MCAレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MCAレコード (MCA Records, Inc.) は、アメリカ合衆国のレコード会社。総合娯楽企業ミュージック・コーポレーション・オブ・アメリカ (MCA) の音楽部門である。母体はイギリスデッカ・レコード(英デッカ)の米国法人(→米デッカ)。MCAは米デッカを1962年に買収し、1973年にMCAレコードと改名した。詳細はen:Music_Corporation_of_Americaを参照。

1996年ユニバーサルミュージックと改名。1998年にはポリグラム(英デッカを傘下に持つ)と合併して世界最大級のレコード会社となる。

沿革[編集]

日本での事業[編集]

MCAレコード[編集]

日本ビクター(現:JVCケンウッド)の音楽レコード事業部(後にビクター音楽産業へ分社・独立を経てビクターエンタテインメント → JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントとなる)が販売を担当していた。ビクターからの販売時には、一時期邦楽も手懸けていた。

MCAビクター/ユニバーサルビクター[編集]

  • 1990年 - 松下電器産業(現:パナソニック)・日本ビクター・ビクター音楽産業の3社の出資によって、MCAビクター株式会社設立。
  • 1991年 - 発売開始。但し、当初は前発売元のワーナーミュージック・ジャパンより移管した旧譜を中心としたラインナップだった。
    • J-POPアーティストでは、10月に第一弾として浜田麻里のシングル・アルバムを皮切りに、LUNA SEA中森明菜hide少年ナイフなどが所属。
    • 設立当初はビクターエンタテインメントのInvitationレーベルのスタッフが制作に携わっていた為、MCAから発売された浜田麻里やLUNA SEAの原盤はビクターが保有している。
  • 1997年7月 - ユニバーサルビクターに社名変更。
  • 2000年5月 - ユニバーサル ミュージックLLCに制作と宣伝が統合され、同社の1レーベルとなった。尚、統合後ユニバーサルビクター創設者の岩田廣之が同社会長に就任している。[1]
  • 統合後、制作セクションが
    • ユニバーサル(規格品番は2000年9月発売分よりUU〇H-○○○○。2000年7月発売分以降は、福山雅治関連作品以外は、UP〇H-○○○○を使用)
    • 洋楽アーティストはユニバーサル・インターナショナル(規格品番はUI〇□-〇〇〇〇。□はレーベルの頭文字を当ててある。)
    • 旧譜カタログはUSM JAPAN(邦楽品番はUP〇Y-〇〇〇〇、洋楽の旧譜はUI〇□-○○○○。)

それぞれ移管される事になった。統合後も規格品番は2000年8月発売分まではユニバーサルビクター時から引き継いだ上で採番されていたが、2000年9月発売分以降の規格品番は新品番を使用する事になった。[2]また邦楽の新譜価格は同レーベルのみビクターと同じアルバムは税抜価格2,900円に設定されていた。[3]

  • 2001年 - ポリドールと制作セクションが統合され、ユニバーサルポリドールへ改称。
  • 2002年 - ユニバーサルポリドールがキティMMEと統合され、ユニバーサルミュージックの邦楽セクションがユニバーサルJに一括される事になった。
  • 2005年 - ユニバーサルJから旧キティMMEに所属していたアーティストが新設のユニバーサルシグマへ移管されることになり、同社の邦楽セクションは2つに分けられる事になった。
  • 2007年 - ユニバーサルJからDREAMS COME TRUESPITZを除く旧ポリドール所属アーティスト[4]が新設されたNAYUTAWAVE RECORDS[5]に移管される事になり、これを機にユニバーサルJは実質的に旧ユニバーサルビクターの流れを組むセクションとなる。
  • 2012年 - LUNA SEAがavex traxよりユニバーサルJへ移籍。[6]
  • 2014年 - 中森明菜がユニバーサルシグマから制作セクションがユニバーサルJに移管。

所属したことのあるアーティスト[編集]

リイシューの状況[編集]

ユニバーサルミュージック統合後、MCAビクター・ユニバーサルビクターより発売された旧譜作品やベストアルバム等の企画制作は、主にUSMジャパンへ移管されて発売されている。

  • 邦楽アーティストに関しては、LUNA SEA・hide・中森明菜の3アーティストは現在所属しているユニバーサルJからの発売。
  • MCAビクターの代表アーティストだった浜田麻里のMCAビクターから発売された作品は、原盤権と音楽出版権がビクターにある事やアーティスト側の意向もあり、上記の3アーティストと比べて積極的に行われていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2000年7月発売分から2003年末までは、ユニバーサルミュージックの販売元をビクターエンタテインメントへ委託していたが、同レーベルに関しては2000年5月に統合後も販売元が切り替わる事なくビクターへ委託されていた。
  2. ^ 2000年6月発売分までの新譜の発売元表記は、ユニバーサルビクターのままである。
  3. ^ ポリドールやキティMMEの販売価格は、2,913円(税抜)で設定されていた。
  4. ^ 山崎まさよし香西かおり柴咲コウなど
  5. ^ 2014年に旧東芝EMIの流れを組むEMI RECORDSに吸収され、統合されている。
  6. ^ 2000年までに発表された旧譜作品は2007年1月再発分はUSMジャパン、2007年12月再発分と2010年5月に発売されたDVDはNAYUTAWAVE RECORDSからのリリース。

関連項目[編集]