
本名 中西 哲夫(なかにし てつお)
生年月日 (1974-12-25) 1974年12月25日(49歳)
出身地 日本の旗 日本奈良県桜井市
血液型 A型
身長 173 cm
言語 日本語
方言 奈良弁
最終学歴 関西学院大学文学部哲学科
コンビ名 笑い飯
相方 西田幸治
芸風 漫才
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1996年 -
同期 ファミリーレストラン
風藤松原
えとう窓口Wエンジン
浜辺のウルフ
四次元ナイフ
他の活動 学習塾経営者
配偶者 既婚
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

哲夫(てつお、本名:中西 哲夫(なかにし てつお)、1974年(昭和49年)12月25日 - )は、日本お笑いタレント。お笑いコンビ「笑い飯」のボケ・ツッコミ担当、立ち位置は。相方は西田幸治NSC大阪校18期と同期扱い。相愛大学人文学部客員教授[1][2]

奈良県桜井市出身。吉本興業所属。

人物

[編集]
  • 桜井市立大三輪中学校・奈良県立奈良高等学校卒業。一浪後、関西学院大学文学部哲学科卒業。
  • 血液型A型。身長173cm、体重68kg。[3]山羊座。
  • 中学校時代、市田塾に通っていた。
  • 小学生の集う塾(浜学園)の講師を務めていた。そのため、今田耕司から「秀才芸人」と呼ばれることもあった。家庭教師を5件かけもちしていた時期もあるうえ、教員免許は取得期限切れで取れなかったが、教育課程の単位を取るなど、一時期はかなり本気で教員になる夢を持っていたことが、『オールザッツ漫才』(MBS)で周囲の芸人たちによって暴露された。また、奈良県立トップの進学校である奈良高校出身のため、同郷の明石家さんまに驚かれている。得意科目は日本史。
  • 大学在学中に自動車販売のディーラーに内定が決まっていたが、芸人になるという夢をあきらめきれなかったため、卒業後に現在の道へ進んだ。1996年NSC大阪校18期を受験したが、面接の日にちを変えていて、理由を聞かれた時に「旅行に行った」という理由を言い、「旅行と将来の仕事どちらが大事なのか」という質問に「旅行」と言って落とされた(そのため、芸歴はNSC大阪校18期と同期扱いになる)。その頃、「スキップ」というコンビを組んでいたが、相方を3回も替えて活動していた。結局、3代目のスキップも解散し、同じくまだ解散して間もなかった西田と「笑い飯」を組む(西田は5人目の相方となる)。なお、「スキップ」の初代ツッコミは映画監督の市井昌秀である[4]
  • 市井昌秀と解散したあと、市井が新しく組んだトリオに哲夫も誘われるが、断る。そのトリオから、市井が脱退して今の髭男爵になっており、後に哲夫は「危なかった、あそこで入ってたら、4人目やから奴隷役みたいなんやらされてましたわ。」と冗談交じりに語っている。
  • 漫才の本筋はすべて哲夫が喋る。そして、先にボケることがほとんどである。本人曰く「(ネタの)シチュエーションは自分が考えているが、西田の方が抜群に面白いボケを考える」と冗談交じりに述べている。
  • ミッション系大学キリスト教主義学校)の哲学科出身で西洋哲学なども学んでいるが、仏教にも関心がある[5]般若心経が大好きで、スケジュール帳に記入している。ネタを考える際に手を動かしながらの方が思い付くため、写経をすることもある。2009年2月にはワニブックスから『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』を出版し、同年8月には朝日カルチャーセンター・新宿で「おもしろくてためになる 笑い飯 哲夫の般若心経入門」講座を開催した。2011年5月の東大五月祭でも、「笑い飯 哲夫のおもしろ仏教講座」を開催した。また、同年8月にも「YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO」の一環でBIGBOX 高田馬場にて「笑い飯・哲夫おもしろ仏教講座」を開催した。
  • 花火鑑賞を趣味にしている。関西圏を中心に花火大会に出掛けるほか、M-1に優勝した記念として新潟県の花火大会にて尺玉5発を自費(20万円以上)をはたいて奉納したこともある。また、漫才師になれなければ花火師になりたかったとも語っている。これらのエピソードは2013年5月13日放送の『クイズ!バレベルの塔』でも紹介され、同番組では花火に関するマニアックな問題に全問正解し、「花火賢者」に認定された。2015年4月には大阪観光大学で「花火が2倍楽しくなる 笑い飯哲夫のおもしろ花火講座」を開催した[6]
  • Mr.Xというピン芸人として活動することがある。
  • テレビ番組出演時につかみのギャグとして、ビッキーズ(2007年解散)の代名詞である『ビキビキ!ビッキーズ!』というパフォーマンスを行うことがある。
  • 趣味はモーグル[7]で、それが高じて以前スキー雑誌「BravoSki」(双葉社)で連載を持っていた。
  • 愛車は青のRX-7(FD3S型)で運転免許一発試験で取得した。
  • 鉄道ファンである。
  • 実家は中西商店という三輪素麺の店で、大神神社の近隣にあり、最近はテレビ番組などでも紹介されている。本人も、関西ではラーメン通にその名を知られる「揚子江」(「揚子江スコスコラーメン」として笑い飯のネタにも登場する)や創作料理店でのアルバイト経験があり、料理を得意とする。自慢のメニューをテレビ番組で披露することもある。
  • 通名に苗字を表記しないのは、「中西」という苗字をあまり好んでいないことや元Jリーガーでスポーツジャーナリストの中西哲生と混同しやすいことが理由である。そのためか、「中西」と呼ばれると怒る。
  • 小学校から大学までサッカーをしていた。現在は、吉本興業のフットサルチームに所属している[8]
  • 愛読書は、三島由紀夫作品で中でも中学時代に出会った『金閣寺』。「この小説との出会いが、お笑いの世界での成功につながった」と語っている[9]。純文学を好み、夏目漱石太宰治谷崎潤一郎も読む[10]
  • トミーズ健から貰った無料チケットでspan!のマコトとストリップを見たことがある。
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の企画「七変化」においてザ・マミィ・酒井貴士、次長課長河本準一に次ぐ、ボブ・サップと同点4位を記録。
  • 東京で初めて借りたマンションでは当初、ソラシドの水口靖一郎を居候させていた。その後は同部屋を水口に譲り、他のマンションで暮らしている。
  • 2012年9月、風疹を発症して数日休養した[11]
  • 自らの塾講師の経験を活かせることと、「売れない大卒芸人に食いつなぐための仕事を与える」目的から、2014年には学習塾「寺子屋こやや」を大阪市淀川区に開設した。当初は自らも講師を務めていたが、2022年現在は運営は後輩に任せており、本人曰く「投資家のようなポジション」。学力の差が家庭環境によって起こるのはおかしいという思いから塾代を比較的安価に設定しており、儲けはないと語っている[12]
  • 2015年4月から、二代目奈良国立博物館文化大使(2022年現在4期目[13]。)、2016年9月から、桜井市広報大使に任命される[14]
  • 2016年10月11日、かねてから交際してきた一般女性との結婚を発表[15]
  • 2022年6月放送の『爆問×伯山の刺さルール!』で週に2回実家の畑で20種類以上の野菜を育て販売までをこなす生活を6年ほど行っていると明かした[16]

