浜学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社浜学園
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 浜、浜学
本社所在地 日本の旗 日本
662-0832
兵庫県西宮市甲風園一丁目5-24
設立 1959年
業種 教育、学習支援
事業内容 学習塾の展開、通信教育出版など
代表者 竹森勝昭
資本金 5億5000万円(グループ計)
売上高 66億円(2008年6月期実績)
従業員数 1480名
関係する人物 橋本憲一(学園長)
外部リンク 中学受験をする小学生をサポート。進学塾の浜学園
テンプレートを表示

株式会社浜学園(はまがくえん)は、学習塾通信教育出版などの事業を行う日本の企業。

概要[編集]

浜学園は、主力事業である学習塾から、通信教育出版事業などを手掛ける日本の企業である。学習塾として中学受験指導を行う進学教室浜学園は、塾生数約8000名を擁する主力事業。シンボルカラーは黄色で、標語として常在戦場を掲げている。通信教育としてeラーニングを利用した浜学園Webスクールを提供しており、出版事業として小学館と協力し有名中学合格事典を発売。その他、個別指導を行う「Hamax」、幼児教室「はまキッズ」、自学自習プログラム「はま道場」を展開するほか、小学館、小学館集英社プロダクションテレビドラゼミの運用も行っている。学園長は橋本憲一。

  1. 沿革
  • 1959年 - 上治貞子により兵庫県尼崎市潮江に創立。当時の名称は「英語・数学塾」。
  • 1960年 - 尼崎市・浜に教室を移転し「浜学園」と改称。当時の浜学園は上治貞子とその夫の上治義雄、そして理事長の弟の3人によって運営された。塾生は創設時2名であった。
  • 1964年 - 尼崎市・下坂部に教室移転。
  • 1972年 - 灘中に創設以来最初の合格者を輩出。
  • 1973年 - 伊丹に最初の分教室を開設。第一回公開学力テストの実施。
  • 1974年 - 西宮[1]進出。上治義雄が理事長に就任。浜学園教育基本方針や公開学力テスト・復習テストのフォーマット作成、生徒による授業アンケートの導入といった現在までに至る浜学園の根幹を創る。
  • 1978年 - 浜学園の入塾資格が得られなかった生徒を対象とした「同学社」設立。現浜学園西宮本部開設。
  • 1979年 - 高校部開設。
  • 1981年 - 灘中合格者日本一達成。
  • 1982年 - 塾生数5000名突破。
  • 1991年 - 四条烏丸教室開設に伴い京都進出。
  • 1992年 - 上治夫妻に浜学園の後継者として指名され、経営を任されていた当時の学園長前田卓郎と主力講師が受験生を含む多くの生徒を引き連れて独立し希学園を設立した。これに対し浜学園は生徒名簿持ち出し、教材の盗用の2点で前田らを訴える事態に発展する。
  • 1993年 - 浜学園授業宣言制定。
  • 1995年 - 阪神・淡路大震災により多くの設備が破損。同年1993年より途絶えていた灘中合格者日本一を奪還。
  • 1996年 - 西大寺教室開設をもって奈良へ進出。
  • 2002年 - 学校週5日制に伴い、浜学園土曜スクール開講。竹森勝昭が理事長に就任。
  • 2003年 - 名古屋教室開設をもって名古屋に進出。Hamax開講。旧学園長・看板講師を含む講師がWinの母体である投資会社の支援を受けFELIXを立ち上げ独立。
  • 2005年 - 和歌山教室を開設し和歌山県へ進出。また岡山教室も開設され、岡山県に進出を果たす。はまキッズ開講。
  • 2006年 - 姫路教室開設。
  • 2008年- 2月に京橋教室、加古川教室開設、7月に千里中央教室と伊丹教室開設、9月に名古屋初の平日授業校千種教室開設。
  • 2009年 - NTTレゾナントとインタラクティブウェブをテーマにした「みんなでチャレンジ・全国統一難関中学模試」を発表[2]。一般コース、公開解説講義、説明会の映像化ならびに塾生向けインターネット配信を開始し、eラーニングに参入した。
  • 2010年 - 一部教室で河合塾マナビスの運営を開始。マスターコースの映像を中心とした浜学園Webスクールの開講。草津教室開設をもって滋賀県に進出。NTTラーニングシステムズNTTスマートコネクト西日本電信電話[3]デジタルアーツ[4]SOBAプロジェクトとの協業[5]を開始。テレビ電話システムを活用した個別指導サービスに参入。
  • 2011年 - YouTubeのコンテンツパートナーとなり、パートナーチャンネルを開設[6]NTTぷららひかりTVを活用したEラーニング環境トライアル[7]日本電信電話、西日本電信電話とのAndroidタブレットを活用した共同研究[8]日立ソリューションズとの電子黒板を活用したデジタル教材の共同研究[9]を発表。神戸元町教室開設。
  • 2012年 - 2月小学館とデジタルコンテンツの共同研究[10]を発表。11月小学館、西日本電信電話、NTTラーニングシステムズとの4社協業とテレビドラゼミ浜学園シラベテを発表[11]。泉大津、堺東の両教室開講。また12月27日名古屋市にいりなか教室を開講[12]
  • 2013年 - 2月浜学園シラベテ正式サービス開始、4月テレビドラゼミ開講。小学館の学習漫画の一部を監修開始、9月小学館と協力し有名中学合格事典発売。10月駿台予備学校と合弁で「駿台浜学園」設立、お茶の水教室開講。
  • 2014年 - 2月NTTスマートコネクト、西日本電信電話、NTTラーニングシステムズとの4社協業による光Webスクールを発表[13]。8月NTTラーニングシステムズと浜学園シラベテへの画像認識機能追加を発

