三時知恩寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三時知恩寺
所在地 京都府京都市上京区新町通今出川上ル上立売町4
位置 北緯35度1分52.8秒 東経135度45分24.3秒 / 北緯35.031333度 東経135.756750度 / 35.031333; 135.756750座標: 北緯35度1分52.8秒 東経135度45分24.3秒 / 北緯35.031333度 東経135.756750度 / 35.031333; 135.756750
山号 なし
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
開基 見子内親王、覚窓性善尼(開山)
別称 入江御所
法人番号 7130005000125
テンプレートを表示

三時知恩寺(さんじちおんじ)は、京都市上京区にある浄土宗寺院(尼寺)。門跡寺院。本尊は阿弥陀如来

歴史[編集]

応永年間(1394年 - 1428年北朝4代後光厳天皇皇女見子内親王が北朝3代崇光天皇御所一条西洞院にあった入江殿を寺に改めたのに始まる。足利義満の娘の覚窓性仙尼(性善尼とも)を開山とした。見子内親王は仏教への信仰が篤く、俊芿(しゅんじょう)が宋から将来した善導大師の自作と伝える像を宮中から賜って当寺の本尊としたという。

後柏原天皇の代に三時知恩寺と称されるようになったが、これは宮中における六時勤行(1日6回の勤行)のうち昼間の3回をこの寺で行うようになったことによるとされる。正親町天皇の代に現在地へ移転した。

文化財[編集]

重要文化財
  • 絹本着色近衛予楽院(近衛家熙)像(附:自筆阿弥陀経)

交通[編集]

外部リンク[編集]