「近衛信尋」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
Bot: [​[近衛家|'''近衛家''']​] → '''[​[近衛家]​]''', [​[皇別摂家|'''皇別摂家''']​] → '''[​[皇別摂家]​]''' ,Replaced piped link to regular link ∵Check Wikipedia #64
m ([​[近衛信尋|信尋(二宮)]​] → '''信尋(二宮)''' ∵Removed self-link: Check Wikipedia #48)
m (Bot: [​[近衛家|'''近衛家''']​] → '''[​[近衛家]​]''', [​[皇別摂家|'''皇別摂家''']​] → '''[​[皇別摂家]​]''' ,Replaced piped link to regular link ∵Check Wikipedia #64)
'''近衞 信尋'''(このえ のぶひろ、[[慶長]]4年[[5月2日 (旧暦)|5月2日]]([[1599年]][[6月24日]]) - [[慶安]]2年[[10月11日 (旧暦)|10月11日]]([[1649年]][[11月15日]]))は、[[江戸時代]]前期の[[公家]]・[[藤氏長者]]。[[官位]]は[[従一位]][[関白]]。幼称は二宮。法号は応山。
 
[[後陽成天皇]]の第四皇子。[[五摂家]]のひとつ[[近衛家|'''[[近衛家]]''']]の養子になり、第19代目当主となる。これにより近衛家は[[皇別摂家|'''[[皇別摂家]]''']]となった。
 
== 生涯 ==
125,305

回編集

案内メニュー