澤崎俊和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「澤﨑俊和」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
澤﨑 俊和
広島東洋カープ コーチ #87
2008.09.04t-sawazaki.jpg
2008年9月4日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市若葉区
生年月日 1974年9月21日(40歳)
身長
体重
181 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト1位(逆指名)
初出場 1997年4月6日
最終出場 2005年4月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島東洋カープ (2006 - )

澤﨑 俊和(さわざき としかず、1974年9月21日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手投手)。現在は広島東洋カープ二軍投手コーチ。愛称は澤ザクなど。

来歴・人物[編集]

志学館高等学校(現:志学館高等部)から青山学院大学へ進み、4年春のリーグ戦でMVPと最優秀投手に選ばれ、日米大学野球代表に選出される。1996年全日本アマチュア野球王座決定戦(現在は廃止)でも住友金属を下しアマチュアNo1投手となった。東都大学リーグ通算45試合登板、18勝9敗 防御率2.09 204奪三振。最優秀投手2回(3年秋、4年春)、ベストナイン2回(3年秋、4年春)。大学の同級生に、井口資仁倉野信次清水将海らがいる。

同年ドラフト逆指名で広島に入団。1位が澤崎で黒田博樹が2位だった。抜群のコントロールとスライダーを武器に1997年12勝を挙げ、新人王に輝き、1999年には、ストッパーとして14セーブを挙げるが、2000年2001年と右肘を故障に見舞われる。2003年2004年は中継ぎで40試合近く登板したが、2005年にまた故障。

同年のシーズン終了後、故障が元で自由契約となり、そのまま現役引退。

同年に引退した小林幹英とともに翌年2006年に投手コーチに就任した。初年度は三軍コーチだったものの、清川栄治の退団に伴い2007年からは一軍投手コーチを担当。2009年からはまた三軍投手コーチに戻る。2011年からは二軍投手コーチを担当。

2006年4月からは広島エフエムDO THE CARPという番組に出演し、リスナーを楽しませている(2006年10月いっぱいでオフシーズンは新井らが出演している)。トークは意外と上手い。また、同期入団で黒田より一軍定着が早かったが、今では黒田を「一番尊敬する投手ですね」と褒め称えた。

2007年3月5日に広島市民球場で行われた紅白戦で、先発した小山田保裕の後、他に投げる予定の投手がいなかったことから、コーチでありながら紅白戦で登板し、1回を被安打1無失点に抑える。本人曰く「冗談だと思っていた。誰も投球練習していないので『ほんとにオレかよ』とびっくりした。何とかストライクを入れようと集中していた」とのこと。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 広島 34 21 2 1 0 12 8 0 -- .600 673 156.1 162 23 47 1 7 106 4 0 68 65 3.74 1.34
1998 17 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 111 23.2 30 3 12 0 0 18 2 0 14 13 4.94 1.77
1999 25 0 0 0 0 1 2 14 -- .333 105 24.0 25 2 10 1 0 16 1 0 17 17 6.38 1.46
2000 15 13 0 0 0 4 4 0 -- .500 281 61.2 72 8 28 2 1 38 2 0 42 38 5.55 1.62
2002 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 4.1 3 0 1 0 0 1 0 0 2 1 2.08 0.92
2003 40 0 0 0 0 4 1 1 -- .800 202 45.2 56 6 16 1 3 35 1 0 22 22 4.34 1.58
2004 38 0 0 0 0 2 2 0 -- .500 191 43.0 52 11 15 0 1 28 0 0 33 32 6.70 1.56
2005 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.75
通算:8年 176 35 2 1 0 24 17 15 0 .585 1582 360.0 401 53 129 5 12 243 10 0 198 188 4.70 1.47

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:1997年4月26日、対読売ジャイアンツ5回戦(東京ドーム)、2回表に岡島秀樹から右前適時打

背番号[編集]

  • 14 (1997年 - 2005年)
  • 87 (2006年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]