DOCTORS〜最強の名医〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DOCTORS 最強の名医
The briliant medical doctor
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 本橋圭太
猪原達三(第1・2シリーズ)
樹下直美(第2・3シリーズ)
常廣丈太(第3シリーズ)
脚本 福田靖
出演者 沢村一樹
高嶋政伸
比嘉愛未
黒川智花
伊藤蘭
野際陽子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
DOCTORS 最強の名医
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2011年10月27日 - 12月15日(8回)
プロデューサー テレビ朝日
黒田徹也(GP)
三輪祐見子
アズバーズ
及川博則
松野千鶴子
エンディング JUJULullaby Of Birdland
外部リンク 公式サイト
スペシャル
放送時間 土曜21:00 - 23:06(126分)
放送期間 2013年6月1日(1回)
プロデューサー テレビ朝日
黒田徹也(GP)
アズバーズ
及川博則
松野千鶴子
エンディング JUJU「Lullaby Of Birdland」
外部リンク 公式サイト
DOCTORS2 最強の名医
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2013年7月11日 - 9月5日(9回)
プロデューサー テレビ朝日
黒田徹也(GP)
三輪祐見子
アズバーズ
松野千鶴子
エンディング B'zユートピア[1]
外部リンク 公式サイト
新春ドラマスペシャル
DOCTORS 最強の名医 2015
放送時間 日曜21:00 - 23:10(130分)
放送期間 2015年1月4日(1回)
プロデューサー テレビ朝日
黒田徹也(GP)
三輪祐見子(GP)
アズバーズ
松野千鶴子
神馬由季
エンディング コブクロ「奇跡」
外部リンク 公式サイト
DOCTORS3 最強の名医
放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2015年1月8日 -
プロデューサー テレビ朝日
黒田徹也(GP)
三輪祐見子(GP)
アズバーズ
松野千鶴子
神馬由季
エンディング コブクロ「奇跡」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第1シリーズ最終話・第2シリーズ初回及び最終話はいずれも15分拡大(21:00 - 22:09)。
日曜エンタで放送した新春ドラマスペシャルでは20:58 - 21:00に『今夜のドラマスペシャル』も別途放送。
テンプレートを表示

DOCTORS 最強の名医』(ドクターズ さいきょうのめいい)は、「木曜ドラマ」(毎週木曜日の21:00 - 21:54)枠で2011年より断続的に放送されている日本のテレビドラマ。主演は沢村一樹

第1シリーズは2011年10月27日から12月15日まで放送された[注 1][2][3]。その後、2013年6月1日(土曜日)に『ドラマスペシャルDOCTORS 最強の名医』も別途放送された[4]

第2シリーズ『DOCTORS2 最強の名医』は、2013年7月11日から9月5日まで放送された[5][6]

第3シリーズ『DOCTORS3 最強の名医』は、2015年1月8日から放送中[7]。また第3シリーズに先行し、『新春ドラマスペシャル DOCTORS 最強の名医 2015』が2015年1月4日(日曜日)に「日曜エンタ」枠で放送された。

概要[編集]

赤字経営の病院に外科医の相良浩介がやって来る。浩介は患者に対して優しく接する一方で、医療の現場を欲や悪意で汚す者に対しては、脅しをかけたり、追い込んだりなど手段を選ばぬところも持ち合わせている。しかしそれは、自らの「患者を救うこと」という信念によるところからである。

主人公の相良浩介役を演ずる沢村は、当作品が木曜ドラマ初主演作となった[8]

第1シリーズ製作会見では沢村一樹が「下ネタ封印をしようとしたが比嘉愛未さんが美しいので出来ませんでした」等と下ネタ発言を連発し、比嘉からは「目標は沢村さんの話(下ネタ)をしっかり聞くことです」と言われる始末だった。同様に滝沢沙織からも「沢村さんのセクハラトークは撮影現場で十分ある。私も一緒にお風呂に入ろうと言われたけど、最後まで最後まで(沢村と)一緒にお風呂には入りません!」と言われる程だった[9]。第2シリーズ製作会見で沢村の話では「下ネタに関しては共演者の方があきらめたのか、何も反応しなくなった」等と発言している。

キャスト[編集]

堂上総合病院[編集]

外科医局[編集]

