腹膜偽粘液腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
腹膜偽粘液腫
分類及び外部参照情報
腹膜偽粘液腫のCT像。
波状彎入像(scalloping)を伴い多発する腹膜腫瘍(矢印)がみられる。
ICD-10 C48.2
ICD-9 197.6
ICD-O: M8480
DiseasesDB 31498
eMedicine med/1795
MeSH D011553
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

腹膜偽粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)とは、悪性腫瘍の一種。虫垂卵巣などからゼラチン状の粘液を産生しながら発生する。腹腔内で増殖し、大量の粘液を産生しながら、他臓器に癒着・圧排する病気。

検査[編集]

  • 超音波検査
    腫瘍内部は低エコーを呈する。ホタテ貝の辺縁のような波状彎入像(scalloping)がみられることがある。
  • CT

臨床像[編集]

軽度の場合は、腹痛、吐き気などをもよおすが、重度になると、まるで妊婦のお腹のように膨らむ。また、粘液が塊になってくると、内臓を圧迫する。最悪の場合、死に至ることもある。

治療[編集]

粘液の完全な除去は非常に困難であり、いくら手術を施しても、多少の粘液が残ってしまうのが現状である。抗癌剤による化学療法が効くものもあるが、根治は困難であることが多い。

参考文献[編集]