ウズベキスタンの仏教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダルヴェルジン・テペ遺跡の遺構
タシュケントにある寺院

本項目では、ウズベキスタン仏教について記述する。

概要[編集]

2001年度におけるウズベキスタンにおける仏教信者の割合は全人口の約0.2%であり[1]、そのほとんどを高麗人が占める。

ウズベキスタンにインドから仏教が伝わったのはクシャーナ朝時代の紀元後1世紀頃と推定されており[2]アムダリヤ川沿いで古くから都市として発展したテルメズには当時の信仰を偲ばせる仏教遺跡が点在している。カラ・テパ遺跡 (Kara Tepa) には寺院、仏塔、僧坊跡が[3]、ファヤズ・テペ遺跡 (Fayaz Tepe) には三尊仏と僧院及び2世紀頃に建造されたレンガ造りのストゥーパ[4]が、スルハンダリヤ州北部のダルヴェルジン・テペ遺跡には仏教寺院跡が残っている[5]。テルメズでは1世紀から7世紀頃まで7世紀に渡り主要宗教として信仰されており[2]、ウズベキスタンにおける仏教はテルメズにおいて2~3世紀頃に仏教建築の最盛期を迎えた[6]が、イスラム王朝であるホラズム・シャー朝が11世紀に成立すると偶像崇拝を禁止するイスラム教の教えから仏像が破壊され、13世紀には信仰されることがほとんどなくなったと考えられている。

現在ではテルメズの遺跡のほか、フェルガナ州クヴァに古代寺院の遺跡が残っている[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Summary of Religious Bodies in Uzbekistan”. religiousfreedom.lib.virginia.edu. 2013年3月14日閲覧。
  2. ^ a b Termez - Buddhist center”. advantour.com. 2013年3月13日閲覧。
  3. ^ テルメズの仏教文化を代表する「カラ・テパ」遺跡”. 風の旅行社 (2009年8月1日). 2013年3月14日閲覧。
  4. ^ Fayaz Tepe, Termez”. exploguide.com. 2013年3月14日閲覧。
  5. ^ B.トゥルグノフ,小山満,川崎建三,S.パンジエフ,Aウルマソフ,金内新司,水流宏幸,福本一茂,石塚健治. “ダルヴェルジン・テパ第二仏教寺院趾の発掘:2006-07年度調査概報”. 創価大学. 2013年3月14日閲覧。
  6. ^ Термез - КАРА-ТЕПА”. ast.uz. 2013年3月14日閲覧。
  7. ^ Buddhist Complex of Kuba Site”. sairamtourism.com. 2013年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]