相良 浩介(さがら こうすけ)〈43 → 44〉
演 - 沢村一樹
東京医療大学病院を退職後、1年間休職し最初に声を掛けてくれた堂上総合病院に赴任する。約3000件の執刀記録を持つスーパードクター。甘いものが好物。
堂上総合病院に勤めるスタッフ達の職業意識の低さを目の当たりにし、病院の意識改革に乗り出す。ステージIIの胃がんに倒れ[注 2]、森山の手術を受ける[注 3]
他の外科医が外国車を使用する中、「小回りが利くから」と、妻の真希が乗っていた黄緑のダイハツタントを使っている。
スペシャルでは、かつて西都大学病院で仙石の治療を受けていた雪村絵里子の治療を担当する。森山の腹腔鏡手術を組み込んだオペでがんの根治を目指す。絵里子が仙石の患者と知って尻込みする森山に、大学時代の先輩である青柳に一芝居打たせて協力させる。
第2シリーズでは、森山の院長就任の噂を耳にし、院長に相応しい人物になってもらおうと裏で様々なことを画策していたが、尿管結石で入院していた作家の鈴木龍之介にその思惑を看破され、自ら院長に就任する事を考えるようになるとみせかけ、実は堂上総合病院の医師達の意識改革のために芝居を打っていた。
西都大学病院脳外科教授の松田に西都大学病院への移籍を打診されるが断り、そのかわりに特別講師として西都大学医学部の学生を指導することになる[注 4]
第3シリーズでは、森山に土下座を強要されても、院長代理となった森山の命令に多少の反論をしつつも素直に従う素振りを見せている。しかし患者に対しては親身になって接する姿勢は、以前と変わっていない。医師が患者よりも自身のプライドや個人的感情を優先し、自分勝手な行動ばかり取ることについては、堂上病院を良くするためには必要のないことだと考えている[注 5]
森山 卓(もりやま すぐる)〈44 → 45〉
演 - 高嶋政伸[10]
院長の堂上の甥に当たる外科医。自他ともに認める堂上総合病院の後継者でありエース。そのため外科医達のほとんどは彼の同調者(チーム森山)となっている。愛車は黒のメルセデス・ベンツ[注 6]
外科医としての腕もあり、何の変哲もない事を当たり前にやる医師であるが、傲慢かつ自信過剰でその傲慢ぶりには堂上も手を焼いている。自身の執刀にミスがあっても決して患者に謝罪せず、非を認めない。興奮すると手で口を覆い、「んんんん!」と奇怪な呻り声をあげる癖がある。相良が堂上総合病院で初めて執刀した手術を見て相良の外科医としての腕を見抜くも、その存在が気に入らず何かにつけて敵対する。
スペシャルでは、テキサス医科大学へ3か月間研修に行き、マクドナルド教授に師事し腹腔鏡手術を学んで帰国する。雪村絵里子のオペでアメリカで学んだ技術を披露できると浮かれていたが、以前に仙石の患者と知って尻込みする。仙石の所へ謝罪に訪れたときに土下座を強要され、深くプライドを傷つけられる。仙石の圧力で堂上総合病院が潰されるのを阻止したい森山は密かに土下座の練習をしていた。
第2シリーズでは、堂上に後継者に指名されたが、病院内公衆の面前で「院長になれば、相良を解雇する」と相良に通告する場面を見た銀行の融資担当者は、森山の人格や相良が辞めると病院経営が立ちゆかなくなることを懸念し、2億円の融資を都合する条件として堂上が院長を続ける事を宣告され、結局森山の院長就任は白紙に戻った。院長に相応しい人格者にならんとガンジーの伝記に傾倒するなど、相良の思うところとは異なる方向へ進んでいく。
第3シリーズでは、バカンス旅行のために病院を留守にすることとなった堂上から院長代理に指名される[注 7]。この人事は、堂上の「立場が人を変える。代理とはいえ、院長という立場に就けば、いずれはその地位にふさわしい人間になるだろう」という考え、もしくは願いに基づくものであるが、森山本人はこの人事を堂上病院を好き勝手にできるチャンスと捉えている模様。
病院の全スタッフに院長代理就任について発表した際、病院のスローガンとして「Patient(患者)」「Priority(優先順位)」「Pride(プライド)」の「3P」を掲げるが、3つ目の「プライド」は、「患者様を治してやっているんだ」という、所謂「上から目線」のものである。[注 7]
病院周辺の挨拶回りなど、手術とは無関係の院長代理としての仕事に対しても消極的で、桃井の目を盗んでは、こっそり院長室を抜け出して外科医局に顔を出している[注 7]
外部の人間に患者の情報を漏らしたとして相良に土下座をさせるなど、傍若無人ぶりをエスカレートさせていくが、入院していた患者が次々と亡くなるという非常事態が発生し、その都度に院長代理としての立場上、亡くなった患者の遺族に治療経過の説明や謝罪をしなければならないことに辟易するようになり、入院を検討している患者とその家族に、入院しても病気が治らない可能性があるといった自筆の張り紙を貼る暴挙に出る[注 8]
佐々井 圭(ささい けい)〈40 → 42〉
演 - 正名僕蔵
チーム森山の一人。外科医。医師としての判断力や技術は確かだが、人格面に難があり職業意識や責任感も低い。そのため他の病院で解雇された経験を持つ。愛車は黒のBMW5シリーズ
段原 保(だんばら たもつ)〈36 → 38〉
演 - 尾崎右宗
森山の腰巾着にしてイエスマン。愛車は赤のジャガーXF
高泉 賢也(たかいずみ けんや)〈29 → 31〉
演 - 敦士
人を助けるという使命感で医者を志したのではなく、3代続く実家の病院を継ぐため親の敷いたレールの上を進んで来た。堂上総合病院での勤務は腰掛け程度にしか考えておらず、医師としても未熟。婚約者である芙美との結婚を控えており、その後無事に新婚生活を始める。勤務中も株の動向を欠かさずチェックしている。愛車は白のアウディTT
第2シリーズでは、田代洋一の手術で相良の助手に指名され、その手術の際にいつかは病院を継がなけれならない立場にある自分の将来について考えてくれる相良に感服する。
千住 義郎(せんじゅ よしろう)〈35 → 37〉
演 - 斉藤陽一郎
麻酔科医。人とのコミュニケーションが苦手で、時間外勤務はしないと決めているが、相良に脅され仕方なく手術に立ち会う。
第2シリーズでは、相良から手術における麻酔科医の重要性について説かれ、術前カンファレンスで意見を求められるなど今までにない対応をされ気味悪く思いながらも、森山が麻酔科医をどう思っているか問うてしまうなど、相良の思惑通りに事が進んでいく。相良の紹介で東京医療大学病院で研修を受けることになる。
牧野 茂樹(まきの しげき)
演 - 苅羽悠(第1シリーズ)
夜間アルバイト医師、外科医志望。全くやる気がなく、患者が急変しても処置しようとしなかった。相良の執刀助手を任され洗練された手術手技に驚嘆する。
瀬戸 晃
演 - 浅利陽介(第3シリーズ)
研修医を終えたばかりの若手外科医。城相大学医学部出身。森山が院長代理に指名されたのとほぼ同時期に外科医局に入る[注 7]。森山が院長代理となった事を発表した直後に、多くの医者や看護師の前で相良への憧れを嬉しそうに話したことで、森山及びチーム森山の面々に目をつけられる[注 7]

総合診療科[編集]

皆川 和枝(みながわ かずえ)〈48 → 49〉
演 - 伊藤蘭
内科医。堂上とは古くからの知り合い。職業意識に欠ける人材ばかりのなかで、数少ない良心的な医師。
職場の人間関係に疲弊し、また息子の高校受験を支えるため、三田中央病院に移ることが決まっていた。しかし彼女の能力・人格を惜しんだ相良の思惑で移籍の話が白紙に戻され、新設された総合診療科の担当となる。
森山が院長に相応しい人物になってもらおうと相良が裏で様々なことを画策していた事をなんとなく察してはいた。相良が自ら院長に就任しようとする態度に反発し、宮部に彼に協力しないよう忠告する。
第3シリーズでは、院長代理に就任した森山の傍若無人な振る舞いに反発しており、その森山の命令に素直に従うことが多くなった相良に対して、何かお芝居をしているのではと疑っている[注 8]
中村 恵
演 - 下宮里穂子(第1シリーズ)
総合診療科看護師。

