コン部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字ハングルおよび追加面の文字)が含まれています詳細
康熙字典 214 部首
一部 丨部 丶部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

(こんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。

概要[編集]

」は上下貫通するの意とされるが、この「」を意符とする字は少なく、主に「」を筆画としてもつ漢字が収録されている。筆画としては「竪」(ジュ、たて)であり、永字八法では「努」と呼ばれる。 「中」等の字では旗竿の象形として「」が用いられている。

主な字書での配列[編集]

通称[編集]

  • 日本:ぼう、たてぼう
  • 韓国:뚫을곤부(ttureul gon bu、貫く部)
  • 中国:竪 (shù)
  • 英米:Radical Line

部首字[編集]

字音[編集]

字義・字体[編集]

『説文解字』に収録されているものの、用例は極めて少ない。字音は「棍」に通ずる。

例字[編集]

𠁳𠁷

最大画数[編集]

𠁻(U+2007B)

関連項目[編集]