この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

林葉直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かとりまさるから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

林葉 直子(はやしば なおこ、1968年1月24日 - )は、将棋の元女流棋士作家漫画原作者タロット占い師。福岡県福岡市出身。福岡第一高等学校卒業。漫画原作者としてのペンネームに「かとりまさる」がある。

略歴

女流棋士として

1979年、女流アマ名人戦に小学校6年生で優勝[1]するなど福岡の天才少女と騒がれる[2]

同1979年11月、奨励会に6級で入会、蛸島彰子についで二人目の女性奨励会員となる。同時に小学校在学中に上京して米長邦雄宅に住み込みの内弟子として師事するようになる。同じ内弟子には弟弟子の先崎学らがいた。奨励会は1984年まで在籍し、一時は4級にまで上がるが最終的には6級で退会した。

1980年4月、女流棋戦主催者の強い要望を受けて、米長邦雄門下で女流2級でプロ入り[3]。早くも頭角を現し翌年の第4期女流王将戦リーグで勝ち抜き、1982年4月にタイトルに挑戦。同月27日に史上最年少の14歳3か月で初タイトルである女流王将蛸島彰子から奪取。

その後、続けてデビューしてきた同世代の中井広恵清水市代とともに1980年代半ばから90年代半ばにかけて、女流三強時代を築き、三人の中のいずれかが女流タイトル戦に登場した。

1982年から1991年まで女流王将を10連覇(同一タイトル10連覇)。その功績が認められ、1991年に女流棋士として初めてのクイーン称号「クイーン王将」を贈られる[3]

また実力があるだけでなく、ルックスの良さもあいまって、テレビのドラマやCMなどにも出演。将棋の女流棋士の存在を世間に広めることに大きく貢献した。そのほかでは対局以外でも1980年代から1990年代にかけて「とんでもポリス」シリーズや「キスだけじゃイヤ」シリーズなどのライトノベルを執筆。また同時期に近代将棋でも「直子の将棋エアロビクス」などの連載を持っていた[3]

1994年6月から7月にかけて、後述の失踪騒動を起こす。

1995年8月24日、将棋連盟を退会。段位は女流五段だった。退会記者会見をしたその夜、林葉は新宿の料理店で行われていた羽生善治六冠と畠田理恵の婚約祝いの席へ駆けつける[4]

女流棋士引退後

1995年、将棋連盟を退会した同時期に写真集『CONFESSION 告白』にてヘアヌードを発表。さらに1998年には1992年から続いていた某棋士との不倫を告白し、再びワイドショーの話題となる。この当時、これらの一連の出来事で良くも悪くも女流棋士の知名度を大いに高め、女流棋士は自らの職業を名乗ると「あの林葉直子の」と反応されることが多く、非常に困ったという[5]

2004年、ペンネーム「かとりまさる」名義で、月刊アフタヌーンで将棋をテーマとした漫画「しおんの王」の連載の原作者として執筆活動を行う。小説のつもりで原稿を編集者に見せたら、面白いので漫画の原作にしようということになり、2008年まで4年間続いた。尚、かとりまさる=林葉直子であることは1年以上極秘とされていた。「しおんの王」はでテレビアニメとして放送され、DVD化やゲームソフト化もされるなどヒット[4]

同2004年、六本木で「Woo Curry」というインド料理店を経営する。店名は「うー、辛え」から。内装はミニクラブの居抜きで、インド人シェフによる本格的インドカレーの店だったが、経営は苦しく1年余りで閉店。しかし店には将棋盤と駒が置かれていたり、林葉と同年代のプロ棋士や後輩の女流棋士が彼女の人柄を慕って店に通っていたり将棋関係者と交流が続いていたと言う[4]

2006年、自己破産[6]。さらにその2年後の2008年、「しおんの王」の原稿を書き終えた後に体調を崩して、半年ほど入院をしていた。退院後は福岡へ戻り、静養したり将棋好きな寺の住職と将棋を指したりの日々が続いた[4]。その後はタロット占い師として活動。

日本将棋連盟とは過去の騒動の影響から疎遠になったものの、2010年5月に将棋ペンクラブの交流会にゲストとして15年ぶりに将棋会館に足を運び、斎田晴子らと同席したり[4]、2010年7月28日、親友である中井広恵の誘いを受け、日本女子プロ将棋協会(LPSA)の公認棋戦である日レスインビテーションカップに主催者の日本レストランシステム特別推薦で約15年ぶりにプロ棋戦に登場(中倉彰子女流初段と対局して74手で敗北)[4]したり、何度か将棋関連の活動を行なっている。また元師匠である米長邦雄が死去した際に、関係者として2013年3月号の将棋世界で見開き2ページの破格の扱いで追悼文を寄せている。

その後は自身のブログなどを通じて近況報告を行なっている[7]