病棟看護師[編集]

宮部 佐知(みやべ さち)〈29 → 30〉
演 - 比嘉愛未[11]
勤務9年目の正看護師。愛想があまり良くないため、仕事は出来るが最低の看護師だと相良に評された。そのため相良に対しては強い反発心を抱いていたが、病院の意識改革が進む中で看護師としての初志を再び思い出し、患者の心を理解しようと努力を怠らないようになる。
第2シリーズでは、作家の鈴木龍之介が退院した後、相良が自ら院長に就任しようとする態度に戸惑う。相良の依頼で、千住の取り込みに協力した後、相良が院長になる意志があることを皆川に話す。看護師としての更なるスキルアップを目指し、西都大学病院オペ看護師部に転職する[注 4]
第3シリーズでは、堂上病院に復帰するが、自分に対して「君が西都大学病院でスキルアップしたとは思えない。むしろ駄目になったんじゃないか」と冷たく接するようになった相良に再び不満を抱くようになり、患者とのコミュニケーションも時間の無駄と考えてしまうようになっていたが、皆川のアドバイスなどを経て、仕事における態度を改めるようになる。そんな中、院長代理となった森山の方針に反発する相原や吉川から森山が院長室にいれば、確実に病院は潰れてしまうと聞かされ、さらには一緒に病院を辞めないかと誘われ困惑する[注 8]
相原 亜美(あいはら あみ)〈22 → 23〉
演 - 黒川智花
看護師。いつも明るく笑顔を絶やさない。勤務して日が浅いこともあり、初歩的なミスを繰り返し起こしてしまう。先輩の宮部を尊敬し、新人から立派な看護師へと成長する。
吉川 みずき(よしかわ みずき)〈37 → 38〉
演 - 阿南敦子
看護師。おしゃべり好きで、ナースステーションのムードメーカー。
藤波 あかね
演 - 折井あゆみ(スペシャル)
新人看護師。指導看護師は宮部。
松下 萌(まつした もえ)〈21〉
演 - 藤原令子(第2シリーズ)
新人看護師。指導看護師は宮部。仕事が覚えられないと佐知の前で堂々と公言する。
田村 戸紀子(たむら ときこ)〈53 → 54〉
演 - 宮地雅子
看護師長。新人の相原を厳しく指導する。色々な科を回り堂上総合病院の全てを把握していることから、長年の功績が認められ副院長に選ばれる。

病院関係者[編集]

堂上 たまき(どうがみ たまき)〈70 → 71〉
演 - 野際陽子
院長。経営の事で常に頭を悩ませているが、そのため現場の実態が見えていない。許可もなく勝手に手術した相良に辞職を促すが、驚異的な手術手技を魅せられ、多額の年収を上乗せし呼び戻す。
相良が度々経営に関して口を挟む事を苦々しく思っているが、患者が増えるという魅力には抗えず、言われるがままにそれらを実行している。
スペシャル版では、仙石の圧力で患者数が激減し、堂上総合病院が潰される危機に悩まされる。
第2シリーズでは、甥の森山を後継者に指名したが、病院の将来を不安視した相良の計略により、森山の院長就任は一旦白紙に戻り、結局院長を続ける事になる。さらに、院長に就任する事を相良に宣言されてしまい困惑する。
第3シリーズでは、物語開始より少し前から、長期休暇を利用して海外へのバカンス旅行に出かけ、その際に森山を院長代理に、桃井を彼のお目付け役に指名していた[注 7]。旅行先から日本に戻り、病院に向かった際、休診日ではないにも関わらず閑散とした待合室の光景を目の当たりにし、それが院長代理に指名された森山の身勝手な振る舞いによってもたらされたことだと知り愕然とする[注 5]
桃井 正一(ももい しょういち)〈62 → 63〉
演 - 小野武彦
事務長。病院の赤字体質を脱却するために、相良を堂上総合病院にスカウトしたが彼に振り回される事となる。
第3シリーズでは、海外へのバカンス旅行で病院を留守にすることになった堂上から、彼女が院長代理として指名した森山のお目付け役を任されるが、森山が院長代理の肩書きを利用し、他のスタッフはおろか事務長である自分にすら何の相談もなく横暴な方針を採るようになり、さらには彼が院長代理に就任して以降、患者やその家族からのクレームが殺到するようになった状況に危機感を募らせ、田村に「院長が旅行から戻る頃には、病院は潰れているかもしれない」と不安を洩らしている[注 8]
また患者へのリスク告知が原因で、口コミサイト内での病院の評価が徐々に低下していることに焦る。しかし森山は対策を講じることもなく、最終的には患者数の激減という最悪の結果をもたらした。自分が大切にしてきた病院を危機的状況に追い込んだとして、森山に対して激しい怒りと憎しみを露にしていた[注 5]

西都大学病院[編集]