交友関係

[編集]
  • 麒麟の田村裕を可愛がっている。また、千鳥のノブと一緒に住んでいたことがある。
  • 西田よりも多くの後輩芸人とつき合いがあり、様々なエピソードがある。かつて、オリエンタルラジオを呼び出して全裸で「武勇伝」のネタをやらせ、その話をラジオなどで話したところ、後日に吉本興業からひどく叱られた。哲夫は「武勇伝」に対抗し、同じく全裸になって笑い飯のネタの1つである「奈良県立歴史民俗博物館」のワンシーンを全力でやっていたという。
  • 東京ダイナマイトハチミツ二郎とは他事務所だった頃から親しい。
  • トータルテンボス藤田憲右とは特に仲が良く、頻繁に飲みに行ったり旅行へも行っている。
  • 友近とは吉本興業への入社が同年である(友近は大阪NSC23期生出身、芸歴は哲夫の方が長い)ことから、お互いに同期として交流している。
  • 知り合いの紹介で柴咲コウと数回、飲んだことがある。
  • 目上の人から好かれることが多く、最近は村上ショージに気に入られて飲みに行ったりしている。
  • ゴー傑Pでも共演していた先輩芸人・小籔千豊とは仲が良く、「小籔軍団」の一員でもある。

著書

[編集]
仏教関係
  • 『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』(2009年1月31日、ヨシモトブックス発行、ワニブックス発売) ISBN 978-4-8470-1825-1
  • 『ブッダも笑う仏教のはなし(2016年1月6日』サンマーク出版ISBN 978-4-7631-3509-4
  • 『えてこでもかける 笑い飯哲夫訳般若心経写経帖』(2017年5月27日、ヨシモトブックス発行、ワニブックス発売) ISBN 978-4-8470-9576-4
小説
  • 『花びらに寄る性記』(2011年12月25日、ヨシモトブックス発行、ワニブックス発売) ISBN 978-4-8470-9043-1
  • 『銀色の青』(2018年10月30日、サンマーク出版) ISBN 978-4-7631-3721-0

DVD

[編集]
  • 見たら必ず行きたくなる 笑い飯哲夫のお寺案内DVD〜修学旅行でなかなか行けない奈良のお寺編〜(2010年7月、YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.発売)
  • 花火が2倍楽しくなる笑い飯哲夫のおもしろ花火講座(2015年7月、YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.発売)