事業内容[編集]

教室一覧[編集]

  • 兵庫県
    • 西宮本部
    • 西神中央本部
    • 三田本部
    • 明石本部
    • 芦屋教室
    • 六甲教室
    • 伊丹教室
    • 川西教室
    • 姫路教室
    • 神戸住吉教室
    • 宝塚教室
    • 加古川教室
    • 神戸元町教室
  • 大阪府
    • 上本町本部
    • 天王寺本部
    • 豊中本部
    • 枚方本部
    • なかもず本部
    • 十三教室
    • 茨木教室
    • 天六教室
    • 京橋教室
    • 千里中央教室
    • いずみ教室
    • 堺東教室
    • 泉大津教室
    • 高槻教室
  • 愛知県
    • 名古屋本部
    • 千種教室
    • いりなか教室
    • 御器所教室
    • 藤が丘教室
    • 浜進学会 金山駅前校
    • 浜進学会 八事滝川校
  • 神奈川県
    • 駿台浜学園 センター南教室
    • 駿台浜学園 横浜教室
  • 東京都
    • 駿台浜学園 お茶の水教室
    • 駿台浜学園 吉祥寺教室
    • 駿台浜学園 成城教室
    • 駿台浜学園 自由が丘教室

不祥事[編集]

著作権侵害問題[編集]

  • 同学園が、学園が使用する小学校の社会科用テキストについて、出版社の許諾を得ないままコピーしたものを、少なくとも約10年以上にわたり使用していたことが、2012年になって発覚した。同学園は謝罪し、今はそのテキストは使用されていない。[14]

教え子に対する猥褻事件[編集]

  • 2013年8月21日大阪府警は茨木教室に勤務していた、浜学園関連会社(はま道場)の28歳男性講師を強制わいせつ罪逮捕した(起訴後懲戒解雇)と発表した。この講師は“ご褒美”と称して教え子の小学生女子児童の体(事件後に退塾)を触っていた。「褒美」として児童らにキャラクター入りの文房具をプレゼントしており、人気講師の一人だったというが、わいせつ行為をした後にも文房具をあげていたという[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]