仙石 大吾
演 - 柴俊夫(第1シリーズ第7話 - 最終話・スペシャル)
消化器外科教授。森山の大学時代の恩師。ボストン研修から帰国し、仙石会メンバー・萩原伊知郎(演:三上市朗) / 甲斐三郎(演:西ノ園達大)らが集まる。その席で堂上病院が有名になったのは相良の力によるものだと発言し、森山のプライドを傷つける。
スペシャルでは、生体肝移植を成功させた相良と森山への意趣返しとして、開業医が堂上病院への紹介状を書かないよう圧力をかけ、患者数を激減させるなどの嫌がらせをする。その圧力に耐え兼ねた森山が謝罪に訪れたときに土下座を求め、彼のプライドを深く傷つける。また、医学部長選挙に臨み、取り巻きである仙石会メンバーに選挙運動をさせるが、相良の言葉に揺れた3人の医師の裏切りで1票差で落選する。
松田 義雄
演 - 小日向文世(スペシャル・第2シリーズ第5話 - 最終話・第3シリーズ・新春ドラマスペシャル)
脳外科教授兼医学部部長。優秀な脳外科医で、周囲の推薦で医学部長選挙に立候補するも部長職には興味を示さなかった。相良に患者の治療を第一に考えている医師こそが今の大学病院には必要だと言葉をかけられ、部長になることを前向きに考えるようになり、仙石に1票差で勝利する。医学部長就任後、相良に西都大学病院への移籍を打診する。
矢野倉 実(やのくら みのる)
演 - 伊東孝明(第2シーズン第5話 - 最終話)
脳外科講師。松田の部下。
東条 賢介
演 - 野村宏伸(第2シーズン最終話)
心臓血管外科教授。
諸星 貴一
演 - 篠井英介(第2シーズン最終話・第3シリーズ・新春ドラマスペシャル)
消化器外科教授。
望月 綾子
演 - 生田智子(第2シーズン最終話)
オペ室看護主任。
春川 太一郎
演 - 渡辺大(新春ドラマスペシャル)
呼吸器外科医。交際中の宮部を父・誠(演:大森博史)、母・幸紀(演:深沢エミ)に紹介するが、仕事を続けたい彼女に結婚を断られる。
桐ヶ谷 純
演 - 長谷川朝晴(新春ドラマスペシャル)
消化器外科准教授。
梅屋敷 隆史
演 - 川野直輝(新春ドラマスペシャル)
関 友也
演 - 牧田哲也(新春ドラマスペシャル)
上記2名は相良の勉強会に参加する若手医師。

その他[編集]

渋谷 翔子(しぶや しょうこ)〈30 → 31〉
演 - 滝沢沙織
エスアイ製薬MR。製品の売り込みのため、独自の人脈を使い相良に協力する。同じ目的で、森山に対しても情報提供を行っている。
第2シリーズでは、「相良が自ら院長に就任しようと画策している」と皆川や宮部が会話しているのを偶然耳にしてしまい、その情報を森山と松田に教える。
相良 真希(さがら まき)
演 - 中村ゆり(第1シリーズ・スペシャル)
相良の妻。腹膜偽粘液腫という病気を患い他界する。彼女の遺した言葉は、その後の相良の生き方に大きく影響を与えた。
加瀬沢 芙美(かせざわ ふみ) → 高泉 芙美(たかいずみ ふみ)
演 - 遠野あすか(第1シリーズ・スペシャル)
高泉の婚約者 → 高泉の妻。

ゲスト[編集]

複数話・単話登場の場合は括弧()内に表記

第1シリーズ[編集]

第1話 「真夜中のオペは3500万円」
三好 晋平
演 - 小浜正寛
成功率は低くなかったはずの手術中に容態が急変し死亡する。妻・昌代(演:舟木幸)は困惑を隠せず、娘・寛子(演:黒崎レイナ)も納得がいかず、手術を担当した森山に説明を求めるが相手にされなかった。
落合 幸三
演 - 田口主将
軽い症状で入院していたがたまに襲ってくる下腹部の痛みの前兆があり、夜中に急変し緊急手術となる。妻・朋子(演:斎藤正子)は病室に付き添い夫を心配する。
橋本 加代
演 - 望月広子
相良に診察を受ける外来患者。
第2話 「夜間救急は3倍儲かりますよ!」
木ノ内 昌子
演 - 村野友美
急な腹痛で、夫・克明(演:石田太郎)が同乗する救急車で堂上総合病院に救急搬送されて来る。
第3話 「100万人に1人! オペ大成功なら有名人」
松村 薫
演 - 笛木優子
症例数が少ない難病に掛り、相良の発案で堂上総合病院が初めてチーム医療に挑戦する。聞いたことのない病名に夫・信一(演:神尾佑)は困惑する。
北島 忠之
演 - 矢島健一
相良の元上司。
第4話 「ホームレスの手術代誰が支払いますか?」
野々村 彰人
演 - 浅野和之
中高一貫進学校・京明を卒業後、東京大学に入学、大手の商社に就職するが家庭や仕事上のプレシャーに耐えきれず蒸発し、ホームレスに転落する。
妻・美佐子(演:川口圭子)は蒸発した夫を未だに許せず入院費支払いを拒否し、息子・雅也(演:笠原秀幸)は父親が蒸発してから勉強を諦めず頑張り、奨学金を利用し大学に進学する。
夏木 俊
演 - 西山潤
昆虫学者を夢見る京明に通う中学生。エリートになるよう父・達也(演:長棟嘉道)、母・礼子(演:神野美紀)に期待されていることがプレシャーに感じ、日々悩んでいる。
同級生・河原崎司(演:澤畠流星)との関係も上手くいっていない。彰人と同室になり交流を持つことでお互いの抱えている悩みが良い方向へと変わってゆく。
第5話 「絶体絶命!! ナース達の反乱」
坂口 和夫
演 - 鶴見辰吾
広告代理店の営業職で取引先と外食することが多く、不摂生な生活を続けていた。その乱れた生活習慣により病気になったにも関わらず反省をしない夫に妻・貴子(演:中原果南)は呆れる。
第6話 「スーパー外科医100人に選ばれたい!!」
浜岡 ゆき乃
演 - 加藤貴子
10歳の娘・菜緒(演:柴田杏花)がいるシングルマザー。皆川が診察し、相良が胆嚢摘出手術を執刀。手術は成功したが、高熱が続き術後の経過がよくない。実は娘に話していないある秘密を抱えていた。
糸川 公平
演 - 近江谷太朗
医療雑誌「Medical today」編集者。「日本のスーパー外科医100人」選出のために堂上総合病院を訪れる。
第7話 「余命1年…外科医が癌に倒れる」
最終話 「500グラムの命を運ぶ11時間の超絶オペが、今始まる!!」
八代 光太郎
演 - 澁谷武尊
重度の肝硬変にかかり、肝臓移植を受ければ回復の見込みがある。母・美佐(演:秋本祐希)は肝炎を患った過去があり、父・孝史(演:松尾諭)は血が繋がっていないため両親とも手術適応外で助けることが出来ない。
高杉 誠
演 - 水橋研二
光太郎の実父。唯一光太郎に移植することが可能だが現在再婚し、妻・尚子(演:遊井亮子)と娘・礼美(演:信太真妃)がおり、家族を守らなくてはならない立場から移植に協力することをためらっている。
神山 慎一
演 - 小林隆
相良の大学時代の恩師。相良に病気が見つかり東京医療大学病院で手術することを勧める。
ナナ
演 - 伊藤久美子(スペシャル・新春ドラマスペシャル)
キャバクラ嬢。他の女性が敬遠するなか森山に近づき、病院内で地位を確立するためには相良を殺害するしかないと耳元で囁く。スペシャルでは森山の愚痴聞き役となり、彼に良いアドバイスを授ける。

