椎橋金司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 椎橋金司 六段
名前 椎橋金司
生年月日 (1948-10-10) 1948年10月10日
没年月日 (2009-01-16) 2009年1月16日(60歳没)
プロ入り年月日 1974年9月4日(25歳)
棋士番号 115
出身地 東京都足立区
師匠 松下力九段
段位 六段
戦績
通算成績 184勝417敗(0.3062)
2016年10月3日現在

椎橋 金司(しいはし きんじ、1948年10月10日 - 2009年1月16日[1])は、将棋棋士、六段。松下力九段門下。棋士番号は115。東京都足立区出身。

棋歴[編集]

奨励会への入会は1962年。旧制度の三段リーグ(奨励会A組)への参加は1969年後期からで、同制度が終了する1973年度後期までの9期・4年半、四段昇段(プロ入り)をすることができなかった。

その頃、第3回奨励会若獅子戦の関東の決勝で、田中寅彦4級を角落ちで破って関東優勝。しかし、西の優勝者・淡路仁茂三段との決勝では、秒読みで悪手を指して敗れ、準優勝に終わる。このとき椎橋は、観戦記担当の団鬼六や記録係にわざわざお茶を持ってくるという気遣いを見せた。団は「お茶を出す時間を節約していれば…」と思ったという[2]

その頃から好調となり、三段リーグ制度が1974年に廃止されるや否や、同年9月に25歳で四段昇段する。

第2回(1975年度)名将戦で本戦入り。

第13回(1979年度)早指し将棋選手権で予選を突破。さらに本戦1回戦で谷川浩司を破る。

順位戦では、1992年にC級2組から陥落。以降10年間、順位戦に復帰することができず、2001年度を最後に53歳で引退となった。

棋風[編集]

振り飛車党で、中飛車四間飛車三間飛車向かい飛車のどれも多く指した。大山康晴などの振り飛車党を相手にする場合には、居飛車で戦うこともあった。

振り飛車ではあるが、攻っ気の強い棋風である。

人物[編集]

  • 趣味は、読書と囲碁[3]
  • プロの棋士となった弟子に大野八一雄がいる。将棋界では珍しい、年齢差が10歳しかない師弟である。

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

通算成績 184勝417敗

在籍クラス[編集]

  • 竜王戦 自己最高6組
  • 順位戦 自己最高C級2組

表彰[編集]

  • 現役勤続25年表彰(1999年)

脚注[編集]

  1. ^ <訃報>椎橋(しいはし)金司(きんじ) 六段、死去|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。
  2. ^ 将棋世界」2000年1月号付録
  3. ^ 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]