単独ライブ 

[編集]
2010年
  • 3月15日 「笑いの原点に関する 一考察」ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 10月27日 「笑いの原点に関する 一考察2」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
2011年
  • 4月8日 「笑いの原点に関する 一考察3」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 8月25日 「笑いの原点に関する 一考察4」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
2012年
  • 8月30日 「笑いの原点に関する 一考察」神保町花月/東京)
2013年
  • 5月27日 「笑いの原点に関する 一考察5」道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 12月3日 「笑いの原点に関する 一考察6」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 12月10日 「笑いの原点に関する 一考察ツアーin東京2」(神保町花月/東京)
2014年
  • 6月23日 「笑いの原点に関する 一考察7」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
2015年
  • 1月23日 「笑いの原点に関する 一考察8」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 6月2日 「笑いの原点に関する 一考察ツアーin東京3」(神保町花月/東京)
2016年
  • 1月28日 「笑いの原点に関する 一考察9」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 7月21日 「笑いの原点に関する 一考察10」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 7月23日 「笑いの原点に関する一考察 考察ツアーin沖縄1 〜島いちぶでちーさな祭〜」(よしもと沖縄花月/沖縄)

出演

[編集]

テレビ

[編集]

ラジオ

[編集]

テレビドラマ

[編集]

映画

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 2020年3月までは毎週土曜日24:55 - 25:00の5分番組。4月以降は毎週土曜日24:15 - 24:30の15分番組となっている。

出典

[編集]
  1. ^ 大学倶楽部・相愛大:客員教授に就任 漫才コンビ「笑い飯」の哲夫さん”. 毎日新聞. 2022年6月15日閲覧。
  2. ^ 2021年7月9日 笑い飯哲夫客員教授によるおもしろ仏教講座を行いました。|相愛ブログ|相愛大学”. 相愛大学. 2022年6月15日閲覧。
  3. ^ 笑い飯 プロフィール|吉本興業株式会社”. profile.yoshimoto.co.jp. 2022年10月16日閲覧。
  4. ^ 『笑い飯全一冊』(ワニブックス、2010年7月、ISBN 978-4-8470-1920-3)「哲夫一万二千字インタビュー」より[要ページ番号]
  5. ^ 「まだまだ女遊びしたい」“仏教マニア”笑い飯哲夫 出家の予定なし”. 日刊スポーツ (2021年6月15日). 2021年6月15日閲覧。
  6. ^ “花火大会の耳より情報満載、笑い飯哲夫の「おもしろ花火講座」がDVDに”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2015年4月17日). https://natalie.mu/owarai/news/144509 2015年4月18日閲覧。 
  7. ^ 【エンタがビタミン♪】上村愛子か!?笑い飯・哲夫はモーグルの仰天達人だった!”. Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト (2010年3月17日). 2022年6月15日閲覧。
  8. ^ 総勢50人超で吉本フットサルリーグ - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2022年6月15日閲覧。
  9. ^ 笑い飯・哲夫「三島由紀夫『金閣寺』がお笑い成功の秘密」”. J-CAST テレビウォッチ (2011年7月13日). 2022年6月15日閲覧。
  10. ^ 【新春インタビュー(1)】笑い飯・哲夫が“エロ”を語り尽くす (2012年1月1日)”. エキサイトニュース. 2022年6月15日閲覧。
  11. ^ 笑い飯の哲夫、風疹で休養「気まずい」 - お笑いニュース”. nikkansports.com. 2022年6月15日閲覧。
  12. ^ 笑い飯 哲夫が経営する“激安の学習塾“とは「学力差が家庭環境によって起こるのはおかしい」 - 女子SPA!・2022年4月13日
  13. ^ 「笑い飯」哲夫さん再任命 4期目・奈良博文化大使に /奈良”. 毎日新聞. 2022年6月15日閲覧。
  14. ^ よしもとニュースセンター : 奈良県桜井市広報大使に笑い飯・哲夫が任命!”. よしもとニュースセンター. 2022年6月15日閲覧。
  15. ^ “「家ではすべりません」笑い飯・哲夫がゲラの一般女性と結婚、西田も祝福”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年10月11日). https://natalie.mu/owarai/news/204930 2016年10月11日閲覧。 
  16. ^ 笑い飯・哲夫 農業&塾のオーナーも務め「将来は奈良に住もうと」 現在の生活ぶりを明かす - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2022年6月15日閲覧。
  17. ^ “メッセンジャーあいはら、笑い飯哲夫の冠番組が10月MBSラジオでスタート”. お笑いナタリー. (2016年9月25日). https://natalie.mu/owarai/news/202998 2016年9月26日閲覧。 
  18. ^ “『どうする家康』新キャスト11人発表 物語終盤を彩る豪華顔ぶれ【11人の役柄紹介あり】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2295019/full/ 2023年9月15日閲覧。 
  19. ^ “笑い飯・哲夫:「手塚治虫のブッダ」第2弾で声優初挑戦 不思議な老人・ブラフマン役”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2013年8月28日). https://mantan-web.jp/article/20130827dog00m200074000c.html 2019年6月2日閲覧。 

外部リンク

[編集]