スペシャル[編集]

「今夜復活!! 患者のためなら手段を選ばないスーパードクターが帰ってきた!! 余命180日大学病院が見捨てた患者…史上最強の敵登場で病院崩壊の危機!!」
雪村 絵里子
演 - 奥貫薫
末期がん患者。西都大学病院で仙石の治療を受けていたが、治る見込みがなく余命半年と宣告される。堂上総合病院を訪れ、相良から根治は可能との説明を受けてもなお希望を見出せず、担当看護師である宮部に自分の気持ちは分からないと八つ当たりをしてしまう。
雪村 謙一
演 - 眞島秀和
絵里子の夫。相良を信じて妻を献身的に看護し、息子の遼と共に妻を励ます。
雪村 遼
演 - 土師野隆之介(第2シリーズ第8話)
謙一・ 絵里子の息子。小学生。
桜井 稔
演 - 永井大
堂上総合病院の入院患者。アイビス法律事務所弁護士。退院する際、宮部を食事に誘い交際を申し込むが、仕事を優先したいとの理由で断られる。
青柳 順平
演 - 升毅
北海道の病院に勤務する医師。相良の大学時代の先輩。学会で上京した際に相良の依頼で一芝居打ち、森山が絵里子の手術を引き受けるよう協力する。
能勢 裕之
演 - 河野洋一郎
ドクターステップ主任。仙石の命令で佐々井・段原・高泉を好条件でヘッド・ハンティングする。

第2シリーズ[編集]

第1話 「極秘オペは2億円!? 最強決戦が今夜始まる!!」
榊原 美由紀
演 - 京野ことみ
母・直子(演:山口美也子)が森山の腹腔鏡手術を受け、術前では順調に回復すれば5日間で退院できると説明を受けていたが、病状はよくなるどころか手術を受ける前よりさらに悪化していき、森山に不信感を募らせる。その影響で父・晴彦(演:遠藤たつお)との関係も険悪になってしまう。
大島 愛子
演 - 市山京香
初期の直腸癌で術式自体はさほど難しくないが、手術中に予期せぬ問題が生じた場合に人工肛門を造設するかもしれないと佐々井から説明を受けるが、その内容はデリカシーがなかった上に説明不足だった為、深く心を傷つけられて一時は手術を拒絶するなど自暴自棄になるも、相良から補足の説明を受けた事で安堵する。その様子を見ていた美由紀は母の再手術を相良に依頼する。
久保田 一郎
演 - 村杉蝉之介
東京四葉銀行融資課行員。堂上総合病院に2億円を融資する価値があるのか、病院内に潜入し実地調査を行う。他にも大坪雅人(演:佐伯新)・小川昌広(演:青山勝)という融資担当者がいる。
第2話 「母子ともに救えるか超絶オペが始まる!!」
江里口 加奈〈36〉
演 - 大河内奈々子
妊娠17周目で後腹膜腫瘍を発症していることが判明した患者。胎児を帝王切開で安全に産むための条件、妊娠22周目まで治療を先延ばしにした場合、胎児は救えるが癌は進行し、母体と胎児を同時に救うことは非常に難しい状況にあった。結婚12年目、不妊治療の末の妊娠であるため中絶という選択肢は考えられなかったが、夫(演:近藤公園)は母体を優先させてほしいと願う。森山に足りない人格を備えさせようという相良の魂胆に利用されるが、結果的に相良が執刀医を務めた。
梅沢 忠彦
演 - 中丸新将
梅沢忠彦法律事務所弁護士。佐々井が執刀し術中死した患者の弁護を担当する医療訴訟の専門家。
小早川 啓一
演 - 林泰文
堂上総合病院産婦人科医師。江里口の担当医。
第3話 「2000人に1人!? 息子が重体で緊急オペ!!」
皆川 雅也
演 - 中川大志
皆川の息子。母に会った帰りに病院の前でバイクとの接触事故に遭い、肝臓の臓器60%を摘出、肝内胆管の損傷などの重体を負ってしまう。
磯部 芳明
演 - 阿南健治
森山から食道動脈瘤による内視鏡手術を受けるが状態は安定せず再び病変から出血し、命の危険に晒される。森山と同じAB型Rh (-)。
田村 雅人
演 - 矢嶋俊作
手術後に亡くなった患者の遺族。
第4話 「衝撃告白!! ベストセラー作家が緊急入院」
鈴木 龍之介(すずき りゅうのすけ)〈55〉
演 - 笹野高史
著名な小説家。本名は鈴木二郎。尿管結石による背部の痛みで堂上病院に緊急搬送されてくる。職業柄優れた洞察力を持ち、相良が心の奥底で考えている病院改革の深層を見抜く。
河合 とも子(かわい ともこ)
演 - 大路恵美
働きづめの毎日で疲労が蓄積されたことや胆石が引き金となって、胆嚢炎を発症する。親族に結婚を反対され、かけおち同然で故郷を後にしてから、15年間両親・源一郎(演:大出俊)、静(演:一柳みる)とも顔を合わせず、息子・大輝(演:吉井一肇)と娘・紗菜(演:奥田こころ)を誰に頼ることなく1人で育ててきた。
盛山 卓郎(もりやま すぐろう)〈45〉
演 - 串間保
北都大学病院外科部長。歌舞伎俳優・藤村豆四郎(演:田窪一世)の手術を担当した医師として注目を浴びる。
第5話 「今夜、クーデターが始まる!!」
遠藤 春夫(えんどう はるお)〈50〉
演 - 小宮孝泰
進行性の癌の宣告を受け、早急な手術を必要としているが重度の心臓病を抱えており、大手術に耐えられるかの判断が難しい患者。
第6話 「次のターゲットは!? 手術拒否の患者の謎」
第7話 「派閥崩壊!! 余命半年の患者を救う必殺技」
田代 洋一(たしろ よういち)〈57〉
演 - 田山涼成
骨折で入院している患者。検査の段階で進行度の高い癌が見つかり、相良が現在の状況であれば根治も可能だと説明するが、患者自身が生きる希望を見失っており、手術を拒否する。
仕事上では長期の単身赴任中で妻・秋枝(演:黒田福美)、息子・聡(演:篠田光亮)、娘・あさみ(演:水崎綾女)とは離れて暮らし、子供たちが成長する大事な場面をこれまで何度も見逃してきたと話す。
下柳 宏(しもやなぎ ひろし)
演 - 木下政治(第6話)
堂上総合病院整形外科医師。田代の担当医。
畠山 健介(はたけやま けんすけ)
演 - 少路勇介(第7話)
あさみの彼氏。お笑い芸人を目指している。
第8話 「決戦前夜!! 輸血不可能!?新チームが挑む」
青井 和己(あおい かずみ)〈38〉
演 - 山中聡
食道がんの告知を受け、妻・涼子(演:安藤玉恵)や娘・美優(演:三本采香)のために手術を受ける決意をするが、家族との外出中に食道穿孔を発症、緊急手術をしなくてはならない状況に陥るが希少血液のボンベイ型であるため、輸血のストックがなく、相良は無輸血手術で行うことを決断する。
蔵本 昌弘
演 - 石井洋祐(最終話・新春ドラマスペシャル)
小野塚らと同室の入院患者。退院後、異所性悪性褐色細胞腫を発症する。
小野塚 誠
演 - 村松利史(最終話・新春ドラマスペシャル)
牧 洋一郎
演 - 顔田顔彦(最終話・新春ドラマスペシャル)
三島 翔太
演 - 脇知弘(最終話・新春ドラマスペシャル)
上記3名は大部屋の入院患者。
最終話 「前代未聞の合同オペ!! いざ最強決戦!!」
大村 奈加子(おおむら なかこ)〈55〉
演 - あめくみちこ
肝臓右葉がんや骨盤内血管の腫瘍を発症し、原因は血管内平滑筋腫瘍であることが判明する。がんは心臓まで達しており、心臓血管外科がない堂上総合病院では手術は難しいと夫・清一(演:野添義弘)に説明するが、奈加子はいくつもの病院を回ってようやく正確な病名を診断してくれた堂上での治療を強く希望する。