失踪騒動

1994年5月29日に林葉は、心身ともに疲労を感じ極限状態にあるのですべての活動を停止ししばらく休養したい、保持していた倉敷藤花のタイトルも返上した上で、棋士としての処遇は理事会の決定に従うという旨の休養願いを理事の勝浦修を通じて日本将棋連盟理事会に提出し、姿を消した[3]

6月1日、理事会は林葉の功績を考慮して特例としてこれを受理。しかし既にスケジューリングされている対局について林葉と話し合う必要があったのだが、当時は携帯電話もなく林葉との連絡が取れなかったため、行方不明として中途半端な状態が続き、6月9日・10日の対局に林葉が現われなかったことで、6月11日、新聞・雑誌・テレビのワイドショーなどで林葉が失踪したと一斉に報じられる。実際にはこの時に林葉はロンドンへ行っていたのだが、様々なボタンの掛け違いで、単なる休養願い提出が失踪報道として独り歩きしてしまった。中にはサイババに会いにインドへ行っているというデマまで流れた[3]

6月下旬、ロンドン経由でアイルランドに滞在していた林葉は国際電話で報告を受け日本で騒動になっていることを初めて知り、急遽理事会の担当者に連絡し、詫び状を提出し早期復帰を約束。しかし花田紀凱が編集長をしていた月刊誌「マルコポーロ」が7月上旬にアイルランドで林葉に接触し、連盟の頭ごなしに林葉の独占手記を掲載したことで将棋連盟理事会が態度を硬化。理事の中には強硬に林葉の除名を主張する者もいたと言う[3]

その後、林葉は7月18日に滞在先のイギリスから帰国。将棋連盟から3か月間の出場停止(7つの対局すべて不戦敗)、その期間の公的活動の停止と約150万円の損害金の支払いなどの処分を受けた。そして7月20日記者会見を開き、釈明会見を行った。

11月からの第2期大山名人杯倉敷藤花戦の番勝負で復帰するものの、精彩を欠き挑戦者の清水市代に連敗してタイトルを失う。そして翌1995年8月8日の第22期女流名人位戦B級5回戦の山田久美との対局を最後に、「将棋が嫌いになったわけではないが、情熱が冷めた」という理由で8月24日に将棋連盟理事会に突如として退会届を提出し受理され将棋界を去った[3]

これらの一連の騒動について、引退後しばらく林葉は「千駄ヶ谷近辺には行きたくない」と語り、将棋の盤駒や新聞の将棋欄などは見ないようにしていたと言う[4]

人物

  • 大山康晴十五世名人の大ファン。本人曰く「女流プロになりたての頃は、大山先生の魅力に気付かなかった私だが、今は、大山将棋の懐の深さと大山康晴に惚れてしまったのである。」とのことで、2010年のLPSAでの復帰戦でも大山が揮毫した扇子を持って対局に挑んだほどである[8]
  • 中井広恵とは女流棋士時代からの親友で、現在でも中井が福岡までお見舞いに訪れるなど交流を続けている[9]

主な成績

記録

  • 通算成績 311局 197勝114敗 勝率.633
  • 公式女流棋戦連勝 - 17連勝(1982年度、歴代3位タイ[10]
  • 女流タイトル連覇10期 - 歴代1位タイ
  • 最年少タイトル挑戦 - 14歳3か月
  • 最年少タイトル獲得 - 14歳3か月(タイトル挑戦と決着が同じ1982年4月)
  • 非公式戦ながら対男性棋士対局初白星(1991年6月3日第1期銀河戦、対椎橋金司五段)

将棋大賞

  • 第10回(1983年) - 女流棋士賞★
  • 第11回(1984年) - 女流棋士賞★
  • 第12回(1985年) - 女流棋士賞★
  • 第14回(1987年) - 女流棋士賞★
  • 第17回(1990年) - 女流棋士賞★
  • 第18回(1991年) - 女流棋士賞★

 ★印は、女流の最高賞(1998年度までは「女流棋士賞」、1999年度から「最優秀女流棋士賞」が最高賞)。

獲得タイトル
棋戦優勝履歴
アマ棋戦優勝履歴
  • 第11期(1979年)女流アマ名人戦優勝

著書

  • ひとりぼっちの対局 だから青春! (ノラブックス、1983年)
  • 将棋ってなあに 親子で入門 (毎日コミュニケーションズ、1988年)
  • 林葉直子のとんでも恋愛講座ABC… (鎌倉書房、1993年)
  • 願えば夢はかなうもの (講談社、1993年)
  • 抵抗(レジスタンス) (小学館、1995年)
  • 罪 (モッツ出版、2001年)