新春ドラマスペシャル[編集]

「患者のためなら手段を選ばないスーパードクターが帰ってきた!! 恩人がすい臓がんに!! 難手術を乗り越える秘策とは!? 14キロ激やせドクターとのクビを賭けた闘いが今夜始まる」
ニーナ
演 - 多岐川華子
ナナと同じ店で働くキャバクラ嬢。
蔵本 薫
演 - 石浜美希
蔵本 真央
演 - 杉浦琴乃
上記2名は蔵本の家族。
大野 幸夫
演 - 友部康志
術後の痛みを訴えるが、担当医の森山は所在不明で代わりに相良に処置してもらう。
小林 友規
演 - 貝瀬智
クローン病を患い西都大学病院に入院している患者。臨床研究に値しない症例に分類され、治療途中で転院を余儀なくされる。
小林 勉
演 - 高桑満
小林 良子
演 - 清野佳津美
上記2名は小林の両親。
どぶろっく
演 - 本人[12]
森山がDr.フラフープとして出演した情報番組『どぶろっくのこれ、キテるんじゃないの!?』司会者。
ドクターP
演 - ちゅうえい(流れ星
『どぶろっくのこれ、キテるんじゃないの!?』出演者。タレントドクター。

第3シリーズ[編集]

第1話 「完全復活!! 20センチ巨大腫瘍を体外で切除!? 新たな闘いが始まる」
平林 芙美江
演 - 佐津川愛美
若年層では珍しい症例の肝血管肉腫を発症し、手術成功率が極めて低く失敗する確率も高い。
平林 昌幸
演 - 竹財輝之助
芙美江の夫。
田部 兼造
演 - 中村靖日
衆議院議員。元厚生労働省官僚。
第2話 「トラブル続出!! 死ぬ前に…50年目の真実」
平松 啓輔
演 - 西岡德馬
中学生時代に親友だと思っていた武藤に裏切られ、その因縁の相手と50年振りに入院先の病院で再会を果たす。
武藤 重之
演 - 志賀廣太郎
中学生時代に親友の平松が同級生から嫌がらせを受けていたが、助けることが出来ずにいじめる側についてしまった。
第3話 「医者の本音が大暴走 勝負をかけた48時間」
堀口 晴子
演 - 西田尚美
15年前の事故で左肺を失い、さらに事故の後遺症で喉奥が変形し、全身麻酔が使えない状況ではS状結腸がんの切除は難しいと、多くの専門医から手術を断られ続けてきた。
堀口 弘和
演 - 志村東吾
堀口 茜
演 - 松浦愛弓
上記2名は晴子の家族。夫は妻を助けるために傍で付き添い、これまで何件も根気よく病院を回って来た。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

第1シリーズ(2011年)[編集]

  • 最終話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[16]
第1話 2011年10月27日 真夜中のオペは3500万円 本橋圭太 13.7%
第2話 11月03日 夜間救急は3倍儲かりますよ! 14.4%
第3話 11月10日 100万人に1人! オペ大成功なら有名人 猪原達三 15.7%
第4話 11月17日 ホームレスの手術代誰が支払いますか? 11.6%
第5話 11月24日 絶体絶命!! ナース達の反乱 本橋圭太 14.3%
第6話 12月01日 スーパー外科医100人に選ばれたい!! 14.3%
第7話 12月08日 余命1年…外科医が癌に倒れる 猪原達三 15.0%
最終話 12月15日 500グラムの命を運ぶ11時間の超絶オペが、今始まる!! 18.5%
平均視聴率 14.8%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

スペシャル(2013年)[編集]

放送日 サブタイトル 演出 視聴率[17]
2013年6月1日 今夜復活!! 患者のためなら手段を選ばないスーパードクターが帰ってきた!!
余命180日大学病院が見捨てた患者…史上最強の敵登場で病院崩壊の危機!!
本橋圭太 14.7%

第2シリーズ(2013年)[編集]

  • 初回及び最終話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[18]
第1話 2013年7月11日 極秘オペは2億円!? 最強決戦が今夜始まる!! 本橋圭太 19.6%
第2話 7月18日 母子ともに救えるか超絶オペが始まる!! 16.6%
第3話 7月25日 2000人に1人!? 息子が重体で緊急オペ!! 16.8%
第4話 8月01日 衝撃告白!! ベストセラー作家が緊急入院 猪原達三 15.7%
第5話 8月08日 今夜、クーデターが始まる!! 18.8%
第6話 8月15日 次のターゲットは!? 手術拒否の患者の謎 本橋圭太 15.9%
第7話 8月22日 派閥崩壊!! 余命半年の患者を救う必殺技 樹下直美 18.5%
第8話 8月29日 決戦前夜!! 輸血不可能!?新チームが挑む 本橋圭太 20.0%[19]
最終話 9月05日 前代未聞の合同オペ!! いざ最強決戦!! 21.7%
平均視聴率 18.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

新春ドラマスペシャル(2015年)[編集]

放送日 サブタイトル 演出 視聴率[20]
2015年1月04日 患者のためなら手段を選ばないスーパードクターが帰ってきた!! 恩人がすい臓がんに!!
難手術を乗り越える秘策とは!? 14キロ激やせドクターとのクビを賭けた闘いが今夜始まる
本橋圭太 12.5%

エピソードリスト[編集]

第3シリーズ(2015年)[編集]

話数 サブタイトル 放送日 演出 視聴率[21] 備考
第1話 完全復活!! 20センチ巨大腫瘍を体外で切除!? 新たな闘いが始まる 2015年1月08日 本橋圭太 14.6% 15分拡大(21:00 - 22:09)。
森山は院長代理となった後も、リスクの高さを理由に手術の申し出を却下したり、患者の名前をまともに覚えていないなど、傍若無人ぶりは相変わらずで、特に以前からほぼ一方的に敵視していた相良に対しては、自身が「先生」から「院長代理」になったことで「相良と自分の間に上下関係ができた」と勝手に解釈し、「自分を院長代理ではなく先生と呼ぶのは嫉妬しているから」として、より一層調子に乗るようになる。

自身が一度「手術は許可しません」とした平林芙美江に関して、田部兼造から「手術を放棄するのであれば、病院を糾弾する」と脅されやむを得ず手術を許可する。そして相良がその手術を成功させたことに加え、ひょんなことから、相良が渋谷を通じて、田部に平林(及び「3P」)の情報をリークしていたことを知り激昂する。

その後、腹いせをするかのように大勢の病院スタッフの前で事実を明かし、相良に対して院長代理である自分を欺いたとして辞任を要求し、相良が病院への残留を申し出ると、その申し出を受け入れる条件として今度は相良に「土下座」を要求し、多くのスタッフが見ている前で土下座をさせた[注 9]
第2話 トラブル続出!! 死ぬ前に…50年目の真実 2015年1月15日 常廣丈太 14.6%
森山が大勢のスタッフの前で相良に土下座をさせたことで、森山およびチーム森山の傲慢さは強まっていき、その数日後に森山は、事務長である桃井に何の相談もなしに「今後は、病院内のあらゆる事項[注 10]は全て私が決定します」という通知を病院内の全スタッフに送り、皆川や田村から仕事にならないとして「独裁者にでもなったおつもりですか?」と反発されても、「自分は院長代理で、それなりの責任を負う覚悟がある」と軽く受け流していた。

しかしその後間もなくして、入院していた患者が次々と亡くなるという非常事態が発生する。病院を訴えると主張する患者の遺族との話し合いに院長代理としての立場上、担当医師や桃井に対して初めは「ここは自分の出番だ。任せろ。」と自信満々な様子で、「病院に入院して、少し前まで元気だった人間が、どうして病院内で急に亡くなるんだ?」と詰め寄る遺族にも冷静に対応していたが、しだいに「亡くなる直前まで会話できたのなら幸せですよ!!」などと興奮した口調で反論し始め、謝罪時にも桃井に促される形で渋々頭を下げていた。こうした患者のクレームの対応に追われオーバーヒート状態になり、どうして自分が院長代理になった途端に患者が死に始めるんだと愚痴をこぼしたり、死亡した患者の遺族を陰で「あいつら」呼ばわりするようになる。
そんな折に、武藤重之の手術を間近に控えていた相良から、以前から報告していた平松啓輔に関して大変なトラブルの発生の予感がすると切り出され、僕の手に負えないから大事になる前に何か手を打ったほうがいいという相良の口車に乗せられる形で平松の病室に向かう。

森山は平松に病院内はトラブル続きで、自分はもう煩わされたくないから、武藤に対して何か良からぬことを企んでいるなら止めて欲しいといった本音をぶちまけるが、平松は武藤への怨恨から、彼の手術担当医を、相良よりも下手な医者に変えてほしいと森山にせがみ、とうとう我慢の限界に達した森山は、相良が武藤の手術を成功させた後、病院の入り口に「この病院に来院されても、必ず病気が良くなる保証はありません」と、病院を訪れる大勢の人たちに通知する張り紙を貼るという暴挙に出る。この貼り紙を見た相良は、「森山先生壊れちゃった。」と呆れていた。
第3話 医者の本音が大暴走 勝負をかけた48時間 2015年1月22日 樹下直美 14.4%
森山の貼り紙を見た相良の報告で、桃井と田村は貼り紙について知らされる。皆川にその行為を問い詰められても森山は悪びれる様子は全く見せず、初めは反対していた相良も、貼り紙で知らせるよりも直接患者とその家族に告知したほうがいいと勧められたこともあり、手術が失敗する可能性があることを患者に告知するという方針を採る。
患者やその家族からクレームが来なくなったことで、チーム森山は病院が平和になったのは森山のおかげだと思い込み、森山は医師には休息が必要と考え、暇を見つけてはチーム森山の面々と飲みに出かけたり、相良が手術を行っている間に、チーム森山の面々はチェスで遊んでいた。チーム森山の面々も初めは森山に同調していたが、オペをした日にちを忘れてしまうほど暇になったことに不安を抱き始め、このまま森山に従うことは正しいことなのかと疑問を感じるようになる。
森山は相良が堀口春子の手術を成功させた日に、病院の廊下で会った渋谷から堂上病院の評判がガタ落ちしていると聞かされ、初めは半信半疑だったが、インターネットの口コミサイトでの病院の評価が、「告知」を始めてから数日までは最高ランクの「五つ星」だったのが、最低ランクの「一つ星」にまで下がっているのを見て、患者やその家族に手術が失敗する可能性について事前に説明するという方針を採ったことで病院の評判が悪化し、病院への入院を検討・希望している患者の数そのものが激減してしまったことが原因であることにようやく気づいた。