小説

  • 講談社X文庫ティーンズハート 「とんでもポリス」シリーズ
    • ラブコールはSOS とんでもポリス (1988年)
    • とんでもポリスは恋泥棒 (1988年)
    • ウワキなあいつを指名手配 とんでもポリス3 (1988年)
    • 恋のアリバイをくずせ! 新とんポリ (1989年)
    • キス100回の刑に処す! 新とんポリ (1989年)
    • 吸血鬼は無実の罪 新とんポリ (1989年)
    • 真犯人は恋わずらい 新とんポリ (1989年)
    • 恋人捜査本部! 新とんポリ (1990年)
    • 愛する心に手錠して 新とんポリ (1990年)
    • 恋の現場に踏みこまないで 新とんポリ (1990年)
    • 恋の証拠を捜しだせ! 新とんポリ (1990年)
    • 恋の取調べは一晩中 新とんポリ (1991年)
    • くちびるの罠に気をつけて 新とんポリ (1991年)
    • 恋の病に110番 新とんポリ (1992年)
    • 君を永久に逮捕する 新とんポリ (1993年)
    • ベビー・とんポリ (1994年)
    • 誘拐犯には赤いキス ベビー・とんポリ (1995年)
    • ババサンの贈り物 ベビー・とんポリ (1995年)
  • 追いかけて恋 (講談社X文庫 Teen's heart 1990年)
  • 恋の方程式教えて (角川文庫 1991年)
  • Help! 香織と達平のエイティーン・ラブ (講談社X文庫 Teen's heart 1991年)
  • 講談社X文庫ティーンズハート「キスだけじゃイヤ」上・下巻 (1991年)
    • キスだけじゃイヤ 2 あいつとアイツの巻 (1992年)
    • キスだけじゃイヤ 3 ハネムーンは危険がいっぱい (1992年)
    • キスだけじゃイヤ 4 とらぶるバレンタイン (1993年)
    • キスだけじゃイヤ 5 恋のライバルを消せ! (1993年)
    • キスだけじゃイヤ 6 青い瞳にダマされないで (1993年)
    • キスだけじゃイヤ 7 ナイショで抱きしめて (1994年)
    • キスだけじゃイヤ 8 危ないドクター (1994年)
    • キスだけじゃイヤ 9 ウエディングベルが待てないの (1994年)
    • キスだけじゃイヤ 10 秘密のタイムテーブル (1996年)
    • キスだけじゃイヤ 11 ハートじかけの女神サマ (1997年)
    • CD、ティーンズハート・シリーズ Vol.1「恋愛時間」(1992年4月22日、東芝EMI、TOCT-6446)
  • キッスは死の香り (集英社、1992年)
  • 気まぐれ天使は夜空がお好き! 恋の事件簿 (学習研究社、1992年)
  • アブナイあぶないドミトリー! (集英社コバルト文庫、1992年)
  • 恋は3段活用 スキ・ドキ・キス (角川文庫、1992年)
  • あいつは恋のマジシャン!! (Gakkenレモン文庫 1993年)
  • Hッ!! (Gakkenレモン文庫 1994年)
  • 二人だけの秘密 (小学館パレット文庫、1995年)
  • ナイショで魔法のkissをして! (小学館パレット文庫、1995年)
  • 私の星の王子サマ (講談社X文庫 Teen's heart 1996年)
  • 殺したい女 (ジャパン・ミックス 1995年)
  • アバンチュール (書き下ろし短篇集 竹書房、1996年)
  • 不倫旅行 夏 (山岸伸撮影 テイ・アイ・エス 1998年)

漫画

ゲーム監修

  • 将棋風林火山(スーパーファミコン用ソフト、1993年10月発売、ポニーキャニオン)5名の連名で監修
  • 将棋女流名人位戦(プレイステーション用ソフト、1995年、セタ)解説

写真集

脚注

  1. ^ 女流アマ名人戦歴代優勝一覧
  2. ^ 『近代将棋』 蛸島彰子と女流棋界の歩み 1998年8月号
  3. ^ a b c d e f g 『将棋界の事件簿』p155-163
  4. ^ a b c d e f g 中倉彰子初段-林葉直子さん観戦記
  5. ^ 別冊宝島440『将棋これも一局読本』(宝島社、1999年)pp.203
  6. ^ 林葉直子 自己破産、自宅の借金が負担に
  7. ^ 人生、詰んでます。~林葉直子の波乱万丈diary
  8. ^ 林葉直子「私の愛する棋士達 第1回 大山康晴十五世名人の巻」
  9. ^ 林葉直子 肝硬変闘病を励ます中井広恵・女流六段のお見舞い
  10. ^ 女流棋士年度成績歴代記録
  11. ^ 「クイーン王将」の永世称号の資格保持者となったが、日本将棋連盟を退会したためクイーン王将の称号を使用する資格を失っている。

出典

  • 別冊宝島『将棋王手飛車読本』
  • 青野照市『勝負の視点』(1995年、毎日コミュニケーションズ
  • 田丸昇『将棋界の事件簿』(2005年、毎日コミュニケーションズ)

参考文献

  • 蛸島彰子と女流棋界の歩み 『近代将棋』1999年1月号

外部リンク