平均視聴率 %(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第1シリーズ最終話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
  2. ^ 第1シリーズ第7話ストーリーより。
  3. ^ 第1シリーズ最終話ストーリーより。
  4. ^ a b 第2シリーズ最終話ストーリーより。
  5. ^ a b c 第3シリーズ第3話ストーリーより。
  6. ^ 車種はW211 E55 AMG。
  7. ^ a b c d e f 第3シリーズ第1話ストーリーより。
  8. ^ a b c d 第3シリーズ第2話ストーリーより。
  9. ^ これに関しては、少なくとも皆川ら看護師たちは「酷すぎる」などと反発していた。
  10. ^ 患者の治療方針や受け入れ・看護師の勤務ローテーションなど。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ B’z:ドラマ「DOCTORS 2」主題歌書き下ろし ベストアルバム収録の新曲”. 毎日新聞デジタル (2013年6月10日). 2014年11月18日閲覧。
  2. ^ 「DOCTORS」伊藤蘭ら演技派が集結”. サンケイスポーツ (2011年9月8日). 2014年11月18日閲覧。
  3. ^ 「比嘉さんの看護師姿にテンション上がりました」“沢村ドクター”が始動!”. webザテレビジョン (2011年9月24日). 2014年11月18日閲覧。
  4. ^ 沢村一樹:「DOCTORS」続編が決定 “理想の上司”ランキング入りに期待”. 毎日新聞デジタル (2013年5月22日). 2014年11月18日閲覧。
  5. ^ “最強の名医”がいよいよ始動! 沢村一樹主演「DOCTORS 2」の見どころは!?”. webザテレビジョン (2013年7月11日). 2014年11月18日閲覧。
  6. ^ 「DOCTORS 2」大ヒットの要因は沢村一樹と高嶋政伸の“急接近”にあり!?”. webザテレビジョン (2013年7月25日). 2014年11月18日閲覧。
  7. ^ 沢村一樹主演「DOCTORS」第3弾の放送が決定! 『帰ってきたなぁ…』”. webザテレビジョン (2014年11月18日). 2014年11月18日閲覧。
  8. ^ 沢村一樹がミステリアスな天才外科医役でテレ朝“木9”ドラマ初主演!”. webザテレビジョン (2011年9月8日). 2014年11月18日閲覧。
  9. ^ やっぱり無理!?沢村一樹 比嘉愛未に「会った途端に初日で挫折しました」”. スポニチアネックス (2011年10月25日). 2014年11月18日閲覧。
  10. ^ ジャイアンキャラで新境地!高嶋政伸、ネットの「クソ虫やらせたら最高」コメントにニヤリ!”. シネマトゥデイ (2013年7月11日). 2014年11月18日閲覧。
  11. ^ 「DOCTORS」比嘉愛未インタビュー「毎日撮影に参加できるのが楽しいです」”. webザテレビジョン (2011年10月19日). 2014年11月18日閲覧。
  12. ^ 「DOCTORS」劇中で“タレントドクター”森山が14kgのダイエットに成功! どぶろっくの“初冠番組”に出演!!”. webザテレビジョン (2014年12月13日). 2015年1月12日閲覧。
  13. ^ 「DOCTORS」の主題歌が決定! 沢村一樹×JUJUが再タッグ!”. webザテレビジョン (2011年9月29日). 2014年11月18日閲覧。
  14. ^ 「DOCTORS 2」の主題歌がB'z書き下ろしの新曲「ユートピア」に決定! 2クール連続でドラマ主題歌に!!”. webザテレビジョン (2013年6月10日). 2014年11月18日閲覧。
  15. ^ 沢村一樹主演「DOCTORS」の主題歌がコブクロ書き下ろし『奇跡』に!”. webザテレビジョン (2014年12月24日). 2014年12月25日閲覧。
  16. ^ 全放送回の出典。-Sponichi Annex 芸能、2013年6月3日参照。
  17. ^ 7月から連続ドラマで復活の「DOCTORS」事前SPが14.7%の好視聴率!”. webザテレビジョン (2013年6月3日). 2014年11月18日閲覧。
  18. ^ 全放送回の出典。-Sponichi Annex 芸能、2013年9月6日参照。
  19. ^ 「DOCTORS 2-」視聴率20%突破 デイリースポーツ 2013年8月30日閲覧。
  20. ^ DOCTORS 最強の名医 新春ドラマスペシャルは、視聴率12.5%(ビデオリサーチ、関東地区)”. navicon (2015年1月8日). 2015年1月18日閲覧。
  21. ^ DOCTORS3〜最強の名医〜スポニチアネックス、2015年1月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
陽はまた昇る
(2011.7.21 - 2011.9.15)
DOCTORS 最強の名医
(2011.10.27 - 2011.12.15)
聖なる怪物たち
(2012.1.19 - 2012.3.8)
ダブルス〜二人の刑事
(2013.4.18 - 2013.6.13)
DOCTORS2 最強の名医
(2013.7.11 - 2013.9.5)
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
(第2期)
(2013.10.17 - 2013.12.19)
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
(第3期)
(2014.10.9 - 2014.12.18)
DOCTORS3 最強の名医
(2015.1.8 - )
-